シャボン玉のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
ママフォトグラファー今井 しのぶ
簡単&楽しくベストショット!子ども写真術
ママフォトグラファー 今井 しのぶ
どんどん大きくなっていく子ども達の成長の記録を、簡単に可愛く撮ったり、素敵な方法で写真を残しませんか?難しい言葉は使いません。「これなら出来る」「写真って楽しい!」「ベストショットが増えた!」写真生活が豊かになるような記事をご紹介いたします。

シャボン玉と子ども写真を可愛く撮ってみよう!

輝くママの NEWSな“おはなし”

2016年 2月

シャボン玉撮影、いつがおすすめ?

ふわふわのシャボン玉と子どもを一緒に撮るのは難しいですよね。

シャボン玉×子ども写真を撮る簡単なコツがあります。

 

おすすめのお天気は、「風がない日」そして、「太陽が出ている時」です。

風が強いとシャボン玉がすぐに飛んでしまいます。

風がない日は、ふわふわと同じ場所で長い時間浮いてくれます。

もしも、風がある場合は、シャボン玉がどこに移動をするか予測して、構図を決めて撮ると

画面いっぱいにシャボン玉が写った子ども写真になります。

IMG_9398_R.JPG

背景は暗い場所を選ぶ

明るい背景で撮影すると、淡い色のシャボン玉が目立ちにくくなります。

暗い背景は、くっきりシャボン玉が写るので、

くっきり撮りたい場合は、背景が暗い場所を選んでくださいね。

 

IMG_9434_R.JPG

シャボン玉を逆光で撮るメリット

逆光で撮ると、シャボン玉や子どもの髪の毛がキラキラと写ります。

逆光は、写真が暗くなりがちです。

カメラの「露出補正機能」を使って、明るく撮るとさらに印象的な写真になります。

プラスマイナスボタンを押して、調整をします。プラスにすればするほど明るい写真になり、

逆にマイナス側にすると暗めの写真になります。

IMG_9415_R.JPG

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

5

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る



画像の中に見える文字を入力してください。

ƒ

「今井 しのぶ」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママ・パパの花粉症対策チェーック!
抽選で5名様にミキハウスの「ループ・マスコット付タオル」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.