お辞儀の心のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
日本舞踊藤間流名取・NOSSインストラクター鈴木 麻奈美
和の魅力
日本舞踊藤間流名取・NOSSインストラクター 鈴木 麻奈美
グローバル時代において、和の精神、和の文化を持つことは、これから世界で活躍されるであろうお子さまたちの心のよりどころとなるでしょう。3年半のアメリカ暮らしで気付いた和の魅力、日々の暮らしの中にある和の素敵をお伝えしていきます。あなたの気付きとなりますように。お子さまたちの和のスマイルを育む毎日につながりますように。

お辞儀

輝くママの NEWSな“おはなし”

2013年 10月

私たちのお辞儀

幼少の頃、『こんにちは』『ありがとう』『ごめんなさい』とペコッとお辞儀を教えられたのを最初に、私たちはいろんなシーンでお辞儀をしてきましたよね。

学校では授業の始まり終わりに、部活の先輩に、先生に叱られて、入学式や卒業式で、天の神様、仏様にも・・・。もちろん大人になってからも、ますます、お辞儀のシーンは続きます。

そう、私たち日本人にとってお辞儀は習慣であり儀礼であり心の表れであり、子どもの頃から自然と身につけてきたものです。 

お辞儀には立礼と座礼があり、そのやり方は『会釈』『敬礼』『最敬礼』と分類され、頭を下げる角度は・・・という話は、ここではおいておいて、今回はお辞儀の心に触れてみましょう。                                                 

長友選手のお辞儀

サッカー日本代表でありイタリアの名門インテル所属の長友佑都選手のお辞儀は、ホント、素敵ですよね。今年の始めごろフジテレビの番組で彼のお辞儀特集をやっていました。

それは彼の影響でインテルの選手のみならず、ミラノっ子にもお辞儀が浸透しているといったものでした。それはただ日本人を真似ただけではなく、『感謝・挨拶・リスペクト(敬意)』という意味を正しく理解しているようでした。そこにはかつてのペコペコと頭を下げる滑稽に描かれた日本人ではなく、日本人への敬意、美徳、憧れに溢れていました。

特集は『ニッポンの心が持つ美しさにきちんと胸をはること、それが世界の人々に確実に届く』と結んでいました。 

心の表現

私ごとですが、数年前の3年半ほどアメリカで過ごしました。

当初、アメリカでの挨拶はハグや握手がかっこいいと信じていた私は、お辞儀はやはり滑稽で媚びているように思われるのでは・・・と自分の中で封印していました。

しかしそんな私が帰国する時のこと。

お世話になったアメリカ人を前に、伝えきれない感謝の気持ちを込めて、深々とお辞儀をしていました。何だかわからないけど衝動的に・・・。

でも今はその理由がわかります。

そうだ自分の中の和の心がそうさせたのだと・・・。

心の表れがお辞儀をすることだったんです。

そうすることが、どんなに強い握手やハグより、つたない英語より、相手に届く何よりの表現手段だと信じていたからです。

お辞儀の文化

158 - コピー.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

感謝、お詫び、敬意、挨拶、そこに日本人の誇りもプラスして、子どもたちにしっかり伝えていければいいですね。

そして、7年後のオリンピック、美しいお辞儀で世界の人々を迎えたいですね!

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

12

13

2

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

「鈴木 麻奈美」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どうする初節句のお祝い
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.