妊活ママと赤ちゃんを 守るビタミンDのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

妊活ママと赤ちゃんを 守るビタミンD

妊娠・マタニティ 栄養素 ママの病気・健康 教えて!ドクター

(2024年 春号 掲載)

注目の栄養素『ビタミンD』

ビタミンDは、食事からの摂取により20%が体内に直接取り込まれ、紫外線によって80%が皮膚で合成されることで体内に取り込まれます。さらに取り込まれたビタミンDは腎臓や肝臓において代謝されることによって活性型ビタミンDに変換され、ホルモンとして様々な効果を持ちます。

そのビタミンDは古くは骨を作るホルモンとして発見されましたが、ビタミンDの不足と高血圧・糖尿病・認知症など多くの病気と関連していることが報告されているため、非常に注目を集めている栄養素です。特に、最近では、新型コロナウイルス感染症で重症化・死亡した人たちはビタミンD不足であったという報告が多く出されたため、ビタミンDがヒトを守る重要なホルモンだということも理解できます。

日本人女性の理想はビタミンD不足!?

『色白が美人』という認識が強い日本人女性は紫外線を避ける傾向があるため多くの女性がビタミンD不足であることが知られています。私たちの調査では、平均年齢35歳の女性:2029名を対象としたところ、93・5%の方が、ビタミンDが不足していました。さらに、『モデル体型』が美化されている日本においては、BMIが18以下の女性をシンデレラ体重女子と呼び、その女性たちの98%がビタミンD不足であることも報告されました。つまり、『細くて色白』という多くの若い女性が目指す女性像ではビタミンDが確実に不足することが推測されますので、注意が必要です。

また、若い女性のビタミンD不足は不妊症との関連性が報告されており、たとえ妊娠したとしても流産を繰り返し(不育症)、早産や妊娠中に血圧が高くなること(妊娠高血圧腎症)で、自分だけでなく赤ちゃんも危険にさらすことがわかっています。

ビタミンDと妊娠力

ただし、ビタミンD不足は日本だけの問題でもありません。なぜなら、オゾン層破壊とともに、紫外線量が増えたことで皮膚がんのリスクが高まり、ビタミンD合成に必要な日光照射を避ける傾向にあるためビタミンD不足は地球規模の問題となっています。特に、年間を通して日照時間の短い北欧のデンマークでは、政府により1962年から1985年5月まで、マーガリン製造メーカーに対して、全ての製品にビタミンD(マーガリン100gに対してビタミンD 50IU)を添加することを法律で義務化しました。そして、この政策を背景に研究を行ったところ興味深い報告がありました。不妊症と診断された人の中でビタミンDを法的強化していた時代は法的強化が終わった時代以降に比べて、出生率が高かったのです。このことはビタミンDを充足させることは妊娠力をアップさせる可能性があることを示しています。そのため、ビタミンDサプリメントを摂取することでも妊孕性にんようせいを向上させ、排卵障害などの不妊症を改善させることが報告されています。さらに、体外受精などの高度な不妊治療においてもビタミンDサプリメントの摂取が、成績を向上させることがわかっています。

また、コクランレビューでは妊娠中のビタミンDサプリメントが妊娠高血圧腎症、妊娠糖尿病、低出生体重児の発症リスクを半減させることを報告しているため、妊娠を希望する女性はビタミンDサプリメントを妊娠前から妊娠中も継続的に摂取することが勧められます。

赤ちゃんのためのビタミンD摂取

ビタミンDは免疫に関与するためアレルギー性疾患との関与も分かっています。そのため、赤ちゃんの時期からの積極的なビタミンD摂取が喘息やアレルギー性皮膚炎の発症を防ぐことが知られています。実際に、ビタミンDが足りないお母さんから生まれた赤ちゃんでは喘息の発症が多かったという報告があります。

さらにビタミンDが神経細胞の炎症を抑制することから自閉スペクトラム症の発症も予防することが報告されています。実際に、自閉スペクトラム症の子どもを産んだお母さんが、次回妊娠中からビタミンDサプリメントを摂取し、生まれた赤ちゃんにも3歳までビタミンDサプリメントを摂取したところ、自閉スペクトラム症を顕著に予防できたという報告があります。また興味深いことに北欧や米国では冬から春にかけて紫外線量が低下した季節(ビタミンD合成が少ない時期)に妊娠期間を過ごした女性の赤ちゃんに自閉スペクトラム症の発症頻度が高く、カリフォルニアやイスラエルのように年間を通じて紫外線量が多い地域(ビタミンD合成が多い時期)で、妊娠期間を過ごした女性の出生児には自閉スペクトラム症の発症が低いことが報告されています。つまり、お母さんは妊娠前から妊娠中もビタミンDサプリメントを摂取したうえで、赤ちゃんにもビタミンDサプリメントを摂取させてあげることが、ビタミンDの免疫力向上により、アレルギー性疾患や自閉スペクトラム症の発症の予防につながる可能性があります。

 

太田邦明先生

東京労災病院産婦人科部長。2002年に東邦大学医学部を卒業し、産婦人科医として女性の不妊症や更年期障害などのホルモンに関する臨床・研究を行ってきた。また、アメリカのメイヨ―クリニックやロザリンドフランクリン医科大学においてビタミンDや葉酸に関する研究に従事していたことから、現在では女性の栄養・代謝の研究や啓発を積極的に行っている。

太田邦明

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

栄養素の関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note 2024特別増刊号
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママから見た"パパの生活習慣"で心配なこと
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.