ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

エコな生活、してますか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第922回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる ウチのエコライフ 地球や自然を守る、子どもたちの未来のために不可欠なエコ活動。日々の暮らしの中でも簡単に、楽しくできることがたくさんありますよね。そこで、子育てファミリーが実践されているエコな暮らしや工夫、パパ、お子さまの取り組み方などを具体的に教えていただきました。
ママ・パパの答え 我が家は生ゴミを減らす努力をしています。家庭菜園をしているので、無肥料無農薬の野菜を作っています。皮まで安心安全で食べるようにしています。スーパーなどの野菜の皮は土の肥料にもしています。子ども達に安心安全な食を教えていきたいので、子どもと一緒に野菜のお世話をしたり、できたお野菜を使って料理にも挑戦しています。男の子ですが、なかなかの腕前です。(けいさ/高知県吾川郡) すだれやグリーンカーテンで夏の室温を抑えたり、グリーンから収穫した野菜を摂取。在宅時は家族全員がほぼ同じ部屋で過ごす。小さいきょうだいがいるので子どもたちはお風呂なども一緒にしたりゴミの分別してくれたりと、パーフェクトに近い習慣で生活しています。(かなゆいと/埼玉県志木市) 震災以降、小さなソーラーパネルを買い、携帯充電はソーラーでするように心がけています。コロナの影響で買い物のコンパクト化、時短がさらに進みました。近所のコンビニで野菜や果物を売るようになったので(しかも地場物が多く無包装)便利に使っています。ティッシュやウエットティッシュが買えなくなり、家でちょっとしたものを拭く時、タオルや古着を小さく切ったものを使うようになりました。(さりぃさりぃ/群馬県藤岡市) 今まさにコロナでこんなご時世なので、昔子どものスタイを作った時のダブルガーゼ布を引っ張り出してきて、子ども用布マスクを沢山作りました。普段は暑くて嫌がるマスクも、アルバムなんかでみたことのある馴染みある布のためか、本人も気に入って、自分で手洗いしてくれています。(たま111/島根県松江市) まな板を洗わずに済むように、牛乳パックを洗って干して立てておいて、まな板がわりに使っています。使い終わったら、良く洗って干してリサイクルに出しています。これは、パパも6歳の娘も協力してくれています。(ゆずジャム/大分県別府市) エアコンをほとんど使用せず快適に暮らしています。家電製品も省エネにしています。自粛なので、自宅で絵本を毎日30冊読み聞かせをして、遊んでいます。パパは毎晩使用していないコンセントを確認してオフな状態にしてくれています。子どももできるだけ布おむつを使用して、手洗いでスタイを洗ったりオーガニックにこだわり野菜を育て食べています。(かやまま/愛知県弥富市) なるべくフードロスを減らすように、期限が短いものや、傷みそうなものは早めに下処理をして、それぞれ冷蔵庫や冷凍庫に入れています。例えばきゅうりなども、早めに食べられないとわかると、スライスして塩漬けにして冷凍保存をする、等です。また、だいこんやブロッコリーなど、なるべくすべての部分を使うように工夫していて、例えばブロッコリーなら、芯の部分こそ甘みがあるので、細かく切ってスープにしています。パパや子どもも喜んで食べてくれます。(ねこ将軍/東京都世田谷区) テレビを15年ぐらい前からほとんど見なくなっていたので、いっそのこと処分しました。また、森林破壊を少しでも減らしたいので、新聞や雑誌の購読もやめました。車は毎日乗っていたのですが売却しました。今は自転車か徒歩で買い物などをしています。(みき/東京都中野区) 何ごとも捨てる前に本当に不要で捨てるものか今一度考えています。リメイクできないか、洗って使えないか、他に必要な人がいないか、考えます。結果的にエコで物を大切にできていると実感します。旦那さんも着なくなった服があれば、一緒に子ども服にリメイクするのに挑戦しています!(せま/千葉県船橋市) 子どもも一緒に参加できるので、家族でチラシのゴミ箱を作っています。食事の時に、ミシン作業の時に、掃除の時ズボンにクリップでくっつけたり、生ゴミの処理にと、新聞を取っていない我が家はDM頼りなので不足するくらいです!(水井/愛知県名古屋市) 電気を消すのを気を付ける人、コンセントを抜くのを気を付ける人など、それぞれに役割を分担させて負担を減らしています。(ぽん/京都府京都市) 全員髪を短くし、使うシャンプーの量を減らしている。お金も節約になるし、環境にも良いと思う。(りろちっち/栃木県宇都宮市) 本が大好きな子どもたちは図書館で本をかりるようにしています。そして大好きなお気に入りの本に出会えたら購入するように我が家では決めています。(モフ/北海道札幌市) 歯磨き、洗い物の時には水を一度止めるようにしています。娘は一年生ですが少しずつ教えています。主人は歯みがきの時に水を出しっぱなしにしてしまうのでよく声をかける状態です。(☆riyurhythm☆/長野県長野市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.