イヤイヤ期のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ちょっとした物音などを怖がるが、どう対応すれば良い?(1歳)

ストレス、発達障がい 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

ちょっとした物音などを怖がるが、どう対応すれば良い?(1歳)

もともと音には敏感と思われる娘が、飛行機やバイクなどの騒音、上の住人の足音、隣の家の網戸を閉める音、風の音など少々の音にも怖がりはじめました。
2週間前に窓を開け花火を見せたのが原因かもしれません。そのとき大泣きし、私に飛びついてその場を離れたがりました。音を聞いてなくても、一時も一人で居られないようで、私が離れようものなら泣いて追いかけ、必ず抱っこです。寝る時間も飛行機が頻繁で、なかなか寝付けません。

ここで見放しては余計トラウマになると思い、常に抱っこで対応してますが、家事が滞ってしまい、トイレも抱っこしながらで、腰も痛みはじめています。精神的にもちょっとしんどくなってきました。怖がる娘がかわいそうですが、自分もキレて理不尽に怒ってしまい、さらに泣きたくなります。
「こわくないよ、だいじょうぶ」というのと、「こわいね~」と共感してあげるのとどちらがいいのでしょうか?ちいさな心臓が日々疲れているようで、いつか壊れてしまうんじゃないかと心配です。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

赤ちゃんはお母さんのおなかにいるときから、感覚器といえば聴覚が唯一ですので、そのときからお母さんの様子をそのまま聞いていたと言われています。
きっと、お母さんも赤ちゃんがおなかにいる時に音などに敏感に反応し、時には怖がった時もあるのじゃないかなあと思います。一度小さいときに恐怖感を覚えたものは、その恐怖を克服するまでに長いことかかります。

私も4歳のときに、無免許のバイクがバス停で待っている私の家族の中に突っ込んできて、怪我をしました。それから母親に手を引いてもらっても、怖くてがちがちに固まってしまって横断歩道を歩くことができませんでした。
車が止まっていても、いつその車が暴走するか、襲ってくるような気がして中学生になるまで怖かったです。でも私の場合は限られた道路という場ですが、音となると日常生活全般にあふれていますから、お子さんの場合は、本当にかわいそうですね。

「こわいね」とか「こわくないよ」などという気持ちや感情の表現をしないで、「あれは飛行機が飛んでいる音だよ、大きな飛行機だから大きな音がするんだね」という事実を表現していくようにしてはどうかと思います。
事実を言えば、その音を客観的に感じられ、その後で「怖いなあ」と思うのは、お子さんの受容の仕方ですから。そして、お母さんも慈愛を持って抱き寄せてあげるというのがいいのかなあと思います。慈愛のきもちですね。怖がっている子供の一番の逃げ場は、お母さんやお父さんですから。

また、街のカウンセリングや専門のお医者さんにもアドバイスをお受けになり、心にトラウマができないうちに、適切な心のアドバイスをお受けになることもお勧めいたします。
便利になることが本当に幸せをもたらすのか、音や環境、自然のバランスを崩壊させ、一番そのしわよせが、小さなかわいい子供達に来てしまうことを、私も大人として大変考えさせられます。

先輩ママ:さくらやよい

アドバイザー紹介

さくらやよい
先輩ママ

大学の非常勤講師をやめ、今認定心理士の資格を目指している、もういつでもおばあさんになってもいい母親ですが、娘がいつまでも結婚しません。これについてこちらのほうが子育ての相談をしたいです!私個人では、子供は一人しか育てていませんが、嫁として、舅、姑、小舅2人、小姑3人の10人の大家族のなかで子育てをしてきました。今も行かず後家が2人います。それが皆があまり経験しない私の貴重な人生の力です。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

出前(フードデリバリー)利用してますか?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.