子どもの病気のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

夜間に39度の熱が出た場合、救急病院に連れて行くべき?(10ヶ月)

発熱、かぜ 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

夜間に39度の熱が出た場合、救急病院に連れて行くべき?(10ヶ月)

夕方から熱が上がりはじめ、夜39度になりました。むずがっていますが、抱けば泣きやみ、ミルクも飲んでいます。
夜間の救急病院に連れていった方が良かったのでしょうか。(生後10ヵ月)

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

初めての発熱なら突発性発疹かもしれませんし、風邪や他の病気かもしれません。
生後6ヵ月以上であれば、熱が高くても、水分や母乳・ミルクが飲めていて機嫌が悪くなければ、朝になるのを待って受診してもいいでしょう。

救急病院に駆け込んでも、他の重症な患者さんの後に回されたりしますし、冬など無理に連れ出してかえって、ひどくなるかもしれません。
氷枕を当てたり、絞ったタオルで体をふいてやったりして、赤ちゃんが少しでも楽になるようにしてあげて、水分(経口補水液)を充分あたえましょう。

高い熱が出ると心配でしょうが高熱で脳や神経が冒されることはありませんし、髄膜炎や脳炎などで熱が出るときは、熱以外に嘔吐や意識障害など「ただごとではない」症状があらわれます。
逆に熱がそれほど高くなくても意識がはっきりしなかったり、呼吸困難などの危険信号があれば病院へ急ぎましょう。

熱が出たことだけにとらわれず、「顔色が青白くないか」「食欲はあるか」「機嫌、元気はいいか」「意識はあるか」「呼吸が苦しそうか」「嘔吐・下痢」「けいれんを繰り返すか」など全体の様子をみて、救急に行くかどうか判断してください。

その他(専門資格):チーフアドバイザー こうの先生

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お友達の家に遊びに行ってますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.