園生活のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

嫌なことを嫌と言わず我慢することが強いと思っているよう(3歳)

保育園・幼稚園 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

嫌なことを嫌と言わず我慢することが強いと思っているよう(3歳)

3歳の長男は幼稚園に通ってます。お友達と仲良く遊んでるようなのですが、よく観察してると友だちの意思にすべて合わせて、嫌な事も嫌と言えないようでした。たたかれても、我慢して笑っていました。
顔に傷をつけて帰ってきた日がありましたが、どうしたの?と聞いてもなんでもない、と母親の私にも話してくれませんでした。主人はいつも男の子のくせに泣くな!強くなれないぞ!と言っています。

長男はお父さんみたいに強くなりたいと心の中で思ってるようで、我慢することが強いと思ってしまっています。主人も長男で我慢して育ったから宿命だとまで言っています。主人の考え方は偏ってる気がして…。
私は、もっとのびのび自分の気持ちも大切にしつつ、相手の気持ちも尊重できる子になってほしいと思っているのですが、いいアドバイスお願いします。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

なんて我慢強く穏やかな息子さんなのだろう、ととても感心しましたよ。怪我をして帰ってきても、自分で何かをじっと我慢していたのですね。お父様がいつも「泣くな!我慢しろ!」と言われていることを一生懸命に守っていらっしゃるのでしょうね。健気に頑張っているなあ、と思いました。
ご主人も長男さんで、これまでいろいろな我慢をなさってきたのでしょうね。私自身も長女ですからよくわかるのですが、自分が我侭を言っても何も進まないのですよね。自分が我慢をすることで、冷静に周囲が見え、すべてがうまくいく、それが長男(長女)の取るべき態度だ、とご主人はお考えなのだと思います。

ただお母さまは、どちらかといえばお子さん個人の意思を大切にしたいとお思いなのでしょうね。男の子だから、強くあってほしいという思いもわかりますし、「長男なんだから」という型にはめたくないお気持ちもおありでしょう。
まだ3歳のお子さんですから、今の性格が、大きくなってもそのままというわけではありません。これからどんどん色んな経験を積んで、自分なりのパーソナリティ(人格)を作っていかれます。その中で、お父様の言葉を思い出す時もあるでしょうし、お母様の言葉を思い出す時も、もちろんあると思います。

今は、我慢ばかりで自分の意思をもっと出せないの?と思われるかもしれませんが、我慢というのは、そうそう簡単にできることではありません。辛い思いをしながらでも、お子さんの中に育っているものは必ずあるはずなのです。
人を思いやる心、痛みを分かち合う気持ち、正しいものを見極める力、優しさなど表にはなかなか見えてこなくても、息子さんの中に根付いている素晴らしいものがあることに、どうか気がついてあげてください。
息子さんは、お父様の言うことばかり聞いてお母さまの言う通りにならない、ということではないのですよ。今は、きっとお父様が「僕のヒーロー」なのでしょう。憧れる人の真似をして、「僕は強いんだ!」と思えることでなにかの満足感を得ているのかもしれません。

ただ、そのうちに、違った価値観をどこからか仕入れてきて、また今とは違う行動が見られるようになるかもしれませんよ。
おとなしかった男の子が、TVのヒーロー番組を見て、人が変わったように活発になることもよくある事なのです。この時期のお子さんは、少しの刺激でいろんなものを吸収します。このような男の子の「育ち」を、長い目で見てあげてくださいね。
そして、我慢してきた息子さんの気持ちをどうか、うんと褒めてあげていただきたいと思います。「他の子にはなかなかできないことを、頑張ったのね」って、その頑張りを認めてあげてくださいね!

お子さんを見守るご両親の確かな目があれば、多少の見解の違いは、子どもさんのほうから乗り越えていきます。自分に合ったものを、本能的に取捨選択していかれます。どうか、お子さんの力を信じてあげてください。
そして、節目節目でその成長ぶりを振り返ってあげてください。きっと、心の強いお子さんに育っていかれることでしょう。
これからも、ご両親で相談しあう機会をどんどん持たれ、みんなで子育てというスタンスを続けてくださいね。親も、子どもによって育てられるものです。今は大変な時期と思いますが、そのうちに楽しみも増えていかれることでしょう。

先輩ママ:うっちゃん

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
泡で全身やさしく洗って、するする伸びるミルクで全身保湿。ベビー&キッズのデリケートな夏の肌も快適スキンケア
泡で全身やさしく洗って、するする伸びるミルクで全身保湿。ベビー&キッズのデリケートな夏の肌も快適スキンケア
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。  長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。 長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
音声操作で快適な暮らし、スマホ通知で安全確認。スマートホーム「HESTA(ヘスタ)」が暮らしをサポート
音声操作で快適な暮らし、スマホ通知で安全確認。スマートホーム「HESTA(ヘスタ)」が暮らしをサポート
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』(ハーゲンダッツ ミニカップ・クリスピーサンド・バーのいずれか2個と交換可)をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.