産後ママの身体のお悩み 便秘・オリモノ・痔のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

産後ママの身体のお悩み 便秘・オリモノ・痔

痔・便秘 ママの病気・健康 教えて!ドクター

(2020年 春号 掲載)

便秘(腸内環境)

妊娠中、便秘になるママは多いと思います。それは妊娠中に増加するホルモンの働きで腸の動きが悪くなったり、大きくなる子宮に圧迫されたりするためですが、産後スッキリするかと思っていたら産後も便秘に悩まされるママが意外と多いのです。

その原因は?
  1. ①産後すぐの便秘

    出産時に会陰が切れてしまった場合、しばらく排尿や排便の時に痛みを感じることが多く、強くいきめなくなってしまいます。そのため排便を我慢して便秘がちになることがあります。

  2. ②しばらく続く便秘

    産後授乳しているママは、水分不足になりがち。便が硬いため排便しにくく、便秘になってしまいます。水分補給を心がけましょう。

  3. ③慢性的な便秘

    また産後、子育てに追われて自律神経が乱れて便秘がちになることもあります。少し休養を取るように心がけるとともに、難しくても毎日トイレにゆっくり座る時間を持ちましょう。

便秘を治すには?

硬い便を出そうといきむと痔がひどくなってしまうので、水分をしっかり摂ったり、ヨーグルトなどの乳酸菌の入った食べ物や食物繊維の豊富な野菜や果物を摂るなどを心がけてみましょう。それでも便が硬い場合は便を軟らかくする緩下剤を内服してみましょう。

また腹筋を使った運動は便秘の解消にも効果的です。

オリモノ

妊娠中はオリモノが増えたママも多いと思いますが、それは妊娠で増加した女性ホルモンによるもの。では産後はどうなのでしょう?

  1. ①産後すぐ

    産後しばらくはオリモノに血が混じっています。「悪露」と呼ばれ産後6週間程度続きます。最初の2、3日は赤い月経のような血が出ますが、だんだんと茶色になり、黄色になり、最後は白っぽくなるというように通常のオリモノに戻っていきます。

  2. ②産後6~8週以降

    産後6~8週以降は妊娠時に増加したホルモンが急激に低下しているのでオリモノが少なく感じられるママが多いです。授乳している場合は排卵が抑えられ、排卵後に出るホルモンが出ないため、1年程度オリモノが少ない状態が続くこともあります。

  3. ③月経再開時

    月経が再開するころになるとホルモンが通常の量に回復するため、出産前のようなオリモノに戻ってきます。オリモノが増えたなと思ったら月経再開が近い可能性も!

  4. ④いつもと違うオリモノ

    急に量が増える、においがきつい、かゆみがあるといった場合は要注意!特に産後は夜間の授乳や子育てで免疫力が低下することや、オリモノが減少することで膣内で雑菌やカンジダというカビの一種が繁殖しやすくなります。そうすると急にオリモノが増えたり、生臭いにおいがしたり、かゆみが出てしまいます。こうした症状がみられる場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

痔(お尻のケア)

便秘のところでもお話ししましたが、妊娠中の骨盤や下半身の血液のうっ滞や出産時のいきみによって痔になってしまうママも多く、産後も骨盤底筋が緩んだ状態で赤ちゃんをずっと抱っこしたり、お世話をすると慢性的な痔になってしまうことも。産後すぐからの対処が必要です。

対処法
  1. ①便秘を治す

    便秘の項参照

  2. ②骨盤内・下半身の血行を良くする

    骨盤内の血行や、下半身の血行を良くするために軽い運動をしま しょう。

  3. ③下がった腸を引き上げる

    骨盤の底を支える筋肉(骨盤底筋)が緩むと、腸も下がり気味になり、骨盤内の血行も悪くなって痔や便秘になってしまいます。産後、早い時期から出産で傷ついた骨盤底筋を回復させるように骨盤底筋体操(ケーゲル体操)を行いましょう。少しの時間でも毎日行うことが肝心です!

まとめ

こうした便秘や痔のケアのために骨盤底筋を鍛える運動を行うと同時に腹直筋や腸腰筋などのインナーマッスルも鍛えられるため、産後のポッコリお腹の解消にも効果的。ポッコリお腹に悩むママもぜひやってみましょう!

~骨盤底筋体操~

  1. あおむけに寝て、脚を肩幅に開き、両ひざを軽く立てる
  2. 約10秒、骨盤底筋(肛門・膣・尿道口)を意識して締める。
  3. 50 秒力をぬく。
  4. 1~2を10回くり返す(つまり10 分間行う)。
1日朝晩2回行いましょう。

 

尾西芳子先生

高輪台レディースクリニック(東京都港区)副院長。産婦人科専門医。「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と女性のすべての悩みに応えることのできる女性のかかりつけ医を目指す。モデルの経験を通して得た知識をベースに、美と健康に関するTV・雑誌・講演会などでも活躍中。二児の母。

尾西芳子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

痔・便秘の関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

エコな生活、してますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.