ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

通わせていますか?習い事

Weekly ゴーゴーリサーチ(第1021回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる ウチの子の習い事 お子さまの能力や可能性にいろいろなメリットをもたらしてくれる習い事。習わせたいものがある、自分自身が習い事に通っていてよかったと思っているママ・パパが多いのではないでしょうか。そこで、お子さまの習い事を選ぶポイントや始めたきっかけ、ママ・パパの習い事の思い出をコメントいただきました。
ママ・パパの答え 安全であること。そして子どもがやってみたい!と言えば何でも習わせます。必ず休まず通うことを約束し、もしやめたいと言ったらやめさせます。体験にはたくさんいっています。興味があるものは短期でもいいので体験させます。(スカイ/新潟県見附市) 水泳をやると小中高の学校の成績がよくなる。体力がつくのでマラソンやバスケやサッカーといった球技系にも好影響。内申点は体育の成績も問われるので侮れない。気管支も鍛えられて健康にもよい。月謝もそこまで高くないのでコスパがよい習い事。(ゆづちゃんち/大阪府茨木市) 英語はコロナ禍で家にいる時間が長かったことから、家でできる習いごとで始めました。親子で楽しめる内容だったので良かったです。他は本人の希望と親の都合(送り迎えや道具の準備など)をすり合わせて、やりたいことはチャレンジしてほしいと考えています。
今の習いごとは本人が希望しただけあって、毎週楽しみにしています。習いごとだけでなく、カレンダーの読み方や着替えなど、出来ることが増えて良かったです。(るるママ/埼玉県朝霞市) 娘が癇癪持ちな上に全く寝てくれない子だったので産後鬱気味だったので、運動をさせて疲れさせようということで2歳の頃に体操教室に通わせ始めましたが、集団の中の1人として扱われることで少しずつルールに従うようになり癇癪が落ち着き、疲れて夜は寝てくれるようになり、本当に良いことしかありませんでした!(りさ/大阪府大阪市) 新しいことを初めるときに楽しいというよりも不安で怖いという感情が強い子だったので、小学校に入学する前に前もってこんな勉強をするというのをわかっていれば、安心して学校に行けると思ってはじめました。(つぼくん/北海道札幌市) 親が送迎し続けることが1番大変だと思ったので通いやすさ(場所と実施時間帯)を重視。体験教室で問題ないと思ったので今の幼児教室へ。授業中、本人も楽しそうにしているので、家で無目的に遊んでいるよりはいいと思う。(ゆきーの/神奈川県大和市) 最初の習い事は、園に通うまでの自宅育児中の暇つぶしになればという気持ちでした。今後は、子どもが興味をもったものを始めたいと思っています。ピアノやパソコンのタッチタイピングなどは、最初にしっかりと基礎を学んでおくと、後々自力で学んでいくことができるため、最初はしっかり習わせたいと思っています。(73_t/福岡県那珂川市) 夫が社会人サッカーをやっていて習いたいと言ったから。会話も家族でできて体力がついて来たので始めて良かったと感じてます。(マミー/沖縄県石垣市) 私が書道の資格を持っているので、年中さんの時から教材を取り寄せて段級位を取らせています。段級位があがると本人も嬉しいようで、やる気にもつながっています。ひらがなやカナカタを書けるようになると、年長さんの時に自作で絵本を作ったりしていたので字を教えておいて良かったと感じています。(きたまっこ/大阪府八尾市) 自分が保育園の頃からそろばんを習っていて、小学校入学してからピアノも習いました。そろばんは算数や数学など計算にとても役に立ち、ピアノは音楽の授業が楽しく受けられたので、子どもにも習わせたいなと思います。ただ無理やりしても続かないので本人がしたいと思う事、タイミングを見て決めれたらいいかなと思います。(しーちゃん/島根県益田市) 私自身は3~22歳までピアノ教室に通っていました。ピアノの腕はあまり上がりませんでしたが、クラシック音楽を聴くのが趣味となりました。また、手先の器用さが培われたのか、利き手じゃない方でも色々出来るようになりました!子どもが生まれて利き手で抱っこしている間、反対の手で箸を使ったり、字を書いたり・・・。(本棚からぼたもち/神奈川県 横浜市) 子どもは私が地元で長年習っていたピアノ教室に通っています。結婚後も私の地元で生活しているので、先生とは歩いていると道端で会うこともしばしば。私は子どもにピアノを…と出産前から考えていたこと、先生も習うなら4歳~と考えていたようで、4歳過ぎて先生と偶然会ったときに今度遊びにおいでよと誘ってもらってからそのまま自然と通うようになりました。私と先生が親子のように親しげに会話しているので、子ども自身も人見知りすること無く、楽しそうにありのままの姿で接しています。習い始めて驚いたのは、我が子はこんなにも負けず嫌いだったのかということ!上手く弾けないと泣きながらでも弾き、一旦休んだら?と声を掛けても練習し続けます。自分には無い姿だったので、感心しました。趣味となるかそれ以上となるかは分かりませんが、本人がやりたいうちは続けてもらえたらなと気軽に考えています。(ごじゃる/東京都日野市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.