ハッピー・ノート.com

日本舞踊/2013年12月

日本舞踊のススメ

お子さまの習い事に日本舞踊はいかがですか?

2013-11-28-0909-45_edited.jpg

 

和のリズムに合わせて着物で踊るかわいい姿は、周りを楽しませてくれるだけではありません。

お稽古を通して表現することの楽しさを知り、さまざまな情景や心情をイメージする力も養われていくことでしょう。

子どもの頃に身についた所作は一生ものです。

また国際社会においても、自国の文化を発信していく手段となります。

 

日本舞踊の魅力をざっと挙げてみましたが、もう少し詳しくみていきましょう。

2013-11-28-0913-46_edited.jpg

リズムと間

リズムとともに動く体の躍動感を味わい知ること。

これは踊り(ダンス)の醍醐味の一つですね。リズムにのって踊るのは本当に楽しく気持ちがいいものです。

でもリズミカルというと、ヒップホップのようなダンスを想像されることが多いでしょう。

昨今、日本の義務教育においてダンスの授業が取り入れられるようになりました。それに伴い、ヒップホップ系のダンスを習うお子さまが増えたようですが、

もれなく日本舞踊でもしっかりリズム感を養うことが出来ます。

10月に記載した『和のフィットネス』で、

『小学生ぐらいまでは遅筋といって、ゆっくり動く筋肉がかなり優位に動く時期で、小学校の間は出来るだけゆったりとした動きを通して、バランスとか運動神経とかいろんな動きをさせていくことが大事 (参考資料 『7分のおどりで筋力強化!』西川右近・西川千雅著 湯浅景元監修 日本経済新聞出版社)』

という湯浅教授のご意見を紹介させていただきました。

このゆっくりとした動きが早い動きへとつながっていきます。

また日本舞踊には独特の 『間(ま)』というものがあります。

これは、机上ではけっしてつかめない、日々のお稽古の中で体や感覚で体得していくものです。そしてこの『間』の取りかたは、踊りだけでなく、スポーツやコミュニケーションの分野にも大きく働きかけることでしょう。

ここを誤ると、『間の悪い人』、『間抜け』なんてことになってしまいがちですよね。

表現力

日本舞踊は単純にリズムにのって体を動かすだけではなく、演じる楽しみもあります。

勇ましい男性にもなれれば、妖艶な女性にも。時にはくだけたおかめ、ひょっとこ、恐ろしいもののけにもなれます。演目によって七変化出来るのは楽しいものです。

また演じることによって客観性が養われます。違う誰かになることで、他人の状況や心情を考えることを大切にします。

踊りによって自分を表現し、

演じることで他人を表現する。

自分を知ること、他人を理解しようとすること、どちらも大切なことですね。

文化

実は海外に出るまで、そうも感じていませんでしたが、

紹介出来る自国の文化があるというのは、誇らしいことだなと思いました。

そしてその文化を紹介出来る手段を持っているということは、つくづく幸せなことだと感じました。

日本舞踊の歴史は諸説がありますが、歌舞伎とともに歩んだととらえるならば、400年以上・・・そんな歴史ある自国の文化を脈々と受け継いでいく一人になるなんて、素晴らしいことだと思いませんか?!

ちょっと、大袈裟でしょうが、日本人として、だれもがそんなチャンスと可能性を持っているのです。

2013-11-28-2211-24_edited.jpg

もっと身近に。

しかしながら、現在の日本舞踊は伝統文化ゆえの敷居の高さ、流儀による堅苦しさ、時間もお金もかかるイメージが強くて、気軽には始められないのが現状ではないでしょうか?

まずは、古典や流儀にとらわれず、和のリズムで体を動かすことから始め、日本舞踊を身近に感じてもらうことが、みなさまへの願いであり、舞踊家の課題であります。

西川流の家元が考案された『NOSS』はフィットネスに止まらず、日本舞踊入門の扉として、広く開けられています。ここから入るのもお手軽だと思います。

もっと気軽に、もっと身近に! 始めるのに、早すぎるも遅すぎるもありません。一生を通して関わってみて下さい。

『日本舞踊』とは読んで字のごとく、『日本の舞い、踊り』なのですから。。。

Mama's profile/プロフィール

鈴木 麻奈美

鈴木 麻奈美 ー日本舞踊藤間流名取・NOSSインストラクターー

記事テーマ

和の魅力

グローバル時代において、和の精神、和の文化を持つことは、これから世界で活躍されるであろうお子さまたちの心のよりどころとなるでしょう。3年半のアメリカ暮らしで気付いた和の魅力、日々の暮らしの中にある和の素敵をお伝えしていきます。あなたの気付きとなりますように。お子さまたちの和のスマイルを育む毎日につながりますように。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/鈴木 麻奈美さんの記事一覧

  • 和の魅力
    国語事典で『わ(和)』を引くと、 ①やわらぐこと。おだやか。 ②むつまじい…
  • 百人一首
    百人一首は日本の古典文学の代表で、百人の歌人の和歌を一首ずつ集めたアンソロジーと言われてい…
  • 美しい言の葉
    日本の美しい言葉と聞いてまず思い浮かぶのは季語。季節を表す美しい言葉です。 例えば…
  • NOSS
    NOSS(ノス)とは、Nihon(にほん)・Odori(おどり)・Sports(スポーツ)…
  • 日本一の山と湖
    日本一高い山、富士山。そして日本一大きい湖、琵琶湖。   …
  • 祇園祭り
    コンコンチキチン、コンチキチン♪ 7月に入って京の町は祇園祭りモード全開です。祇園…
  • たなばた(七夕・棚機)
    むかしむかし、天の川のほとりに織姫という娘がいました。織姫は機織りが大変上手で、…
  • 日本人の美しい立ち居振る舞い
    『江戸しぐさ』ってお聞きになったことありますか? 10年ほど前から公共広告機構が江…

  •   能というと、堅苦しい、難しそう、眠ってしまいそう、敷居が高…
  • 着物事始め
    着物っていいですよね。季節感を楽しんだり、礼節や遊び心を盛り込んだり、母や祖母から受け継ぐ…
  • こどもの日
    5月5日は『端午の節句』五月人形や兜を出し、鯉のぼりを立て、菖蒲を飾り、柏餅やちまきを食べ…
  • 和菓子
    移ろう季節を感じさせてくれるのは自然界のものだけではありません。人間が生みだした和菓子もま…
  • さくら
    名ばかりの寒い立春も三寒四温の春分も七十二候の『櫻始開(さくらはじめてひらく)』も過ぎ、い…
  • 昔の遊び
    皆さまが初めて出合った遊びは何ですか?好きだった遊びは何だったでしょう? 昭和40…
  • ひなまつり
    3月弥生は『桃の節句』、ひなまつり!女の子の健やかな成長を祝うおまつりですね。女の子がいる…
  • おりがみ
    『おりがみ』って素晴らしいと思いませんか?!遊びであり、芸術であり、文化であるの…
  • 和の暦
    和の文化や日本の伝統行事を語る時、切っても切れないのが旧暦といわれる和の暦ですね。 …
  • お正月行事の伝承
    早くも鏡開きとなりましたが、皆様、お正月をいかがお過ごしになられたでしょう?お正月は子ども…
  • 和の宗教
    日本の多くのママたちは、新しい命を授かったら、神社で腹帯をもらい、 『天の神様、仏…
  • 日本舞踊
    お子さまの習い事に日本舞踊はいかがですか?   和のリ…
  • 紅葉
    紅葉は日本文化! と、渡米するまでは、勝手に思い込んでいた私・・・ …
  • 伝統行事と子どもの着物
    七+五+三=十五 そう、十五日は七五三。11月の休日になると、神社で目に…
  • 和のフィットネス
    天高く馬肥ゆる秋。 9月から10月にかけて、園や学校、地域や職場、さまざ…
  • お辞儀
    幼少の頃、『こんにちは』『ありがとう』『ごめんなさい』とペコッとお辞儀を教えられたのを最初…

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ