チャイルドシートのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

我が家流チャイルドシートに座らせる方法!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第458回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる チャイルドシートに嫌がらずに乗せるコツがあれば教えてください。 フリーコメントではお使いのチャイルドシートに上手に座らせるコツを伺いました。 「座ってくれない…」とお困りのママ・パパは参考にしてください。
ママ・パパの答え

チャイルドシートに座らないと、エンジンがかからないよ、と小さい頃から説明しています。車が動かないと、お出かけできない!と思うのか、きちんと座っています。(ゆいなっち/東京都足立区) チャイルドシートは、後方座席に取り付けてます。嫌がらずに乗せるコツ?もう泣いてもわめいても目的地や休憩ポイントに着くまでベルトを外さない。これしかないと思います。子供の命を守るものですから必ず着用させてます(生まれた時からしてるからもう乗るとあたり前のようにベルトしますね@小1・小4)勿論親も後部座席でもシートベルトしますよ。(みお/千葉県浦安市) 車の都合で助手席の後ろにしか取り付けできません。普段、私が運転することが多いので、生まれてからずっと車に乗ったときは、泣いてもチャイルドシートから降ろすことはしませんでした。今ではそこが自分の席と思っています。母は初めのうちは可哀想と言っていましたが、今では、あの頃、我慢して縛りつけておいてよかったね。と、言っています。(たむとむ/広島県広島市) 運転席後部座席。チャイルドシートに座っていない子を見るとうらやましがりますが、「おまわりさんが捕まえにくるよ」なんて言うと慌てて座ってます。(うさこ/愛知県春日井市) 命にかかわることなので必ず座らせています。チャイルドシートは助手席の後ろ。今小4、小2の娘たちが使っていた物を2歳6か月の息子が使っています。お姉ちゃんたちはもう使っていないので偶に不満そうな時もありますが、「ちゃんとしないなら降りて!」と言うと諦めます。ただ、座りが悪いのかぐずった時は一旦外して座りなおし納得させてからベルトをしています。(とも/神奈川県座間市) 席は運転席のうしろ。普段から車を使用するのであれば、小さいうちからチャイルドシートに座らせていると、そういうものだと子ども自身が理解し自ら座るようになる。ベルトをはずそうとしても、許さずに止めさせ、はずしたら厳しく注意する。またテレビで交通事故の検証とかでベルトの有無の違いをやっている時に、見せる。(mura/静岡県富士市) 家族で出かける時や寝かせたい時は後ろ、私と二人の時は助手席。基本的には嫌がらないですが、嫌がったときは「これから出かけるよ!」とか歌を歌いながら楽しい雰囲気を作ってます。(こうちゃんママ/埼玉県所沢市) 運転手席の真後ろ。不二家のペロペロキャンディーを持たせたり。音楽は必須。ポンキッキーズの音楽CDなどをかけ一緒に歌って盛り上げ、“なんだかウキウキ楽しい感じ”を演出した。(うたのすけ〜/千葉県千葉市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

27

19

2

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.