ハッピー・ノート.com

和の宗教/2013年12月

天のかみさま、ほとけさま

日本の多くのママたちは、新しい命を授かったら、神社で腹帯をもらい、

『天の神様、仏様!どうぞ無事に生まれてきてくれますように』と神仏融合のお祈りを唱え、お宮参り、七五三で神社を訪れ、お彼岸さんやお盆にはお墓参りにお寺を訪れる。お地蔵さんがあれば手を合わせ、クリスマスにはイエスキリストの生誕を祝う言葉、『メリークリスマス!』と口にして、大晦日には除夜の鐘をつきにお寺を訪れ、お正月には神社へ初詣・・・これからも子どもの成長とともに、受験と言えば『合格祈願』、年頃になれば『縁結びの神様』でお守りをゲットしたかと思うと、結婚式は教会で・・・

なんて話、ありがちですよね?!

日本人の宗教観っていったいどうなっているのでしょう?!

唯一の神を持つキリスト教やイスラム教の人たちには理解し難い行動でしょう。

そして実は日本人でさえも少し矛盾を感じている・・・

日本人の宗教観を説明するのは難しいことです。

八百万(やおよろず)の神々

『八百万の神々』と言われてきたように、私たちの周りにはたくさんの神が存在します。

ありとあらゆる所に神が存在し、さまざまな悩みや願いに向き合ってくださるのです。

自然界においては、お天道様にお月さま、雷さまに山の神。森の鎮守・・・

古代より天変地異は神の仕業と考えられてきましたね。

人間の作り出した神社においては小さい社も入れると八万から十万もあるといわれています。

それぞれの悩み、願いにあった神社が存在するのです。

家の中においても、神棚があれば仏壇もある。台所やトイレにも神様がいて、私たちのくらしに根付いています。

こうして私たちのご先祖さまは行事とともに神様の宿る場所を作ってきました。

なすあり地蔵

京都祇園白川の有済橋のそばに『なすあり地蔵』というお地蔵さまがあります。

看板に書かれていることを引用、要約すると、

unnamed.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

このお地蔵さまは昭和29年に花見小路通りの水道管工事を市が行った時、白川の川底から掘り出されこの世にお姿を現わされました。それまで何百年の間は暗闇の世界でジッとたえしのんでおられました。この水道工事を請け負った方がこのお地蔵さまを見つけて八坂神社のお神輿の神興会に相談されお堂を建立され、その後、改めてみんなでおまもりしようとの声が高まり、有志の方々の協力で、『なすあり地蔵』とお呼びするようになったそうです。

 

なすありとは、地元小学校の『有済』に因んだことば。校歌に『たえてしのべばなすあり』とうたわれ、『人間はどんなつらい事に対してもたえしのび努力すれば必ずむくわれ成功する』という事だそうです。

 

 

この看板に記された年は平成10年。歴史は浅く、わずか15年前ですが、私はこのお地蔵さまに日本人の宗教観を垣間見たような気がします。

長年冷たい川底で耐えておられたお地蔵さまに思いを寄せるのは、日本人の気質ならでは。

雪をかぶったお地蔵さまに傘をかぶせる昔話のその心なのです。

また、たえしのび努力すれば必ずむくわれるという『たえてしのべばなすありの』という言葉は、我慢を美徳とする日本人がいかにもよりどころとする言葉だと思います。自分の弱さに打ち勝つしるべとしてお地蔵さまにすがるのです。

日本人は無宗教とかたづけるにはあまりに忍びない。

和の宗教は八百万の神々に守られ、暮らしの中に感じ、崇め、それが行事や思考となって根付いているのですから・・・

60年に一度の伊勢神宮と出雲大社の神々のお引っ越しに盛り上がり、

クリスマスも教会も受け入れる。

そんな寛容さが和の宗教観。宗教の自由とともに。。。

Information/お知らせ

参考書籍

『ほんとうの「和」の話』  広田千悦子 著 文藝春秋

『日本の神々と仏』  岩井宏實 監修 青春出版社

Mama's profile/プロフィール

鈴木 麻奈美

鈴木 麻奈美 ー日本舞踊藤間流名取・NOSSインストラクターー

記事テーマ

和の魅力

グローバル時代において、和の精神、和の文化を持つことは、これから世界で活躍されるであろうお子さまたちの心のよりどころとなるでしょう。3年半のアメリカ暮らしで気付いた和の魅力、日々の暮らしの中にある和の素敵をお伝えしていきます。あなたの気付きとなりますように。お子さまたちの和のスマイルを育む毎日につながりますように。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/鈴木 麻奈美さんの記事一覧

  • 和の魅力
    国語事典で『わ(和)』を引くと、 ①やわらぐこと。おだやか。 ②むつまじい…
  • 百人一首
    百人一首は日本の古典文学の代表で、百人の歌人の和歌を一首ずつ集めたアンソロジーと言われてい…
  • 美しい言の葉
    日本の美しい言葉と聞いてまず思い浮かぶのは季語。季節を表す美しい言葉です。 例えば…
  • NOSS
    NOSS(ノス)とは、Nihon(にほん)・Odori(おどり)・Sports(スポーツ)…
  • 日本一の山と湖
    日本一高い山、富士山。そして日本一大きい湖、琵琶湖。   …
  • 祇園祭り
    コンコンチキチン、コンチキチン♪ 7月に入って京の町は祇園祭りモード全開です。祇園…
  • たなばた(七夕・棚機)
    むかしむかし、天の川のほとりに織姫という娘がいました。織姫は機織りが大変上手で、…
  • 日本人の美しい立ち居振る舞い
    『江戸しぐさ』ってお聞きになったことありますか? 10年ほど前から公共広告機構が江…

  •   能というと、堅苦しい、難しそう、眠ってしまいそう、敷居が高…
  • 着物事始め
    着物っていいですよね。季節感を楽しんだり、礼節や遊び心を盛り込んだり、母や祖母から受け継ぐ…
  • こどもの日
    5月5日は『端午の節句』五月人形や兜を出し、鯉のぼりを立て、菖蒲を飾り、柏餅やちまきを食べ…
  • 和菓子
    移ろう季節を感じさせてくれるのは自然界のものだけではありません。人間が生みだした和菓子もま…
  • さくら
    名ばかりの寒い立春も三寒四温の春分も七十二候の『櫻始開(さくらはじめてひらく)』も過ぎ、い…
  • 昔の遊び
    皆さまが初めて出合った遊びは何ですか?好きだった遊びは何だったでしょう? 昭和40…
  • ひなまつり
    3月弥生は『桃の節句』、ひなまつり!女の子の健やかな成長を祝うおまつりですね。女の子がいる…
  • おりがみ
    『おりがみ』って素晴らしいと思いませんか?!遊びであり、芸術であり、文化であるの…
  • 和の暦
    和の文化や日本の伝統行事を語る時、切っても切れないのが旧暦といわれる和の暦ですね。 …
  • お正月行事の伝承
    早くも鏡開きとなりましたが、皆様、お正月をいかがお過ごしになられたでしょう?お正月は子ども…
  • 和の宗教
    日本の多くのママたちは、新しい命を授かったら、神社で腹帯をもらい、 『天の神様、仏…
  • 日本舞踊
    お子さまの習い事に日本舞踊はいかがですか?   和のリ…
  • 紅葉
    紅葉は日本文化! と、渡米するまでは、勝手に思い込んでいた私・・・ …
  • 伝統行事と子どもの着物
    七+五+三=十五 そう、十五日は七五三。11月の休日になると、神社で目に…
  • 和のフィットネス
    天高く馬肥ゆる秋。 9月から10月にかけて、園や学校、地域や職場、さまざ…
  • お辞儀
    幼少の頃、『こんにちは』『ありがとう』『ごめんなさい』とペコッとお辞儀を教えられたのを最初…

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ