ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママは自転車使ってる?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第835回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 子どもと安全に自転車を! 日常のちょっとした移動手段として便利な自転車。愛用されているママも多く、お子さまと一緒に乗ることもあるでしょう。ただ、自転車は手軽な分、事故やケガへの備えがおろそかになってしまう面も。そこで、ママがお子さまと安全に自転車に乗るコツ、自転車でのトラブルを教えていただきました。
ママ・パパの答え 走行中に興味を持ったものを見た時に手を伸ばし指をさし、怪我や他者との接触から怪我をする。そのため、自転車での走行中に指をささないと癖をつけました。(クレヨンヨッシー/埼玉県春日部市) 3人乗りの子ども乗せ電動自転車に乗っていますが、とにかく重いです。自転車のこぎ出しがふらつくので、特に注意しています。ふらついた時のために、周りに人がいないか、自動車が通らないかなど、周囲への注意を怠りません。(みさっきー/大阪府大阪市) 焦るとスピードを出しすぎたり、信号もギリギリで渡ったりと注意力に欠ける行動をしがちなので、時間には余裕を持って行動するようにし、事故にならないように気をつけている。道が狭く歩行者の横を通らなければいけない場合は、徐行してすぐに止まれるように通る。(さっちん/神奈川県横浜市) 前に子供を乗せるタイプで信号待ちなどしてる間は道路ギリギリで待たないように注意してる。(はるき/大阪府東大阪市) 車通りが多い道は避ける。たまに小学生などの子供が乗った自転車が飛び出してくるので、それがヒヤヒヤさます。(りこまま/福岡県北九州市) 子供が良い子にしている時でないと、自転車には安全上、乗せないようになしてます。ぐずったりしている時は、運転中に子供が体を動かしてとても危ないので。(Happy―Noteさん、いつも拝読してます!/千葉県白井市) まだリアシートに乗せたばかりで後ろでキョロキョロしバランスが取れないのと、その際ベルトも肩紐から手を抜いてるのでヒヤヒヤする。後ろに乗せても声と音だけでなく、信号で止まってるときや途中止まって後ろの様子を見ている。(かぴー/千葉県浦安市)雨の日にお子さん二人を前後に乗せて走行しているママさんがおり、もう少しで歩行者とぶつかりそうになっていました。両者とも視界が狭まっていたのて危険だなと感じました。(さとちゃん/宮城県仙台市) 当時3歳の息子を後ろに乗せて買い物に行った帰りに前カゴに購入品を入れたら重すぎて発進時にバランスを崩し横転してしまいました。ヘルメット被らせておいて良かった~!(みみっく/岩手県奥州市) 前方に乗せてた時は目に入るので大丈夫だったけど、後方に乗せるようになってからは目に入らないので靴が脱げていて無くなっていたとかがあったので、つねに落とさないでね、しっかり捕まっていてねと声かけをするようにしている。(スナフキン/兵庫県明石市) 子どもはいつ何をするかわかりません。うちの子は、いつの間にか自分の足をスポークに挟まったらしく、急に泣き出してどうしたんだろうと思い足元を見ると、上記のような状態になっていました。慌てて救急病院へ行き、手当てをしてもらったことがあります。(BANBOO/大阪府貝塚市) 自分は自転車から降りて押して方向転換した時に重い車体にバランスを崩して、子供を乗せたまま倒してしまった事があります。ハンドルは離さなかったので、ゆっくり倒れ、子供にも怪我はなかったですが、肝を冷やしました。(ゆずゆん/兵庫県神戸市) 子乗せ電動自転車で、一人で駅に向かう途中、下り坂を猛スピードで走る自転車(クロスバイク)に後部から追突された。転倒して怪我をしたが、子どもが乗っていたらと思うとゾッとした。交通事故保険に入っていたが、示談交渉なしだったため、相手とかなり揉めて解決まで2年かかった。保険は示談交渉付きのものに加入した方がよい。賃貸マンションの場合、火災保険で弁護士特約や個人賠償責任保険がついている場合もあるので、自分の加入している保険を確認しておくと安心。子どもを乗せる時も、見通しの悪い場所や一時停止場所では特に慎重に運転している。(アクセル/東京都新宿区)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.