子連れでおでかけのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

3人の子を連れて帰省するのに、新幹線の場合長時間になるのが心配

飛行機 おでかけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

3人の子を連れて帰省するのに、新幹線の場合長時間になるのが心配

4歳、2歳、生後1週間の3人の子のママです。仕事に復帰する前に実家に子どもを連れて行きたいのですが、その時期を迷っています。
主人は仕事のため一緒に行けないので、私1人で3人を連れて下関から東京まで帰りたいのですが、初めは飛行機でと思い問い合わせたところ、1人で3人の子どもを連れて乗るのは無理でないかといわれました。
なので、新幹線での帰省を検討していますが、新幹線の場合、長時間になるので心配です。帰省は、3~4ヶ月後を予定しています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

4歳、2歳、乳児の3人連れでの里帰りですね。確かにとても大変そうではありますね。飛行機での移動は航空会社で、無理ではないかとの回答でしたか?

私は以前フライトアテンダントの経験があるのですが、3人を一人で連れている飛行機での移動は何度か見たことがあります。
全日空のホームページで、もう一度子連れの規定を確認してみたところ、やはり満3歳未満の子連れに関しての規定は、大人1名につき満3歳未満のお子様は、2名まで同伴できます。ただし、お子様のうち1名はお子様分の航空券を購入し、チャイルドシートを利用してお一人でお座りいただきます(ANAが運航する便では満2歳のお子様はチャイルドシートなしでお一人で座ることもできます)。
となっていますので、4歳のお兄ちゃんと2歳の女の子の席を2席、ママが0歳の赤ちゃんを抱く形で計3席とれば、飛行機の移動は規定上(全日空の場合)大丈夫ということになります。

私はやはり飛行機の方が、下関ー東京のような長い移動は楽だと思いますが、いかがでしょうか?
飛行機なら今から8月の後半は無理だとしても(おそらく夏休みの混雑で3席並んでとれるかどうかが・・?)、9月後半から10月初めなら、今から充分3席並んでの席が確保できると思います。
できればベビーバシネット(飛行機内でのベビーベッド、10キロ未満の乳児が使える)の付けられる席をリクエストし、事前にファミリーサポートをお願いすれば、山口宇部空港でのチェックインから羽田で預け荷物の受け取りやゲートをでるまで、ベビーカーの使用を含めて、航空会社が最初から最後までしっかりお手伝いをしてくれることと思いますよ。
そして、羽田で誰か実家の方にお出迎えをお願いすれば、ママは、飛行機の中、約1時間半だけ頑張れば充分楽に帰省できると思うのですがいかがでしょうか?(下関→山口宇部まではバスですか?となるとプラス1時間15分でしょうか?)

新幹線は下関東京間で約5時間かかりますよね。
5時間の電車の中を子供達を飽きさせずに、かつ0歳の赤ちゃんの授乳をしながらの移動はかなりたいへんなことと思いますが、そちらの場合は、子供達の昼寝の時間を含んでの新幹線の便をとったらいかがでしょうか?
首のすわらない0歳児はだっこひもで、2歳児はベビーカーで、4歳のお兄ちゃんには頑張って「歩いてね」と予めお願いしておく。そうすれば荷物さえ少なめに(必要な大荷物は事前に宅急便で送ります)すればなんとか電車でも移動できますよね?
それでも時期はやはり夏休み期間を外して、9月後半から10月の方がいいでしょうね。

いずれもママのたいへんさは想像できますが、楽しみにしている実家の皆さんの顔を思い浮かべ頑張ってくださいね。
パパにはできれば、空港や駅までのお見送りはお願いしておきたいところですが、いかがですか?

先輩ママ:天ペイママ

アドバイザー紹介

天ペイママ
先輩ママ

9歳と1歳の男の子のママです。8歳違いの二人を育てているため、幼児のHow toを勉強しなおしながら、小学生とはまた違った悩みにぶつかりながら・・・子供の成長を楽しんでいます。出産前、フライトアテンダントとして働き、その後2年間アメリカ在住の経験をしました。子供との海外ロングステイも毎夏の恒例行事としており、大の旅行好きです。一緒にいろんなことを考えていければと思ってます。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

肩や腰、抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートでおうち抱っこやお散歩を快適にサポート
肩や腰、抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートでおうち抱っこやお散歩を快適にサポート
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
家にあるものを使って親子で楽しく簡単に 「スクラッチ画」の年賀状をつくってみませんか
家にあるものを使って親子で楽しく簡単に 「スクラッチ画」の年賀状をつくってみませんか
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
阿蘇のミネラル水と植物の恵みを配合 無添加処方の保湿スキンケアシリーズ
阿蘇のミネラル水と植物の恵みを配合 無添加処方の保湿スキンケアシリーズ
住まいが家事や育児をサポート スマートホーム「HESTA」で快適に子育て
住まいが家事や育児をサポート スマートホーム「HESTA」で快適に子育て
妊娠・出産の「もしも 」に備える医療保障 妊娠中も加入しやすい*CO・OP共済
妊娠・出産の「もしも 」に備える医療保障 妊娠中も加入しやすい*CO・OP共済
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
【栃木県】 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
【栃木県】 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
空気を汚さず、乾燥させない、安全性の高い暖房器で、おうち時間を快適に
空気を汚さず、乾燥させない、安全性の高い暖房器で、おうち時間を快適に
忙しい⼦育て中こそ、⼿紙に書いて送りたい⼤切な⼈への感謝の気持ち
忙しい⼦育て中こそ、⼿紙に書いて送りたい⼤切な⼈への感謝の気持ち
ママ・パパと企業、保育所をつなぐ子育て支援事業「子育てみらいコンシェルジュ」
ママ・パパと企業、保育所をつなぐ子育て支援事業「子育てみらいコンシェルジュ」
ピュアウォーターを主成分に添加物フリーにこだわるサロンのプロが生み出したスキンケアシリーズ
ピュアウォーターを主成分に添加物フリーにこだわるサロンのプロが生み出したスキンケアシリーズ
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママ・パパの花粉症対策チェーック!
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.