すいみんのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

お昼寝の時、しゃくとり虫のようにお尻を突き上げて寝る(1歳4ヵ月)

すいみん 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

お昼寝の時、しゃくとり虫のようにお尻を突き上げて寝る(1歳4ヵ月)

娘が、しゃくとり虫のようにお尻を突き上げ膝を曲げたまま顔を右にし、指をしゃぶりながらうつぶせで寝ています。夜寝る時は、次第に膝をのばし普通のうつぶせ寝にもなりますが、お昼寝の時はずっとそのままの姿勢で寝ています。気づいた時に仰向けにしますが、すぐこの姿勢に戻ります。

呼吸もしにくいでしょうし、血液やリンパの循環も悪いはず。何より力が入ってリラックスできていないと思います。このままでは骨格のゆがみや歯並びだけでなく、諸々の発達に影響があるのではないかと心配です。指しゃぶりは一日中しています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

うつぶせ寝については、呼吸、血液やリンパの循環、骨格のゆがみや歯並び、そして発達への影響などはご心配されることはありませんよ。
1歳4ヶ月の頃になると思うように身体を動かせますから、その姿勢が苦しかったりイヤな時は、自分で寝返りをしたり、手足を動かすなどして姿勢をかえていきます。
うつぶせで寝ているために、身体の関節などに影響がでることはありませんので、ご安心ください。

うつぶせのまま足を曲げて寝る姿勢、そして指しゃぶりは、「自己沈静」、そうすることで安心する、落ち着くためにしている(リラックスするためにしている)という事もあります。
うつぶせのまま足を曲げるのは、ママのお腹の中にいるときの姿勢に近いため、そして指しゃぶりは、口に物がはいることやそれを吸うことで安心するため、とも言われています。

指しゃぶりは歯並びなどいろいろ言われていますが、お子さんの年齢での指しゃぶりは、まだ心配されることはありません。なにかお気に入りの素材のもの(ガーゼ・タオルなど)があれば、その素材のおもちゃ(ガラガラなど)などを持たせる。また、ママの匂いのするものを近くに置いておくなどもいいかもしれませんね。

心配ないと言われても、親としてはいろいろ心配してしますよね。心配がどんどん大きくなってくると、それがストレスにもなります。
地域の保健センターなどでは、運動面・情緒面などで心配されているママさんのための相談室があります。実際にお子さんをみながらというメリットもありますが、それ以上に誰かにママの気持ちを伝えるということも大切です。

かかりつけの小児科などの医療機関、地域の保健センター、そしてこちらのようなネット相談など、不安・心配ごとなどをお話する場所がみつかったらいいですね。

理学療法士:白熊

中1の男児をもつ保育士ママです。どうしてこんな格好で?!苦しくないのかしら?!と思われますよね。でも意外とこういう体制で寝ているお子さんはいるんですよ。
園でもクラスに1~2名はいます。丸まって寝ると胎児の時のような格好で安心するのでしょうね。また指しゃぶりのお子さんもいます。

そういう時はできるだけ側に付き、少しでも安心して寝付けるように配慮しています。身体をさすったり、(足をマッサ-ジしながらだと伸ばしたまま寝ますよ)指しゃぶりする手をやさしく握ったり。
無理矢理ではなく、お子さんが丸まって寝るより、指しゃぶりするより、心地よいなと感じられる事を見つけて寝かしつけてはいかがでしょう。

ただ、1日中指しゃぶりをしているとの事ですが、何かお子さんが楽しめるものはありませんか?テレビやビデオなど一方的になりやすいものではなく、人との関わりの中で指しゃぶりを忘れるくらい熱中できる遊びがみつかれば少なくなってくると思います。
まだ1才4ヶ月ということなので、お母さんとの関わりがとても大切です。手をそっと持って手遊び(げんこつやまのたぬきさん・むすんでひらいて等)をしたり、外で追いかけっこや砂遊びなど手をたくさん使って遊んでみましょう。

保育士:うーあ

アドバイザー紹介

白熊
専門資格 理学療法士

小児の医療機関の理学療法士(リハビリ関係の職業)です。お子さんの発達、特に運動の発達についてが専門になります。くび(頭)のすわり、お座り、はいはい、立っち、あんよなど運動発達の事で、気になる事があれば、お気軽にお話ください。少しでも、「ほっ」とするお時間ができれば、うれしいです。よろしくお願いします。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

4

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

出前(フードデリバリー)利用してますか?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.