入園のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

入園が決まったが「1歳から保育園はかわいそう」と義母が言う

保育園・幼稚園 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

入園が決まったが「1歳から保育園はかわいそう」と義母が言う

年長の男の子と8ヶ月の女の子の母です。現在働いていて娘は義母に預けていますが、7月から上の子と同じ保育園に入園できることになりました。しかし、義親は2人ともいい顔をしないのです。上の子の時も9ヶ月の時から義母に預け、1歳で入園が決まったのですが「こんな小さいうちから保育園はかわいそう」と猛反対をうけ泣く泣く1年棒に振った経験があります。
その後園の行事は見に来てくれ、園にも何度か来てくれた事があるので保育園に対する見方が変わってくれたと思ったのですが、娘の入園が決まった事を伝えると第一声が「かわいそうに…」でした。

孫の事に関しては、何かと口を挟んだり私に対して嫌味をいうので、園のよさを伝えたくても聞く耳を持ってもらえません。今回は入園をあきらめるなんてことはしませんが、慣らし保育の間は帰ってからも見てもらう事になるので、顔を合わせるのが憂鬱です。
上の子の園はとにかくいい園で、先生や園の方針も不満は全くありません。安心して預けられるのですが、なにげなく出てくる「かわいそう」の一言に、悩んでいます。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

保育士&一児の母です。よく「保育園に小さいうちから入れるのは、かわいそう」とご心配される方、そういう言葉を言われてしまう方が多いですよね。
子どもにとって、お母さんと一緒に過ごせることは、本当に幸せだと思います。でも、それもある程度月齢・年齢が過ぎたりすると、周りのお友だちにも興味を持ったり、少し離れて自分で遊んで見たいという気持ちが出てくることが多いです。

私は育児休暇を2歳近くまでとっているのですが、娘と2年近く2人きりで日中過ごしている中で、どんどん別の世界を求める姿を娘に見るようになって、保育園と言うものの存在を良いものだな、と改めて感じるようになりました。
近所で、お店などでも、子どもが居る場所があれば他の子どもに関ろうとしていきますよね。
その時に、お互いの親が居る状態だと、子ども同士関わろうとしても、手を上げてしまうのではとか、物を取り合ってしまったとか、ちょっとしたトラブルが起きたときに、すぐに引き離して、解決したように思ってしまうことも多かったです。

でも保育園なら、子ども同士の関りとして、専門家である保育者が見守り仲立ちして、子どもの気付くのを待ったり、関り方を知る機会を沢山持たせてもらえます。
また、そういう関りを求めないうちでも、0歳の数ヶ月しか生きていない子どもでも、信頼関係を築くことができ、両親や親戚以外にも「自分が頼れる、大好きな存在」と思える保育者との出会い、生活が送れるというのが保育園の良さであると思います。
基本的にお母さんが一番であることは、何歳になっても同じでしょう。でもそれ以外にも“大好き"と思える、思ってもらえるような人間関係が更に広がることは、子どもにとって更にもっと幸せなのではないでしょうか。

また、お母さんが何か他の事・仕事などにも一生懸命で、活き活きしている姿は、子どもにも伝わります。ただ家で、子どもと1対1で向き合っていれば子どももお母さんも幸せなのかと言うと、それはまた違う時もあると思います。
子どもは大好きな人・環境の中で、のびのび遊んでいて、お母さんは懸命に仕事で自分の力を発揮し、お互いが活き活きしている生活を送って戻る場所には、また一番大好き・大切な母子で居られる、そんな生活にはメリハリもあり、よりお互いを大切に思えるのではないかと思います。

子どもはまだまだ小さいと思っても、毎日成長し、新しい刺激を求め、吸収しています。
まだ赤ちゃんじゃないか、と守ってあげたくなるのは大人として、家族として当然のことですが、保育園もその大切なお子さんを守る、そして育ちを見守る仲間として一緒に育てていくんだ、と言う気持ちで居ていただけると、子どももお母さんも保育者も、もっと良い関係が築けると思います。

義理の親御さん方も、始めは心配でしょうが、そういう環境の中でお子さん達が幸せである姿は、きっと見ていて理解してくれることだと思います。
心配してくれることもありがたく思いながら、そういう思いを同じように、家族も保育園も持って、お子さん達を大切に思っていることを伝えながら見守ってもらえると良いですね。

保育士:かめごん

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ワンプッシュで手のひらに「にくきゅう」スタンプ! ビオレu 泡スタンプハンドソープで手洗いがこんなに楽しい時間に変わる
ワンプッシュで手のひらに「にくきゅう」スタンプ! ビオレu 泡スタンプハンドソープで手洗いがこんなに楽しい時間に変わる
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
主人公はお子さま自身!成長に合った内容で作るからことばへの関心が高まり、絵本がもっと大好きに
主人公はお子さま自身!成長に合った内容で作るからことばへの関心が高まり、絵本がもっと大好きに
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
Happy-Note×JAグループ和歌山コラボ #柿でハロウィン キャンペーン
日本生命は、日本社会の明るい「未来」に貢献できるよう、次世代を担うお子さまたちの「今日」を応援しています
日本生命は、日本社会の明るい「未来」に貢献できるよう、次世代を担うお子さまたちの「今日」を応援しています
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
アレンジできるポテトサラダで毎日の食事つくりの悩みが解決
アレンジできるポテトサラダで毎日の食事つくりの悩みが解決
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
子育てがもっと快適になるAIスマートホーム ショールームで実際に体験してみよう
子育てがもっと快適になるAIスマートホーム ショールームで実際に体験してみよう
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
手軽なおやつで不足しがちな栄養が摂れる 1才から食べられるやわらかいチーズ
オリジナルの「お手紙さくせいツール」やゲームなど 親子でおうち時間を楽しめるコンテンツがいっぱい
オリジナルの「お手紙さくせいツール」やゲームなど 親子でおうち時間を楽しめるコンテンツがいっぱい
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。  長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
話題のリビング学習から、ママ・パパのテレワークまで。 長く使えるDAIKENのシステム収納『ミセル』
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
子どもに受けさせたい「教育」と、「お金」のこと。今なら全員無料でもらえる冊子で学ぼう。
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに
大容量のラゲッジスペースと開放感たっぷりの室内 家族みんなが笑顔になる車でもっとハッピーに

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どうする・どうした七五三
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』(ハーゲンダッツ ミニカップ・クリスピーサンド・バーのいずれか2個と交換可)をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.