離乳食のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

白いご飯しか食べないので、栄養が偏らぬよう断乳したい(1才)

離乳食 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

白いご飯しか食べないので、栄養が偏らぬよう断乳したい(1才)

1才になった女の子です。11ヶ月頃から、離乳食を始めましたが、何を作っても白いご飯しか食べません。もちもちのお米パンやヨーグルトは少し食べますが、子供用スプーン3さじ程度。おかずは一日の合計が小さじ1程度です。ご飯も子供茶碗半分程で、母乳メインです。
朝、昼寝前、夕方、寝る前、夜中の5回ですが栄養が偏るからと病院で断乳を勧められました。(78cm10kgで健康です)添い乳の癖がつき、飲まないと寝ないし、夕方も泣いてご飯どころではありません。いきなり全ての授乳を辞めるべきか、どう減らせばよいのか悩んでいます。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

総合病院で働く男の子2人のママです。同僚にも相談してみたのですが、やはり私たちは断乳をお勧めしません。
子どもがおっぱいを吸ってくれるのなんて、長い目で見たらほんの一瞬のこと。この素敵な時間をもっと楽しんでください。添い乳って私たちにとってもほっとする貴重な時間ですものね。

食事についても成長発達に問題ないようですし“食べさせる"のではなく“食べることは楽しい"と思ってもらえるよう気持ちをラクにしてみてはいかがでしょう。
育児書通りに離乳が進められないこともたくさんあります。パパやママがおいしそうに食べている。ひとくちいかが?をしていくことで食べられるようになっていきますよ。

だんだんと食事でおなかいっぱいになってくれるので、自分からおっぱいほしいと言わなくなります。最後には寝る前のおっぱいだけになるかな。
ママにとっては悩むことも多い時期。だけどとっても素敵な思い出になりますよ。かわいいこの時期。たくさんたくさん“むぎゅ"しましょう。応援しています。

看護師:ひろかんママ

おっぱいと離乳食のはざまで頭を悩ますママは、とってもたくさんいらっしゃいます。離乳食をはじめてまだ1ケ月程ですよね。小さじ3杯程度とお嘆きなのもわかりますが、水分しか知らない赤ちゃんにとって固形物はかなりストレスとなるようです。
歯の生え具合や、消化器系の発達などにより、その子のリズムがあるようです。

それらが未発達なのに、無理矢理押し込むと、下痢をしたりアレルギーをおこして負担が重くなり、ますます食事ぎらいになります。
ごはんに興味をもったり、体の準備ができれば、必ず母乳よりごはんを欲しがります。お母さまがおいしく食べる姿を頻繁に見せてあげてください。しばらくするとだ液が出始めるでしょう。それがお子様の食事オッケーのサインかもしれません。

我が家の二人の娘は2才までおっぱいを飲んでいましたし、1才時は、お子様と同じリズムで5回程ほしがったのであげていましたよ。
卒乳もそれぞれ心のペ-スがあるので焦らずにのんびり構えて大丈夫です。母乳があげられる喜びを存分に味わってくださいね。

おっぱいを減らすのは、昼寝前からその次は夕方の順がよいと思います。お昼に眠たくなり欲しがりますが、かならず眠気が勝ってそのうち寝ます。
娘の場合はいつもいつもベピーカーで連れ出して寝かせつけていました。これからもどんどん可愛さが増してきますよ。がんばってくださいね。

先輩ママ:あさちゃん

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

化粧品・コスメはどうしてる?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
パパママ・キッズ婚に関するアンケート (2017年度版)
子どもと一緒の結婚式(以下、「パパママ・キッズ婚」)などに関するアンケートについてご協力ください。また本リサーチ結果は、ミキハウス子育て総研の編集記事等に、個人を特定されない形で使用させていただく場合がございますので、ご了承ください。
アンケートに投票いただいた方の中から抽選で10名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.