ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

地方への住みかえ、興味はありますか?(移住編)

Weekly ゴーゴーリサーチ(第924回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる withコロナでの理想の暮らしと環境 世界中の人々の生活や考えを一変させた新型コロナウイルス。事態の収束にはまだまだ時間を要し、新たな暮らし方、対応が必要です。そこで、withコロナにあたって、地方移住や理想の生活拠点、自治体への要望などを教えていただきました。
ママ・パパの答え 子どもがいると都会よりも自然の多い場所のほうが子育てしやすいです。コロナの影響があってもストレス発散しやすいのは田舎のほうかと。だけど田舎のほうはアベノマスクが届くのがとても遅かった。その辺は都会と差を出してほしくないなと思いました。(そらまま/徳島県阿南市) 通信環境が整っている場所。以前から移住を検討しているが、今までは気がつかなかった通信環境について、今回あらためて重要だと気がついた。(リリー/埼玉県和光市) 人が密でない環境でありながら人との繋がりを感じる環境がいいと思います。今の住まいは観光客が多く、住民の生活圏と観光客が交わることが多いのでいつ感染してもおかしくなく、外出や学校などに行くことに不安がある。でも観光業で成り立っている市でもあるので自治体には経済的支援と共に市民の安全を考えてほしい。(りんた/沖縄県那覇市) 今後も自粛生活があるかと思うので、小さい子どもや育児中の悩みや孤独で一杯のママたちが苦しくならないよう、公園や広場などの解放に条件をつけたり、密を防ぎながら、活用できるような場や交流や電話で声かけなど対応を考えていくとよいと感じた。(どん/北海道札幌市) 田舎暮らしをしたいが、医療が心配。もっと過疎地域の医療に力をいれてほしい。自治体でも色々な政策を打ち出してはいるが、コロナの影響で打撃を受けていても、その政策の全てに当てはまらず、ただ収入が減りこれから先の不安ばかりがある。全市民が受けられる政策を作ってほしい。(いけ/福岡県福岡市) もともと地方の山奥に暮らしているため、移住は考えません。高齢者の多い田舎に住んでいるので、新型コロナには絶対に感染してはいけない、かかれば集落全滅と思って過ごしています。また、都会のように医療体制が整っていないのも不安です。都会暮らしも田舎暮らしもそれぞれ良し悪しがあると感じます。(ぽん/新潟県村上市) 住民の生活を守るために、仕事がなくなった人に収入をサポートしたり、家賃を補助したりという対策を早急にしてくれるようになってほしいです。オーストラリアはそういった対策が早くてなおかつ支援の範囲も広くて素晴らしいと思いました。(IMUY/千葉県松戸市) 自然豊かでゴミゴミしていないところがいい。東京は物が豊かで利便性も良く刺激的ではあるけれど、良くも悪くも人との距離も遠く、治安も良いとは言えない。子どもの福祉に関しては手当ても出ているし、コミュニティも、絶対数が多い分、いろんな機会があるのでいいと思う。
便利を望むのか、しかし果たして何が便利なのか。何を優先とするのかとなると物的な便利さは必要ない気もしてきたので。(スノードーム/東京都大田区) 2年前に愛知県から長野県の田舎へ移住しました。コロナは田舎には無縁と思われていますが、自分が保菌者になり、誰かに感染させたりしたら村八分になりそうで、県外ナンバーの車が停まっている所には近づけません。実家にもなるべくこっそりと帰るようにし、家族や友だちが遊びに来たいと言っても断っています。仕事は元々季節労働しかなく、現在生後4ヵ月の子どもがいますが、産休育休はありません。生活のため産後すぐにでも働きたかったのですが、観光業がメインの村なので、このような状況で仕事が無く困っています。商売をしていれば保障されますが、季節労働者で妊娠出産をした者には何の保障もありません。田舎に住むのはお金がかかります。仕事もなかなかありません。コロナに感染するリスクはありますが、都会に住んでいた方が生活はしていけるのではないかと思います。(りん/長野県北安曇郡) 共働きの家庭は、コロナで今まで利用できていた施設が使用できず、子どもを預ける場所が限られています。自治体は、子どもは家庭でみればいいと思っているのかもしれませんが、実際はお留守番をしなければいけない子どもが増えています。(たふなゆ/東京都中央区) 地方へ移住しました。今は三重県に住んでます。コロナでも全く周りに人がいなので閉塞感もなくたまにご近所さんと挨拶。毎日畑してました。親子で。子どもが自ら水やりなどしてくれて一緒の時間を過ごせてよかったです。また何回か庭食もしましたよ。全く普段と変わりません。(みなみのしま/三重県伊賀市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.