幼稚園・保育園選びのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

園選び、ウチはこうしました

Weekly ゴーゴーリサーチ(第328回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 幼稚園、保育園選びのポイントやアドバイスがあれば教えてください。また入園後に感じたことなども。 フリーコメントでは幼稚園、保育園選びのポイントやアドバイスを伺いました。これから園選びをするママパパは参考になるはずですよ。
ママ・パパの答え

アドバイスというほどのことではありませんが 私の場合、子供を重視するか自分を重視するかでした。3歳の子供は多少の差はあっても、だいたい郷に入れば〜で、環境に対応できると思うんです。それでも子供にあった園を選ぶのか、親にとってもいい(送り迎えの楽とかお弁当のない等)園を選ぶのか なんじゃないかと思いました。私は結局、娘にあった園を選び 少し遠くてお弁当も大変だけど、入園後毎日楽しく通う娘に満足しております。(私立幼稚園・トロウサ/東京都世田谷区) どんなに他人がよいと言う幼稚園でも、自分で見て決めたほうがいいと思います。私も見学してみて、園によって雰囲気が全然違うのがわかったので、自分に合いそうなところが親も子も楽しいですよ(^.^)(私立幼稚園・くりんくりん/京都府京都市) やっぱり近いのが1番。親が幼稚園に行く機会が結構あるので、特に下に兄弟がいる場合など。バスより徒歩がいいと思います。毎日送り迎えは大変ですが先生と沢山お話できて園での子供の様子がよくわかります。(私立幼稚園・はたぼー/神奈川県横浜市) 家の息子の場合、調子にのりやすいので、大きな園で集団行動ができたことはよかった。大きい園で沢山の友達もできた。一緒の小学校に入学する子も多くてよかった。あまりに自由奔放な園や少人数の園だと小学校に入ってからとまどったかもしれない。(私立幼稚園・ちーりん/茨城県牛久市) 兄弟がいる方は保育料も大きな問題だと思います。無理のない範囲でいろいろ経験させてくれる園が良いのでは?また、経験豊富な職員がいると何かと相談してよいアドバイスをしてくださると思いますよ。(私立幼稚園・かずちゃん/静岡県掛川市) 園庭開放などで、子供を連れて行き、そこで子供が親から離れて遊ぶことが出来るか・・・とかを園に連れて行ったら見たほうがいいかと思います。子ども自身が楽しく通えるか・・が一番だと思います。(公立幼稚園・なおねず/神奈川県茅ヶ崎市) 公立と私立の両方を見学。私立は運動やひらがな等の勉強も組み込まれていた、公立はひらがなや英語・体操はないけれど、遊びながら友達とのかかわりを大切にしていて生き物や草花にふれあい、すぐそばの小学校・中学校と交流があって、男の子ということもあり勉強より遊んでいろいろ学ぶことも大事だと公立に決めました。(公立幼稚園・くえくえ/埼玉県川口市) 自宅から徒歩圏内の園庭が広く自由な雰囲気の幼稚園を選びました。毎日の送迎が下の子のお散歩タイムでもあり、一石二鳥。絵本や児童書など蔵書が豊富な幼稚園であったため、自然と子供たちは本好きの少年に成長しました。(公立幼稚園・ふーみん/千葉県千葉市) 長男は今、公立の幼稚園に通っています。通常は午前で帰ってきますが、その中で預かり保育というのが、今年から実施されています。うちの子は預かり保育に通い、普段学べないこと、また就学前に給食を経験することで偏食が直りました。週一のお弁当はキャラ弁にして好きなものを入れてあげています。就学前に給食を経験でき、大変満足。家での食事もスムーズになりました。(公立幼稚園・なーちゃん/沖縄県中頭郡) やはり小学校入学時のお友達でしょうか。上の子は学区外の保育園に通っていましたが、小学校入学時にお友達がいなく、しばらく寂しい思いをしました。また、親のほうが苦労が多いです。聞きたくても聞く人がいなく、保育園と違ってお友達の親に会うことがないので、友達同士が遊ぶ時も苦労が結構ありました。(許可保育園・よっしー/愛知県岡崎市) 一番は保育園や幼稚園に子供を預けているママ達に話を聞く。それから保育の内容を調べて、直接下見に行く。下見の時も保育料以外の出費(例えば教材費や運営費)等、表面上では分からない事を園長に直接聞く。(許可保育園・☆ひかる☆/新潟県新潟市) 実際に見学に行ったほうがよいです。保育園の場合は待機児童も多く、希望したところに入れない可能性もありますが、それでも希望を出す園はすべて見ておいたほうが後悔がないです。我が家は公立園で毎年職員の異動があるので園の雰囲気は変わってしまいますが、私立の場合は特に見学をお勧めします。(許可保育園・しんしょうが/埼玉県川越市) 通園している子供の表情がまず第一。楽しそうか、お友達と仲良く遊んでいるか、保育士の雰囲気・子供へのかかわりはどうか・・。私はそこを重視しました。3箇所見て今通園させている保育園の子供たちが、とにかく生き生きした表情で遊んでいました。子供を抱っこしていた私に「こんにちは」と挨拶し、保育士ともとても楽しそうにしていました。案の定人見知りの娘は保育園が大好き。毎日楽しそうだし、保育園の話を毎日してくれます。縦割り保育も娘にはとてもよかった。生後4ヶ月の妹の面倒も良く見てくれます。(許可保育園・ぷうー/栃木県宇都宮市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.