耳鼻咽喉のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

耳かきの最中に娘が動き、鼓膜がやぶれてしまったかも(1歳6ヶ月)

耳鼻咽喉 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

耳かきの最中に娘が動き、鼓膜がやぶれてしまったかも(1歳6ヶ月)

娘が寝ついてから耳かきをしてあげていたところ、娘が大きく手を動かし、その手が耳かき棒に当たって娘は大泣き。救急病院へ連れて行くと大事には至っていないとのこと。
ところが翌日耳鼻科で診てもらうと「だいぶ傷ついています。今は血の塊があって奥までは見えないので1週間後に再受診を。鼓膜が破れているかもしれません」というお話でした。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

耳の中の出血と痛みは、じきに治まってくるでしょう。傷ついた箇所がどこであれ、そこに細菌感染するのを防ぐため、耳に綿をつめたり抗生物質を内服したりするよう病院では指導されたと思います。
そしてこの傷が耳の入り口から鼓膜まで続く外耳道だけに付いたものか、鼓膜にまで穴が開いてしまったものかによって、今後の治療法も変わってきます。

外耳道が傷ついただけなら、たとえ外耳道炎になっても抗生物質を服用すれば次第に回復を。
しかし鼓膜に穴が開いていると、難聴や耳鳴りといった症状が生じ、中耳炎になる恐れも出てきます。
ですから鼓膜に穴が開いた場合で、事故後2週間以内ならば穴を閉鎖する処置を施します。皮膚の代用となる素材を使って穴を覆うことで、自然治癒するのを助けるのです。

ほとんどはこの治療法でうまくいくはず。しかしなかにはこれが何度も失敗するケースもあり、そうなると鼓膜形成手術を行なうことになります。
これは耳の後ろの皮膚の皮下組織や耳の上に位置する側頭筋の筋膜を使って鼓膜を形成する手術。この手術を行なえば徐々に聴力は改善し、約6ヶ月でほぼ正常の鼓膜の状態に戻ります。

医師 小児科:羽根靖之

アドバイザー紹介

羽根靖之
医師 小児科

医療法人童心会理事長。医学博士、小児科専門医。順天堂大学医学部卒業。東京女子医大および三重大学医学部にて研修。国立三重病院腎臓病棟主任、県立志摩病院小児科医長等を経て、平成5年に開業。現在は分院の「志摩こどもの城クリニック」(三重県志摩市)で病児保育を、本院の「はね小児科医院」(三重県鳥羽市)では発達障害児のデイケアサービスにも取り組んでいる。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまはアイス好き?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.