予防接種のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

予防接種スケジュール

接種スケジュール 予防接種 教えて!ドクター

(2017年 特別編集号 掲載)

~ VPDを効率的に予防しましょう~
予防接種をするのは自分自身がワクチンで防げる病気〔VPD(Vaccine preventable disease)といいます〕にかからないよう、VPDにかかっても軽くすませるためです。また、子孫にVPDの影響を残さないことも大切です。2013年に風しんが流行したときは妊娠中のお母さんが風しんにかかり、約40人の先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれました。社会全体のワクチンの接種率を高め、接種時期になる前の人や接種しても免疫ができなかった人、病気のために接種をうけられない人などをVPDから守ることも予防接種の重要な目的です。

いつ接種すればよいの?

多くのワクチンはVPDにかかる前に接種しなければなりません。適切な接種時期は、免疫機能が成熟しワクチンに対する免疫を作ることができるようになり、VPDにかかるリスクが高くなる前です。また、VPDにかかるリスクが高くなるのは、生まれてくる前にお母さんからもらった免疫(移行抗体といいます)が減少し、VPDの発生頻度が増加する時期です。VPDにかかるリスクを考えて接種スケジュールは決められています。接種できる年齢になったらすぐ、定期接種と任意接種を区別せずに、できるかぎり同時接種でうけることがリスクを減らす重要なポイントになります。わかりやすい接種スケジュールを参考に接種をうけましょう。

予防接種スケジュール表が“「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会”からダウンロードできます。

まず、「生後2か月のお誕生日にワクチンデビュー」が大切

生後2か月になるとインフルエンザ桿(かん)菌B型(ヒブ)と小児用肺炎球菌ワクチンが接種できます。ヒブと肺炎球菌に対する移行抗体は出生後早期に減少し、髄膜炎や敗血症などにかかることがあります。また、ロタウイルスワクチンは接種時期が遅くなると腸重積という副反応が増加する可能性があります。生後2か月になったらすぐにヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン、ロタウイルスワクチンの4種類を同時接種しましょう。

また、「1歳からのワクチン」も大切

麻しん、風しん、おたふくかぜ、水痘の移行抗体は早期に感染を防げるレベル以下になり、1歳までにはなくなるため、感染のリスクがあります。
肺炎球菌による髄膜炎は生後6か月から1歳に最も多くかかりますが、菌血症などの髄膜炎以外の侵しんしゅうせい襲性肺炎球菌感染症は、1歳から1歳半が最もかかりやすい時期です。さらに、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンは3回接種をしていても、1歳の追加免疫前には抗体価が低下するため、1歳になったら早期に追加接種をする必要があります。
1歳になったらすぐにMR(麻が積極的にキャッチアップ接種をうけることは、子どもたちをVPDから守っていくためにも重要です。しん風しん)、水痘、おたふくかぜ、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(百日せき・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)ワクチンの6種類を同時接種します。やむをえない場合は、これらを2回に分けて接種しますが、接種時期が遅れたり、接種を忘れないように注意しましょう。

さらに、「キャッチアップ接種」も重要

キャッチアップ接種とは、推奨されている時期に接種をしていない人に対するワクチンの接種です。2016年10月から定期接種になったB型肝炎ワクチンの接種対象は1歳未満ですが、1歳以上の子どもにもキャッチアップ接種が必要です。
キャッチアップ接種が必要なのは子どもだけではありません。2013年の風しんの流行、2016年の麻しんの流行では接種を受けていない20〜30歳代の成人が最も多く発症しました。麻しん、風しん、おたふくかぜ、水痘などにかかっていない場合は成人でもワクチンを接種する必要があります。成人が積極的にキャッチアップ接種をうけることは、子どもたちをVPDから守っていくためにも重要です。

 

菅谷明則先生

すがやこどもクリニック院長。1982年慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院小児科、東京都立大塚病院小児科、東京都立清瀬小児病院循環器科などで勤務し、2005年東京都板橋区で、すがやこどもクリニック開業。小児科専門医。医学博士。

菅谷明則

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

接種スケジュールの関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
はじめてのおむつの選び方講座
はじめてのおむつの選び方講座
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

子どものお医者さん、どうしてますか?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.