ママの孤独感のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

妊娠・出産・育児の孤独感、解消術

Weekly ゴーゴーリサーチ(第670回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 妊娠・出産・子育てを通じて不安に思ったことや、孤独感や不安を解消するアドバイスがあれば教えてください。 妊娠・出産・育児は女性の人生にとって最大の喜び。しかし、「ちゃんと育てられるかな」という不安、育児に専念することでの社会からの疎外感、孤独感を感じることもあるでしょう。そこで、皆さんが孤独に思ったこと、悩みを解消する方法を具体的に伺いました。
ママ・パパの答え 実家とは離れた場所に住んでいるし親しい友達もいない為、パパが出張の時の子供の怪我や病気が一番心配です。パパがいてもあまり子供と遊んでくれないので、一人で子育てしている気持ちになり孤独を感じます。ストレスが溜まってきたら、ウォーキングに出かけたりヨガをしたりします。(ちょー/埼玉県戸田市) 自分の身体がどんどん変わっていくことがとても怖かったです。辛い時は、周りの信用できる旦那さんや親に話すと楽になりました。(su-/北海道札幌市) 時間外の研修や講義に参加できず遅れをとり、充分な仕事ができるスキルを身につけられない。そこを理解してもらえない為に疎外感も感じる。(やどん/大阪府吹田市) 子育ては大変だけど、「お母さ~ん」と寄って来てくれるうちが花と思って、育児を楽しむように考え方を変える。鏡を見て笑顔を作る。(こまめ/東京都武蔵野市) 子どもと2人で居る時、子どもが泣やまなくて、ずっと泣き止まないかもしれないって思った時。でも、抱っこして抱きしめたら落ち着いてくれて、言葉は話せなくても通じ合っているから、肌と肌をくっつければ安心してくれるんだと思った。(エミ/岡山県倉敷市) 娘の自我が目覚めてきたので、毎日、女同士の戦いです。気疲れする毎日で、孤独感は感じません。家にいるより、外に出る方が気持ちもリフレッシュしていいかもしれません。一日三食、家で食べると、マンネリしがちなので、昼は簡単なご飯を持って、外出先で食べたりします。(まゆ/鹿児島県鹿児島市) 誰も解ってくれないし、自分の替わりはいないけど、誰かに聞いて貰えるだけで前向きになれます。誰かに話すのは苦手ですけど、私の場合は、たまりにたまって、何度保育園の先生に泣きついたか…。恥ずかしがらずに、相談してみてください。(りゅう/宮崎県都城市) 出産・育児は産んだ瞬間から母親1年生。分からないことだらけ、失敗は当たり前。頼れる人、頼れる場所を見つけて。子育てで悩む苦しみに比べたら、そういう人や場所を探すことは大変じゃありません。(なおぴー/福岡県福岡市) やっぱり何でも話ができる友達が必要だと思います。夫も必要ですが、女にしか分からないこともあると思うので。色々と話し合える友達がいることは支えになります。(かおりん/京都府乙訓郡) 子供はそのうち大きくなって手がかからなくなっていきます。今は家族や信頼できる友人に気持ちを聞いてもらって、子供に手がかからなくなった時に仕事や趣味や社会活動に打ち込めるように、事前準備をしておくといいと思います。(miya/埼玉県越谷市) 周りの仲良しママの中に入っていくのが嫌でした。話したら楽しいのですが…自分一人の時間が考え事も趣味も没頭できて私には良かったかも。無理に人に合わせるのはもっと疲れてしまうから。(ホイップ/愛知県春日井市) もともとバリバリ働いていて、出産し子供と二人きりの時間が多くなり初めはよかったのですが、子供に少しずつ自我が出てきて自立してくると、私と二人きりの時間が楽しいのだろうか?(子供との遊びにあまり引き出しもないので)と思うようになりました。なので早めに仕事に復帰しました。毎日仕事が楽しく充実し、子供は子供で保育園がとても楽しいようで表情も生き生きしています。子供と離れるタイミングは、まだ小さいから…とかではなくて自分自身にあるんだなと思いました。また、自分が安心して預けられる保育園、先生との出会いも大事だと思います。(hoshi5/兵庫県姫路市) 実親は他界、主人も頼れない中初めての子育てをしていたため、週3~4日はお友達との予定を入れて孤独感を感じないようにしていましたが、周りの人はほとんど実家が近くて親を頼れたり、離れて暮らしていても疲れたら帰る実家があったり、メールや電話で悩みや愚痴を聞いてもらえたり…。家計のことや込み入った相談はママ友にしづらい為、逆に孤独感を感じていました。今は子どもが幼稚園に入園して自分の時間が出来たため、深刻に悩むことはなくなったので、同じような境遇のお母さんには幼稚園や保育園に入園したら楽になるよと伝えたいです。(ちくりん/宮城県仙台市) 幼稚園に行くまで、サークルや児童館など外に出るのが苦手で、ママ友も子供と遊んでくれるお友達もあまりいない時に孤独を感じたこともありました。今は幼稚園に入り気の合うママ友や子供にお友達も沢山出来ました!おススメは入れたいなあと思っている幼稚園のプレスクールなどに早めに参加したり、そのそばの公園などに通ったりすると、同じように入園させたいと思っているママと幼稚園の情報交換が出来たり、考え方が似ているママ友が出来たりしやすいのかなと思いました。あとは同じ産婦人科の母親学級に産前に通っておくと一人の女友達として気の合う友達が探しやすいのでおススメかなと思います。(ノイ/埼玉県日高市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

2

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.