熱性けいれんと予防薬のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ひきつけ予防の薬を処方して頂くにはどこに相談するのがよいですか?

発熱、かぜ 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

ひきつけ予防の薬を処方して頂くにはどこに相談するのがよいですか?

2歳3ヶ月の娘は、1歳6ヶ月と1歳9ヶ月の2回、ひきつけ(熱性けいれん)を起こしました。いずれも救急車で同じ病院へ行きました。
2回目の時に診察をしてくださった先生が、「次にまたひきつけそうな時に使用してください。」とダイアップを2錠プラスして処方して下さいました。先月、高熱を出したので、頂いたダイアップを使用し、ひきつけずに済みました。

私も主人も幼い頃、お互いに2回以上ひきつけを起こしていることもあり、娘もまたひきつけをおこすのではと心配です。そのため、ダイアップを処方して頂きたいのですが、救急車で行った病院は市立病院の救急でかかりつけではなく、先生のお名前もわかりません。
このような場合、救急で行った病院へ外来で受診して相談するべきなのか、または、かかりつけの病院へ相談するべきなのか、など、どこへ相談するのが一番良いのでしょうか?事情を説明することで、処方して頂けるものなのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

お子さんの場合、今後も予防した方がいいと思います。予防薬(ダイアップ)はかかりつけの小児科で処方してくれると思います。
熱性けいれんは、体温が急激に上昇するときに最もおこしやすいので、体調が悪い場合、早めに検温し体温が37.5度をこえたら、できるだけ早くダイアップ坐薬を使用して下さい。

5~10分ほどで、けいれんを抑制する働きがあらわれ、その効果は約8時間持続します。
発熱が続くようなら、約8時間後に2本目の坐薬を入れて下さい。その後は16時間ほど効果が持続します。さらに発熱が続くなら、2本目から約16時間後に追加しましょう。

医師 小児科:桑折 紀昭
2011年3月14日

アドバイザー紹介

桑折 紀昭
医師 小児科

1983年より愛媛県宇和島市で小児科クリニックを開業、99年から病院ヘ行くほどではないけれど心配なこと、病院で聞きにくいこと、聞けなかったこと、聞いたけれどよくわからなかったこと、などの質問に答えるHPを開設、2001年からは病児保育施設にも力を注いでいる。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どうする?どうした?夏の家族旅行
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.