子どもの病気のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

検尿でアミラーゼの値がやや高く、赤血球も少し出て心配(2歳)

嘔吐・下痢 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

検尿でアミラーゼの値がやや高く、赤血球も少し出て心配(2歳)

ロタウイルスによる軽い下痢が1ヵ月近く続きました。その時にとった尿の検査で、アミラーゼの値が730とやや高かったのですが、下痢によるものと考えていいでしょうか。
それから、赤血球が少し出ています。(試験紙を浸ける検査では異常なし)顕微鏡で見ると、3つぐらいでている、とのことでした。

下痢がすっかり治った状態の時でも赤血球が発見されたのですが、何か他の病気が潜んでいると考える必要はありませんか。
かかりつけの先生は、もうしばらくしてまた検尿するように言われていますが、次もあまり変わらない結果が出るかもしれないな、とのことでした。心配です。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

尿中のアミラーゼが上昇している場合に疑うのは、耳下腺炎、特に、おたふく風邪と、すい炎の2つです。しかし、おたふく風邪なら耳下腺の腫れに気づかれているはずですから、すい炎があったのかもしれません。
すい炎の症状は、腹痛、嘔吐、下痢です。特に、脂肪を消化する力が低下しますから、白っぽいうんちとなり、水洗トイレですと、うんちが浮きます。

ロタウイルス胃腸炎の合併症としてすい炎の報告は稀ではないかと思われますが、ロタウイルス胃腸炎を契機に軽いすい炎が起こり、下痢が続いたという可能性はあります。軽いという表現をしたのは、尿中アミラーゼの正常値は800以下とされ、730という数字は高めではあるのですが、正常範囲と言えるからです。
特に、下痢が続いて、軽い脱水でもあれば、濃縮尿がでますから、アミラーゼの値が見かけだけ上昇していた可能性もあります。

血尿は経過観察してもらってください。大部分は、無症候性血尿と言われる害のないものですが、知らないうちに(慢性腎炎などのために)、血尿や蛋白尿が増強することが稀にはありますから、安心のために、検査を続けておくことが大切です。

医師 小児科:横山 俊之
2001年10月 4日

アドバイザー紹介

横山 俊之
医師 小児科

小児科・アレルギー科・内科医。日本小児科学会専門医。多くの時間を過ごす家庭での保育・看護を詳しく説明。スローガンは「病名よりも病態の理解を!」、座右の銘は「鼻閉と便秘で風邪はこじれる」

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お友達の家に遊びに行ってますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.