子どもの腸活のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもの腸活

便秘 子どもの病気 教えて!ドクター

(2022年 秋号 掲載)

子どもたちの健康を守るのが、親の役目です。「わたしは、じゅうぶんできていない」「自信ないなぁ」という方もお見えでしょう。

実は、みなさんは、すでにじゅうぶん子どもの健康を守っているんですよ。健康に生きていくうえで大切なことのひとつに、食事があります。ご存じのように三大栄養素のタンパク質(肉、魚、豆など)、脂質(油)、炭水化物(ごはん、パン、糖質など)以外に、食物繊維、ビタミン、ミネラルがあります。

特に、子どもの健康を守るために大切なのが、食物繊維です。

食物繊維の働き

では、食物繊維の働きを考えてみましょう。わたしたち人間は、食物繊維を消化吸収することができません。しかし、大腸に住んでいる腸内細菌のお陰で、食物繊維を分解し、ビタミンやミネラルにして吸収することができます。

食物繊維が分解されて、短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、フマル酸など)になり、大腸の粘膜を活性化します。短鎖脂肪酸は、肝臓に運ばれ、カラダの代謝を上げてくれます。さらに脂肪が蓄積するのを抑えて、肥満防止になります。

子ども腸内細菌はどこから?

子どものお腹に住んでいる腸内細菌は、どこから来たのでしょう。子どもが、お母さんのお腹にいるときは無菌状態です。腸内細菌はいません。しかし、出産後3ヶ月も経過すると、しっかりと腸内細菌がお腹の中で生活をしています。

赤ちゃんが産道を通るとき、羊水を吸い込みます。出産後、母乳を飲むとき、お母さんの肌にいる菌を飲み込みます。生活環境の中で、自然といろいろな菌を飲み込んでいるうちに、腸内細菌が出来上がります。

つまり、子どもに腸内細菌を与え、育てるのは、お母さんなんです。親子の絆は、目に見えないところにもしっかりと存在しているんですよ。

腸内細菌を育てる発酵食品

子どもの腸内細菌を育てるのに、食物繊維以外にも方法があります。それは、発酵食品です。

発酵食品には、動物性食品を発酵させたチーズやヨーグルトなどと、植物性食品を発酵させた納豆や漬物などがあります。

発酵食品は、わたしたちの食生活に深く関わっています。お腹に合った発酵食品をとることで、子どもの腸内細菌を育てることができます。発酵食品の主となる菌が、みなさんもご存じのビフィズス菌・乳酸菌です。子どものお腹にやさしいビフィズス菌・乳酸菌を生活にとりいれましょう。

食物繊維の1日必要量は、厚生労働省による日本人の食事摂取基準(2020年版)で、0~2歳までは基準がなく、3~5歳が8グラム以上、6~7歳が9グラム以上、8~9歳が11グラム以上、10~11歳が13グラム以上、12~14歳が17グラム以上となっています。

[画像の拡大]

食物繊維は、水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維があります。不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1の割合です。バランス良く摂ることで、子どもの腸内環境が良くなります。

乳幼児期にビフィズス菌・乳酸菌を

腸内細菌は、出産後、約3年で安定化し、乳幼児期を通して成長していきます。腸内細菌をうまく育てることで、子どもの健康を守り、元気な毎日を過ごせるようになります。そのためには、子どものお腹に合ったビフィズス菌・乳酸菌を活用することが大切です。

生後21日から120日の乳児に、ビフィズス菌と乳酸菌をふくむドロップを2週間、摂ってもらったところ、腸内の善玉菌が有意に増え、腸内の悪玉菌が減ることがわかりました。つまり、ビフィズス菌・乳酸菌は、子どものお腹の環境を良い状態にしてくれます。

[画像の拡大]

では、どのビフィズス菌・乳酸菌を選べば良いのでしょうか。

ビフィズス菌・乳酸菌は、大切な子どもに安心して安全に摂ってもらえる「乳児用適応規格食品」から選びましょう。お母さんが、子どものお腹を育てるために「乳児用適応規格食品」のビフィズス菌・乳酸菌を選ぶことで、子どもの腸内環境を育てていくことができます。

 

今津嘉宏先生

日本外科学会 専門医、日本東洋医学会 指導医。慶應義塾大学病院、南多摩病院(旧 国保南多摩病院)、霞ヶ浦医療センター(旧 国立霞ヶ浦病院)、恩賜財団東京都済生会中央病院などに勤務。2013年に東京都港区に「芝大門 いまづクリニック」を開業。著書は『子どもの心と体を守る「冷えとり養生」』(青春出版社)など多数。

今津嘉宏

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

便秘の関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ヤケドしにくい安全設計で全方位をぐるりと暖かく お部屋の空気を汚さず、乾燥させず、安心&快適に
ヤケドしにくい安全設計で全方位をぐるりと暖かく お部屋の空気を汚さず、乾燥させず、安心&快適に
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
妊娠中もすこやかな毎日が過ごせる 家族みんなで続けたい健康習慣
妊娠中もすこやかな毎日が過ごせる 家族みんなで続けたい健康習慣
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
妊娠中のママ、生まれてくるベビー、家族みんなで続けられる、むし歯予防歯みがきを習慣に
妊娠中のママ、生まれてくるベビー、家族みんなで続けられる、むし歯予防歯みがきを習慣に
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
エアコンを効果的に使って、冬のお部屋をもっと暖かく
エアコンを効果的に使って、冬のお部屋をもっと暖かく
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
住みやすい街に住み心地のいい家がある タウン全体で快適な子育てライフをサポート
住みやすい街に住み心地のいい家がある タウン全体で快適な子育てライフをサポート
秋の肌は
秋の肌は"洗う""塗る"の2ステップで! やさしさを考えた低刺激性処方の保湿ケア
【参加無料】お子さまモデルオーディション撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さまモデルオーディション撮影会とライフプラン相談会

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

赤ちゃんの”沐浴”どうしてた?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.