子どものカラダのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

睾丸がパンパンに腫れ、おむつ交換のたびに嫌がって泣く(2ヶ月)

小児科なんでも 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

睾丸がパンパンに腫れ、おむつ交換のたびに嫌がって泣く(2ヶ月)

1ヶ月健診で睾丸に水がたまっていると診断され、すぐに泌尿器科を紹介されました。早速受診すると、様子を見て大丈夫と言われ特に治療はされませんでした。睾丸の様子は、常に睾丸(ふくろ)がパンパン膨れてます。それが痛いのかどうかは分かりませんが、おむつ交換の度に嫌がって泣きます。
本人は痛みは無いのでしょうか?また、今後、どういった症状になった時に受診すればいいのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

おそらく「陰嚢水腫」と思われます。一般的に陰嚢水腫であれば痛みはなく、睾丸の成長障害がくることもないので経過観察します。
陰嚢水腫は生後まもなく見つかった場合はほとんどが自然治癒します。まれに3才過ぎても軽快しないものもありますので、そのときは手術が必要です。(施設により多少考え方が異なります。)今後、何も変わりがなければ3才頃に外来受診してみてください。

それから、陰嚢だけではなく鼠径部も腫れてくるようであればそれは「鼠径ヘルニア」、いわゆる脱腸を合併している可能性がありますので、その時点で早めに受診してください。

医師 小児外科:山田 慎一
2002年12月 3日

陰嚢水腫といいますが、精巣(睾丸)の周りや、精巣に連なる血管や精子を通す精管の周りに、腹部からしみ出た水がたまった状態で、健診などでもよく遭遇するポピュラーな疾患です。
ほとんどのお子さんは1才くらいまでには通り道が自然にふさがれて治っていきますが、きわめて稀に2,3才を過ぎてもそのままということがあり、自然治癒の可能性は少なくなります。

注射で抜くという方法もありますが、通り道がふさがらないと再発しますし、そのたびに痛い思いもし、感染の危険も生じます。安易におこなうべきではないと思います。
ということで、お子さんの場合、月齢から考えても、今は何もする必要はありません。

医師 小児科:桑折 紀昭
2002年12月 3日

アドバイザー紹介

山田 慎一
医師 小児外科

小児外科・新生児外科医。小児外科医の存在意義を知らない人が多い世の中で、小児外科医の知名度を少しでも向上させることを考えて医療活動を行なう。

桑折 紀昭
医師 小児科

1983年より愛媛県宇和島市で小児科クリニックを開業、99年から病院ヘ行くほどではないけれど心配なこと、病院で聞きにくいこと、聞けなかったこと、聞いたけれどよくわからなかったこと、などの質問に答えるHPを開設、2001年からは病児保育施設にも力を注いでいる。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまはアイス好き?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.