ハッピー・ノート.com

秋のお月見に♪第二弾!=里芋の煮っころがし&唐揚げ=/2012年9月

中秋の名月は別名『芋名月』

前回のお月見団子スープお楽しみいただけましたでしょうか。

前回に続き、今回はお月見食第二弾! 里芋料理のご紹介です。

里芋の歴史をご存知でしょうか。

日本に伝わったのは稲より早く、縄文時代から親しまれてきた食材です。日本の食文化の中でも、古くからお正月や十五夜などの儀礼食に欠かせない食材で、『ハレ』の食べ物と言われています。

お正月のおせち料理に使われる、八つ頭なども有名ですね。

中秋の名月はイモの収穫期の頃と重なるため、その収穫に感謝し、お月見団子と共に里芋をお供えする風習があります。それゆえ『芋名月』とも呼ばれます。

先日、3歳10ヵ月になる息子に『里芋って知ってる?』という質問をしたら、『知ってるよ!ちょっとぬるっとしてて白くてお団子みたいなお芋でしょ!』という答えが返ってきました。

種類にもよりますが、小芋の品種で多く出回っている土垂れや石川早生などは、皮を剥くとたしかにお団子のような形をしています。

そんなことからも、里芋は昔からお供えものとして用いられたのかもしれませんね。

子どもの感性はとても純粋で、時に親のほうが教えられることがあります。食材の歴史や味、形などについても、本を見たり、お買いものの際に親子で会話しながら、食の世界を広げていってくださいね。

里芋の皮むきは水から10分茹でて、冷水に!!がカンタン

里芋の皮むきで苦労される方は多いのではないでしょうか?

里芋にはぬめり成分が含まれるため、手がかゆくなったり、滑ったり。

また、小さいお芋だと、皮を剥いていたら身がなくなっちゃう・・・なんてことも。

煮物の場合、先に厚く皮を剥いて水から煮るのが一般的ですが、今回は先に軽くゆでて皮を剥いたあとに煮る方法をご提案。特に小さいお芋の場合は皮むきのストレスが軽減されておすすめです。

里芋洗う前

まず、泥を洗った里芋を水から10分~12分茹で、冷水にあけます。(里芋のサイズにもよりますが、茹ですぎないのがポイントです)

そうすると、まるで茹で卵の殻を剥くように、クルンっといとも簡単に皮がむけます。サトイモ皮むき後.jpg

まるで本当のお団子のようですね。

さて、この里芋ちゃん、どう調理していきましょう。

まずは王道の里芋の煮っころがし

里芋のおいしい食べ方はたくさんありますが、やはり王道は煮物でしょうか。

里芋の煮っころがし♪おふくろの味ですね!

皮を剥いた里芋を煮ていきます。(今回は小粒のもので12~13個程度)

より味をしみ込ませたい方は先に塩で軽く洗ってぬめりをとります。

鍋にひたひたになる程度のお水と砂糖大匙2、みりん大匙2、酒大匙1を入れ再び煮ます。

沸騰してきたころに醤油を大匙3入れ、10分程度弱火で煮ます。

汁けが少なくなってきたところで強火にして、里芋を転がしながら煮汁を絡めて完成です。ニころがし完成.jpg

煮物をから揚げに変身させましょう

煮物に飽きてしまったら、すこしだけアレンジ♪

里芋の煮物を使って作るから揚げです。先ほどの煮物の汁けを軽くとり、片栗粉をまぶして160~170℃の油でキツネ色になるまで揚げます。

仕上げに青のりをかけて・・・。また違った食感の一品がたのしめます。

煮物を使っているので中まで味がしみ込んでいておいしいですよ。お試しください。

里芋からあげ完成

 

 

参考文献 学研/深光富士男 著『日本の年中行事 9月10月』 

     講談社編/『旬の食材 秋・冬の野菜』

Information/お知らせ

家庭料理講師 easy kitchen 講師 鈴木真理先生をお招きして、地域で定期的にお料理教室を開催しています。

実習なしの見るだけクッキングなので、お子様連れでもお料理苦手な方でも安心して受講できます。

 

過去の講座のご確認、今後のスケジュールはコチラ☆☆☆

Mama's profile/プロフィール

飯塚 悠

飯塚 悠 ー食育指導士 ー

記事テーマ

手づくり料理ではぐくむ親子の絆

子どもの『ママのごはんおいしい!』は魔法のことば。その言葉で、ママは自然と笑顔になり、それをみたパパも笑顔に・・ 幸せの輪が広がります。なんでも手に入る便利な世の中だからこそ、手作りに目をむけましょう。子どもと一緒にできる日本の伝統的な発酵食や乾物料理、季節料理などの体験記とともに手作りのワンポイントを紹介。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/飯塚 悠さんの記事一覧

最新記事

記事一覧を見る

注目トピックス

トピックス一覧を見る

Weeklyゴーゴーリサーチ