家計簿を続けるコツのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

家計簿を続ける極意、教えます!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第586回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 家計簿を続けるコツやおすすめの家計簿があれば教えてください。また我が家の家計管理術(やり方)も教えてください。 家計をやりくりする上では、家計簿をつけるのが効果的ですが、家事や育児、仕事で忙しいと毎日つけるのは大変ですよね。そこで、今回は家計簿をつける、続けるコツ、さらには家計簿をつけなくても家計を管理できる方法を教えていただきました。
ママ・パパの答え

毎日つけるのは面倒くさいので週に1度と決めた曜日に家計簿つけてます。おすすめの家計簿アプリは「すぐ家計簿」です。ごちゃごちゃしたこともなく前の月と比較が簡単に表示されるので便利です。(けいこたん/大阪府大阪市) とにかくざっくりでもいいので一週間分ずつ食費だけでも買ったものを記録してみて、無駄がないかをチェックするとゲーム感覚で楽しく続けられます。(旧みかん/新潟県佐渡市) 自分でやりやすいように、家計簿を自分で作るのが一番だと思います。我が家は家計簿はパソコンで自分でつくり必要最低限の項目だけを書くようにしています。(ナルナルプーさん/福岡県福岡市) 市販の薄手のノートタイプ家計簿を使っています。自分の好きなキャラクターやデザインのものを選んで、シールなども使って楽しく書き込みます。一週間分まとめて週末につけています。(みちゃこ/大阪府寝屋川市) 「サンキュ!」から出ている290円の家計簿が安くておすすめ。自分で好きな項目が作れる。月初に決まった額を下ろし、それでやりくりする。レシートがたまったら(1週間に1度くらい)項目別に書き込む。少しくらい合わなくても気にしない☆(あつここっち/神奈川県横浜市) 家計簿を続けるコツは会計時に必ずレシートをもらってそれをいつも目に入るところにしまうことです。我が家では100均で透明のウォールポケットを買ってきてそこにしまっています。毎日つけられなくてもそこにレシートがたまっているのを目にすると書かなければ!と思い出すことが出来ます。(まみ/埼玉県桶川市) 月々の固定費は夫が管理し、日々の生活費は必要分を申請して私が管理してます。めんどくさがりの私は、とりあえず、レシートをもらったら家計簿に挟んでおき、週に一、二度まとめて記入。項目分けもざっくりなのが続いているコツかも。(プーさん/東京都八王子市) こまめに通帳を確認したり、家計簿に目標や頑張れ!と言った言葉を書いて使いすぎないようにしています。レシートは溜めないでこまめに家計簿に書き込んでいます。あまり無理しすぎないように多く使ってしまいそうな時は他で節約出来るように考えたり、主人に相談したりしてストレスにならないようにつけています。(くらら/埼玉県蓮田市) 一年のお金の流れが一目瞭然なのと、余白に家族のことをメモしているので、家計簿は私の財産です。主人に感謝の念をさらに持つようになります。(くまたん/大阪府堺市) 現金を袋分けするのは大変なので、ノート上で費目別に予算立てしてから、使用した分を記入し、月末のそれぞれの残高合計と現金残高が合えば良しとしています。(れこれこ/大分県大分市) 毎月の生活費を固定で決めて、その額以内におさまれば良いとしているので、細かく家計簿はつけない。一枚の封筒に全額入れて、買い物のたびにだいたいの金額を財布へ移し、使った金額を元の金額から差し引いて、残金が一目でわかるようにしておくだけ。面倒な家計簿は不要。そのかわり、ぎりぎりの生活費を設定する。(さとぽこ/栃木県宇都宮市) レシートをためない!!ためると計算がややこしくなるし、計算間違いが多くなり、残金が合わない…やーめた。になるので。私は100均で購入した簡単な項目だけ記入するタイプもので袋分けなどややこしいことはせず、生活費〇万円でする。と財布に入れてそこから出して過ごします。食費はどう、日用品は・・・と考えなくてすむので楽ちんです。(らんらん/大阪府堺市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.