ハッピー・ノート.com

ズーノーシス⑥猫ひっかき病/2013年10月

猫にひっかかれちゃった

有名なねこふんじゃったの歌にもあるように、猫は攻撃の一環として、また驚いたりしても、すぐに手が出てひっかく動物です。

それがきっかけとなって、病気になることがあります。

これが、猫ひっかき病です。

バルトネラ ヘンセレという細菌に感染して起きる病気です。

日本の飼い猫の8.8%が抗体陽性、つまり、この細菌に感染したことがあるといわれています。

猫に咬まれたり、なめられたり、ひっかかれたり、また感染した猫を吸血したネコノミが媒介して人に感染します。

症状

感染して約2週間後に、リンパ節が腫れ、痛みを伴います。

数日から数ヵ月続きます。

他には、倦怠感(40%)、発熱(26%)、発疹(4%)、頭痛や咽頭痛などの症状があります。

重症化することは少ないのですが、再発した例もあります。

猫はほとんど症状を示しません。

治療と予防

治療には抗生物質が有効です。

 

予防としては、ネコノミの駆除と、猫にひっかかれないように、猫を驚かさないこと(ふんづけるのはもちろんご法度です)、爪を短く切っておくこと、

咬まれないように、人の手足を使って遊ばないで、猫用のおもちゃのターゲットになります。

猫に合ったおもちゃで十分に遊んであげることで、

遊びの一環として人が攻撃されるのを防ぐことができます。

Information/お知らせ

ねこふんじゃったの歌詞

 http://j-lyric.net/artist/a00126c/l001093.html

Mama's profile/プロフィール

小田 寿美子

小田 寿美子 ー獣医師ー

記事テーマ

子どもとペットのいる暮らし

犬猫をはじめ、うさぎやハムスター、小鳥など、家族の一員として、また子どもの情操教育のために、ペットは日本の家庭にも欠かせない存在になってきています。ペットのいる暮らしに関するさまざまな疑問、メリットやデメリットについて、専門的な立場から連載していきます。ペットの問題行動カウンセラーとしても活躍する、筆者ならではの多彩な視点から述べます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/小田 寿美子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ