ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

イヤイヤ期の乗りきり方は?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第971回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 我が子のイヤイヤエピソード よく「魔の2歳児」といわれる、子どものイヤイヤ期。心の成長のひとつなのですが、何でもかんでもイヤイヤされると、ママ・パパの方がイヤになっちゃいますよね。そこで、今回は、お子さまのイヤイヤ・ポイントと、ママ・パパの困った体験、上手な対処法を教えていただきました。
ママ・パパの答え 保育園の帰りにお弁当屋さんに立ち寄ったのですが、何か嫌だったようで床に転がってイヤイヤが始まった時が一番しんどかったですね。いったんお店の外に出て話は聞きましたが、こちらも疲れてしまってうまく対処できなかったです。保育園での生活スタイルが変わった時期でもあったので、子どももいろいろストレスだったのかもなと今では思います。後日、先生に話を聞いてもらって少し楽な気持ちになりました。(ほとり/神奈川県横浜市) 疲れて余裕がない時は、干渉し過ぎないように手を抜きます。「ヤダ」と言われたら、「そっか、イヤなのか、わかったよ~」としばらく時間を置きます。時間を置いて応じてくれる時もあれば、それでもダメな時もあるので、ダメな時は子どもから言ってくるまで待つようにしてます。じっと見て待つと私がイライラするので、「じゃあママ〇〇してるからできたら教えてね」と声をかけて違うことをしながら待っています。先日、夕食のメニューが気に入らなかったようで、皿をひっくり返してしまいました。これは、パパが叱ろうとしていたら小3の息子が叱ってくれました(笑)。親ではなく兄に言われるのって効きますね~。(レンママ/秋田県秋田市) 自分が無になること。こっちがイライラしても子どもはヒートアップするだけなので、放っておくかハイハイ。聞き流すくらいのつもりでいる。2歳頃のイヤイヤは時期的なものなので、いかに自分が平常心を保って日々過ごすかがポイントだと思う。とは言ってもこちらも人なのでイライラしてしまう時はあるから、甘いものを食べたりして自分で自分の機嫌を取ることが一番大切だと思う。(みのちゃん/岐阜県可児市) 「イヤイヤ」と言い出したら、私も同じように「イヤイヤ」「ママももうイヤイヤイヤイヤ!」というと、きょとんとして、イヤイヤ言わなくなりました。(いおりん/鹿児島県鹿児島市) 普段は浴室前で立ち往生してしまいますが、『今日は行けそう!』と判断した時は服のまま浴室に連れて行き、服を脱がせます。服を脱いでしまえば、堪忍してお風呂に入ってくれていました。(ゆあママ/大分県中津市) 着替えや、お風呂は無理矢理でもいけますが、食事だけは無理矢理食べさせる事も出来ず困りました。ご飯でアンパンマンを作ったり、100均で売っているキャラクターのおにぎりを包むグッズを買っておにぎりをしたりすると楽しそうに食べてくれる時もあり、子どもが興味を持っているキャラクターに助けられました。親としては心配になるのも分かりますが、どうしても食べない時はあげません。お腹が空いたら自然と食べてくれるので!(はろはろ/奈良県天理市) 自分好きな靴、服、タオルなどがあり、他は嫌がりました。出かける時は好きな服で常に好きなタオルを持たせました。(カズハル/群馬県高崎市) 私以外の人に抱かれたり、人に声をかけられただけでも大泣きしてしまい、常に母親である私がいなければならず大変でした。特に幼稚園に行くようになってから、毎朝バスに乗せる際に行きたくないと大泣きして苦労しました。とても可哀想でしたが、本人が自分で強くなってくれないことにはと、心を鬼にして耐えました。(ヤーたん/愛知県岡崎市) 公園に行くと、毎度「まだ帰らなーい。まだ遊ぶー。」と言って、自転車に乗せようとしても逃げ回っていました。お昼頃には他のお友達はご飯のために帰ってしまい、公園は貸切状態。食事時間やお昼寝の習慣作りなど気に掛かりましたが、たっぷり遊べばお腹が空いて沢山食べてくれるし、寝かし付けもいらないくらいスッと寝てくれるので、それも良し、と腹を括り、いつも3時頃まで付き合っていました。(そら子/東京都練馬区) タイミング悪く声掛けするとイヤイヤがひどかった。お風呂の場合は気に入ったおもちゃや入浴剤を選ばせるなど工夫した。保育園の一時保育を嫌がった時は、帰りにごほうびを買う約束で連れていってました。洋服のときは何個かの選択で着てもらっていた。(ピーナッツ/長野県長野市) うちの子どもは、皆、今の様な、ジメジメする時季にイヤイヤをする事が多かったです。出先でイヤイヤされてしまうと、周りの方々の目もあり、とても困りましたが、そこは正直に「○○、皆が見てるよ。落ち着いて話そうね。」と優しく諭したら、分ってくれました。(ハッピー・ノートさんの記事、面白く、勉強になります/千葉県白井市) 「○○がイヤなんだね。教えてくれてありがとう」と言うと落ち着く。(あたま/岡山県津山市) 怒っても叱ってもダメ。自身も疲れてしまうだけ。今は子どもも上手く伝えられなくてもどかしいのもあると思います。今だけだ、いっときだ、そんな事もあったな~と思える時は必ず来ると思います。しんどい瞬間も子と親一緒に乗り越えられるのが親子だと思います。(ツインズ/長野県上田市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.