ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

幼児期のおねしょ-原因と対策

夜泣き・夜尿症 子どもの病気 教えて!ドクター

(2009年 春号 掲載)

朝起きると、布団に大きな「世界地図」。かっとなって、我が子をしかった——。こんな経験はありませんか。過日もおねしょで折檻した親のことが虐待の一つとして新聞に掲載されていました。

ときどきおねしょをする子どもは、3歳で約3割、4歳で約2割、5〜6歳で1割強です。「毎晩する」は3歳で約1割、4歳で5%、5〜6歳では3%前後に過ぎません。このように、おねしょは、5〜6歳になると自然に止まります。

おねしょの原因

幼児期にみられるおねしょの原因としては、一晩の尿量が多すぎる(200cc以上)ぐっしょり型と、その尿をためる膀胱の容量が小さいちょっぴり頻尿型、そして尿が多すぎる上に膀胱が小さい混合型とがあります。

●ぐっしょり型(学童では多尿型という)は、尿量を減らす抗利尿ホルモンの分泌が夜間睡眠中に少なく、うすい尿が沢山作られてしまうタイプです。抗利尿ホルモンは、元来夜間睡眠中に分泌されるのですが、そのリズムは3〜4歳頃から整いはじめ、5〜6歳になると殆どの子どもが整ってきます。

その結果、夜間の尿量は少なくなり、濃くなります。このリズムがまだ整っていないのがぐっしょり型となります。

●ちょっぴり頻尿型
(学童では膀胱型という)は、一晩の尿量が普通(150〜200cc)であっても、その尿を溜める膀胱の容量がまだ小さいために、あふれておねしょになってしまうものです。日中もおしっこが近く、場合によってはちびって(昼間遺尿)しまう場合もあります。

生活指導

生活指導は、まず水分の摂取リズムを整えることが大切です。朝と昼に多めに飲ませて、夕方以降の水分を制限します。夕食時間もなるべく早くします。これは、寝るときに体にたくさんの水分があると、その水分を排泄しようとして、抗利尿ホルモンの分泌が抑えられるからです。その結果、夜間睡眠中に多尿となってしまいます。

ちょっぴり頻尿型の場合は、帰宅後にがまん訓練をさせることが多いのですが、6歳前にがまん訓練をさせると混乱し、おもらしをしてしまうので、幼児期では軽くおしっこをしたいときにがまんさせる程度にします。
夜中に起こしてトイレ排尿を促すことはしないようにします。夜中に無理やりトイレに起こすと、睡眠のリズムが妨げられて、多尿型の原因である抗利尿ホルモンの分泌がいつまでたっても増えなくなってしまうからです。
また、寒い時期は夏に比べ、膀胱機能が不安定となりがちです。汗をかかないので、尿量が増える上に、寒さで膀胱の蓄尿量が小さくなるからです。冷え対策として、寝る前にお風呂に入れたり、布団を暖めたりするとおねしょが減ります。

学童期まで続く場合は治療をうけましょう

幼児期のおねしょは発達途上にあるので、治療の対象にはなりません。おねしょが学童期まで続く場合は、夜尿症となります。自然経過を見守ってもなかなか治らないことが多いので、是非、治療をうけるようにしましょう。医学的な治療としては、点鼻療法、内服薬、アラーム療法などを夜尿のタイプによって用いています。

参考
●筆者の管理する「おねしょねっと」のホームページ
(http://www.onesyo.net/)
●帆足英一著
「新・おねしょなんかこわくない」(小学館)

 

帆足(ほあし)英一先生

ほあし子どものこころクリニック(東京都世田谷区)院長。
東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。日本夜尿症学会常任理事、日本小児精神神経学会常任理事、日本医療保育学会理事長、聖徳大学客員教授。

帆足(ほあし)英一

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

52

14

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

夜泣き・夜尿症の関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

主人公はお子さま自身!成長に合った内容で作るからことばへの関心が高まり、絵本がもっと大好きに
主人公はお子さま自身!成長に合った内容で作るからことばへの関心が高まり、絵本がもっと大好きに
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
子育てがもっと快適になるAIスマートホーム ショールームで実際に体験してみよう
子育てがもっと快適になるAIスマートホーム ショールームで実際に体験してみよう
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
ワンプッシュで手のひらに「にくきゅう」スタンプ! ビオレu 泡スタンプハンドソープで手洗いがこんなに楽しい時間に変わる
ワンプッシュで手のひらに「にくきゅう」スタンプ! ビオレu 泡スタンプハンドソープで手洗いがこんなに楽しい時間に変わる
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
オリジナルの「お手紙さくせいツール」やゲームなど 親子でおうち時間を楽しめるコンテンツがいっぱい
オリジナルの「お手紙さくせいツール」やゲームなど 親子でおうち時間を楽しめるコンテンツがいっぱい
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。  長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。 長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
アレンジできるポテトサラダで毎日の食事つくりの悩みが解決
アレンジできるポテトサラダで毎日の食事つくりの悩みが解決
日本生命は、日本社会の明るい「未来」に貢献できるよう、次世代を担うお子さまたちの「今日」を応援しています
日本生命は、日本社会の明るい「未来」に貢献できるよう、次世代を担うお子さまたちの「今日」を応援しています
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

おむつはずし実態調査
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.