ママの睡眠のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママのぐっすり睡眠テクニック

Weekly ゴーゴーリサーチ(第735回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる ママやご家族の睡眠の悩みがあれば教えてください。また、「こうすると良いよ!」というコツがあれば教えてください。 育児、家事、仕事と、毎日忙しく、睡眠時間が取れない、ぐっすり眠れないとお悩みのママが多いよう。そこで、ママ、ご家族の睡眠のお悩み、しっかりぐっすり眠るための工夫やこだわりを教えていただきました。
ママ・パパの答え 夜通し寝たことは一度もなく、夜泣きで起きてしまう。自分自身が一度起きると、再入眠までに時間がかかるので、寝不足気味になってしまう。(みゃお/神奈川県相模原市) 忙しくて睡眠時間が少ないうえに、主人のいびきがうるさくてなかなか寝付けない。耳栓をしたいけど、すると目覚まし時計の音も聞こえなくなっちゃうので…。(もも/埼玉県さいたま市) 0歳の双子の授乳に加え、3歳の子が夜中起きて腕枕しなければならず授乳しながら身体をよじって反対側の子に腕枕するというすごい体勢で寝ています。いつも腕が痺れたり身体のあちこちが痛いです…。(さなちょ/茨城県龍ヶ崎市) 子供が2人とも布団をすぐ蹴るので風邪を引かないか心配でどうしてもちょこちょこ起きて布団をかけてしまう。あとは、子供の寝相が悪くて顔を蹴られたりして起きてしまう事も。(よしえ/愛知県豊橋市) フルタイムで働いているので、通勤時間が大切な睡眠時間となっています。電車で乗り過ごさないように気を付けていますが、10分間眠れただけでも、かなりすっきりします。立ったまま眠ってしまうこともあるので、周りの方に迷惑にならないようにしています。(りょう/神奈川県横浜市) アイマスクをする。子供の授乳や夜中目覚めた時用に薄い灯りを付けて寝る人が多いかと思いますが、子供が動く動きが見えたり真っ暗じゃ無い環境で寝るとなんだかすぐ寝付けなかったりぐっすり眠れてない感じがします。私は最近アイマスクをすると閉ざされた視野の中で眠ることだけに専念できる気がして1人だけの空間を感じることができる幸せも感じています。ぜひおすすめです!(バウムクーヘン/岐阜県羽島郡) 息子の昼寝タイムは私の昼寝タイムと決めてガッツリ寝ます!家事は少々手抜き!と割り切ってからは睡眠不足を感じなくなりました!(世志久ママ/三重県四日市市) 疲れがたまりすぎたときは、静かな部屋にアロマを焚いて、クラシックを流して休むと少しは疲れがとれます!(はちみっつ/高知県高知市) 冬の間は敷き布団にモコモコのシーツをかけているのですが、子どもたちはこのシーツの肌触りが大好き。寝つきがよくなった気がします。(うさくまこ/広島県安芸郡) 寝る前に子どもたちと体を触れ合う遊びをすると子どもたちもグッスリ寝てくれるような気がします。あと絵本を読んだりすると寝かしつけが少しラクになりました。(ぽぽん/奈良県橿原市) 寒い冬には暖房よりも布団乾燥機で少しだけでも温めて子供も布団に引き込む!冷めてきたころには息子も眠り、湯たんぽならぬ子たんぽで眠ります(笑)(ちっち/京都府京都市) 主人のほうが寝つきが悪いのですが寝る前にホットミルクを飲んで背中を押してあげたら寝られるようになったようです。私は冬は100円のモコモコ靴下を履いて寝ています。(フレンチ/東京都江東区)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.