ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ラジオを聴いていますか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第840回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる ママ・パパのお気に入りラジオ番組 テレビやインターネットと同じく、メディアのひとつであるラジオ。ママ・パパもラジオを聴くことがあると思います。そこで、よく聴くラジオの放送局や番組、ラジオに関するエピソードを教えていただきました。
ママ・パパの答え 「IBC岩手放送 水越かおるのすっぴん土曜日」。ラジオは生活の一部です。震災の時に、停電で暗い中、ラジオに励まされました。(コノハナサクヤ/岩手県紫波郡) 「文化放送 大竹まことゴールデンラジオ」。震災の時、停電していても、電池で聴けて情報が入り、助かった。(アチク/茨城県ひたちなか市) 家事をするときに、電波の良い番組を聴いています。お年寄りが聴いているというイメージでしたが、自分の知らないことや、法律が変わったよというような情報を知ることができるので大変便利だなーと思っています。(モエ/岐阜県安八郡) 旅行の時は車で流して、流行の音楽等を聴いています。後からその曲を聴くと旅の思い出が蘇ります。(もこもこ/東京都府中市) 「K-mix」。ラジオは、ながら聴きができるのでその点がTVと違っていい。パーソナリティーの人柄を想像するのが楽しい。(ぴかりんママ/静岡県静岡市) 「795 monaka」。爽やかな番組で、池辺愛さんの子育ての話や面白い話が大好きです!「795 FUNKYFRIDAY」。小林克也さんの音楽番組!毎週ランキングを聴いて、最新音楽を勉強してます。 交通川柳で何回か読まれましたー!!(春こもち/栃木県小山市) プロ野球をラジオでよく聴いています。PCで作業しながらradikoで聴けるので便利です。便利になりましたよねえ。(がっちゃんまん/神奈川県茅ヶ崎市) 「FM802」。育休中で、子供にテレビばかり見せられないなと思い、ずっとラジオを聴いています。会社に行かなかったのであまり新年度の実感も分かずにいましたが、四月から各担当の方が時間帯や曜日が入れ替わりになったり、最後の挨拶?等聴くことができて、あー、ラジオ番組でも新年度なんだなぁと、とても新鮮な気持ちで聴かせていただきました!今の生活にラジオは必須です(*^^*)(うえっち/大阪府吹田市) 「FM愛知 crisp air」。ラジオは家事をしながら聴けるので重宝します。また、自分の送ったメッセージが読まれると嬉しくなります。(ちみすけ/愛知県刈谷市) 「FM横浜 THE BREEZE」(現在は番組終了)。耳だけなので、家事などをしながら気軽に聴けるのがいいところです。また聴こえてくる情報を、自分なりにイメージしたり想像できるので、自由だというイメージがあります。(ぴちょん/神奈川県横浜市) 学生時代の家庭教師の先生がラジオDJを目指していました。何年か後にラジオを聴いていると、たまたまその方が出演されていることに気づき大変嬉しく思いました。それ以降ラジオがより身近になり、応援したいと思うようになりました。(うっちー/山口県防府市) 「TOKYOFM ブルーオーシャン、スカイロケットカンパニー」「K-MIX おひるま協同組合」。母親がラジオのリスナーだったこともあり、小さい頃からラジオは身近な存在でした。一人暮らしを始めたり、結婚してからも、テレビよりラジオが好きなのは変わらず。家事をしながら、ナビゲーターの楽しいお喋りや、色々な人の相談、意見、最新の音楽、イベント情報…色々なことを聴き、想像しながら、知識だけでなく心も満たされていました。出産後、引っ越しをした新天地静岡では、今まで聴いていた番組は聴けなくなってしまいましたが、やはりラジオ!地域に根ざした情報ばかり!引っ越したばかりの頃は本当に役立ちました。そして、テレビを付けると、赤ちゃんはテレビを見てしまいます。それも気になるので、もっぱら私はラジオ派です!!子どもにも、ラジオ好きになってほしいなぁ~!(えーちゃんママ/静岡県駿東郡) 福山雅治さんの「福のラジオ(TOKYO FM)」、YUKIさんの「YUKI HELLO! NEW WORLD(TOKYO FM)」、星野源さんの「オールナイトニッポン(ニッポン放送)」などです。ラジオは高校時代、受験勉強している頃からよく聴いていました。音楽を聴くと集中できないけど、人がおしゃべりするのを流し聴きするラジオだと集中できました。その頃から深夜番組の自由な雰囲気や、クスッと笑えるものに癒されていました。今もラジオを聴きながら家事をやっていますが、自分では聴かないような音楽が聴けたり、リスナーのメッセージに共感したりと楽しんでいます。 (ゆとな/愛媛県四国中央市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.