お弁当作りのコツのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

わたしのお弁当作りのコツ!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第698回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる こうすれば上手に作れるというお弁当づくりのコツがあれば教えてください。 お子さまやパパをはじめ、家族のために、ママ自身のために作るお弁当。おいしくて、栄養も愛情もたっぷり、外食に比べるとお財布にもやさしいのですが、毎日となるとなかなか大変。そこで、皆さんがお弁当作りで工夫されていることやちょっとしたコツを教えていただきました。
ママ・パパの答え 卵焼きにいろいろな具を入れて、オムレツ風に作ると、おかず少なくてすむので、喜ばれます。(さち/富山県富山市) 冷蔵庫に余ってる色んなお野菜を入れた炊き込み御飯をお弁当にします。それだけでも栄養が摂れるので、少しのおかず(卵焼き、ウインナーなど)と果物、そして炊き込み御飯で完成^ ^(あんころ/大阪府大阪市) 時間のある時におかず(ひじき煮、きんぴら、卵焼き、ハンバーグ等)を作って小分けにしてフリージング。解凍して詰めるだけだから忙しい朝でも楽チン♪気温の高い夏は冷凍したまま入れれば保冷剤代わりになるし、食べる頃には自然解凍されているので一石二鳥。(りこ/東京都練馬区) 前日にお肉やお魚に下味をつけておいて朝はカリッと焼き上げるという方法でお弁当を作るとちょうどよい味の濃さで食べられるお弁当が作れて好評です。(ナッツ/神奈川県海老名市) 腐敗防止のため、梅干しを必ず入れます。日の丸だとあまり効果がないと聞き、ゆかりと一緒にごはん全体に混ぜるようにしています。(なみママ/東京都北区) 大きい食材から詰めて、小さい食材で隙間を埋める感じに。カラフルなカップやキャラクターの形にカットされた海苔を使って楽しいお弁当に仕上げる。出来上がりのイメージを絵に書いておく。(とりあたま/神奈川県横浜市) おかずを縦に詰めるとキレイに見えます。同じ色が重ならないようにおかずを配置するのもポイント。味は冷めても美味しいように、少し濃い目に作っています。(みーこ/埼玉県東松山市) 赤、黄、緑の色のバランスを考えながら配置すると見た目はよくなる。(りーも/鹿児島県鹿児島市) 型抜きを使って、キャラクターの型をご飯の上に乗せるだけで子どもは喜びます。ハートや星、丸と四角があれば、何の食材でも応用可能です。(はーたん/東京都昭島市) 前日に弁当のおかずのメニューを考えておき、材料も冷蔵庫に一つにまとめておけば、朝からでも時間に無駄なく作れる。(ゆり/和歌山県和歌山市) 頑張り過ぎないこと。詰めるだけのミニトマトや前日の晩御飯の残りなどを使うことで品数を増す。濃いめの味付け、汁をしっかり切るなどして傷みにくいようにすること。(にこともよし/兵庫県神戸市) 彩り良く。テーマを決めおかずに統一感を出す(和風弁当、洋風弁当、中華弁当)。冷めると硬くなりがちなお肉は、小麦粉をまぶして焼けば柔らかく、タレも良くからみ、冷めても美味しい!(うむむん/静岡県浜松市) 最近はウインナーの飾り切りなどにはまり、主人に今日は何でしょう?って聞くのが楽しみで、同じオカズや材料でもネットで調べておいた自分でも出来そうな飾りを作るので見た目も良いし、弁当作りが楽しくなりました。前の日から何を作るか頭の中で構想してるので料理時間も以前より早く15分位でできるようになりました。(以前は30分以上かかることもしばしば)(からりん/福岡県八女市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.