授乳のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ミルクの分量に関係なく、次の授乳まで3時間あけるの?(3ヶ月)

ミルク 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

ミルクの分量に関係なく、次の授乳まで3時間あけるの?(3ヶ月)

初めての育児で分からない事が多いのですが、授乳の事について相談です。息子が生まれてから2ヶ月ぐらいまで、ずっと母乳のみで育てていたのですが、2ヶ月の途中で私が体調を崩してしまい、薬を服用するため数日間だけミルクだけで授乳していました。

そして数日後、母乳を再開したのですが、以前のような母乳の出もよくなく、もともとおっぱいはあまり張らなかったのですが、全く張らなくなってしまいました。 そして現在はほぼミルクだけで育てている感じです。

そこで相談なのですが、ミルクだと次の授乳まで最低3時間は間隔をあけないと、といいますが、ミルクの分量にバラつきがあってもその時間は守らなくちゃいけないのでしょうか?

あと、まだ母乳が出ているので1回の授乳に母乳とミルクの両方を与えたいと思うのですが、どのようにして与えたらいいですか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

母乳で頑張ってこられたんですね。いま、お乳がはらなくなってしまったとのこと、私はお乳の専門家ではありませんが、3ヶ月のお子さんであればまだまだお乳再開できると聞いたことがあります。
私自身は3ヶ月頃になってもまだまだ母乳が安定せず、それでも続けていたら、母乳が安定して出るようになりました。

ご質問のミルクの時間についてですが、私自身はあまり時間は気にしません。なぜなら大人も子どもも人間はお腹が空く時間は人それぞれですし、またその日の状況に左右されることもあると思うからです。
特にこれからの季節、喉がかわくことも多いと思います。3時間は目安とし、お子さんの様子から判断をすればいいと思います。

母乳との併用についてですが、母乳→ミルクの順がいいと思いますよ。母乳で足りなかった分をミルクで補うことができます。
これからお子さんのできることが増えていきどんどんお子さんかわいくなっていいきますよ。楽しい育児をなさってくださいね。

ベビーサイン:ちこさん

赤ちゃんも大人と同じようにお腹がすいていたり、その日の体調などで飲む量なども多少変わってきますよね。授乳時間は赤ちゃんにあわせてあげればいいと思います。
大人の食事にそれぞれのペースがあるように赤ちゃんにもその子の飲み方や量・時間などのペースがあります。
最低3時間とありますが、その前に飲んだ量などによったり体調などで、お子さんのペースで授乳して大丈夫ですよ。だんだん、子ども自身もペースがつかめてきて授乳時間の間隔も安定してきます。

まずは、必ず最初に母乳をあげてから、足りないようでしたらミルクをあげてください。やはり、赤ちゃんに飲んで貰わないと、母乳の出が悪くなりますし赤ちゃんも哺乳瓶になれてしまって、乳首を吸いにくくなってしまいますよね。
まだ、これからどんどん飲む量も増えてくるので、母乳だけでは足りなくなってしまったらミルクを足すという感じにするといいと思います。母乳は赤ちゃんに飲んでもらわないと、どんどん出なくなってしまいます。

ただ、あまり母乳の出がよくないのに頑張りすぎるとそれもママ側の負担になりますよね。
とりあえず、最初は吸わせて、足りなければミルクでいいと思いますよ。

先輩ママ:のんちゃん

アドバイザー紹介

ちこさん
専門資格 ベビーサイン

2002年生の女の子、2004年生の男の子のママです。関東初のベビーサイン講師の1人として2005年から活動中です。仕事柄、乳幼児ちゃんに関する勉強をすることが多いので、ママとしての視点、専門家としての視点からみなさんにいろいろな質問・ご相談に具体的な提案とともに温かい応援メッセージを送ることができたら、と思っています。子育ては親育ちです。みんなで成長しましょう!

のんちゃん
先輩ママ

小学生の子が二人います。上の子ではおっぱいに苦労して、下の子はアトピーに悩まされました。子供は十人十色。その子にあった子育てがあるはずです。一人で抱え込まずに、みんなで考え、笑顔で子育てしましょうね。ママが笑うと子供も笑顔になるものね。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note 2024特別増刊号
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

【リトミック研究センター】正しい理論や知識に基づく「音楽遊び」で お子さまのさまざまな能力を引き出そう
【リトミック研究センター】正しい理論や知識に基づく「音楽遊び」で お子さまのさまざまな能力を引き出そう
毎日が楽しくなるアプリ「HESTA LIFE」<br>合計 1,000ポイントがもらえる特別キャンペーン実施中!
毎日が楽しくなるアプリ「HESTA LIFE」
合計 1,000ポイントがもらえる特別キャンペーン実施中!
子育てしながら将来の「なりたい自分」のために<br>目的別に、マイペースで学べる通信制大学『放送大学』
子育てしながら将来の「なりたい自分」のために
目的別に、マイペースで学べる通信制大学『放送大学』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
月々1,200円でお子さまの万一に備えられます!「こくみん共済 こども保障タイプ」なら満期金付きタイプの加入で、教育資金の準備も
月々1,200円でお子さまの万一に備えられます!「こくみん共済 こども保障タイプ」なら満期金付きタイプの加入で、教育資金の準備も
これってゆがみ?赤ちゃんの
これってゆがみ?赤ちゃんの"頭のかたち"が気になったら、専門クリニックに早めの相談を
お子さまの肌にもやさしくて、体の芯から温まる入浴剤<br>「ホットタブ」で毎日15分の
お子さまの肌にもやさしくて、体の芯から温まる入浴剤
「ホットタブ」で毎日15分の"重炭酸温浴"
ママ・パパの願いを叶えた話題の新・認定こども園 明石台こども園は誰でも、いつでも、どこからでも入園できます
ママ・パパの願いを叶えた話題の新・認定こども園 明石台こども園は誰でも、いつでも、どこからでも入園できます
キユーピーが普段の食卓からサステナブルな未来を考える おいしい「プラントベースフード」という選択肢
キユーピーが普段の食卓からサステナブルな未来を考える おいしい「プラントベースフード」という選択肢
お世話しやすく乗り降りラク! 快適・便利が詰まった子育てファミリーのための軽スーパーハイトワゴン
お世話しやすく乗り降りラク! 快適・便利が詰まった子育てファミリーのための軽スーパーハイトワゴン
家が子育てのパートナー<br>家事も、心も、健康も住まいがサポート!【HESTAホーム】
家が子育てのパートナー
家事も、心も、健康も住まいがサポート!【HESTAホーム】
いつも笑顔で子育てしたいから 食べて飲んで手軽においしい明治のα-LunA(アルファルナ)
いつも笑顔で子育てしたいから 食べて飲んで手軽においしい明治のα-LunA(アルファルナ)

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまからどう呼ばれたいですか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.