子どもの歯のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

前歯6本が反対咬合と診断されたが、矯正の方法は?(4歳)

子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

前歯6本が反対咬合と診断されたが、矯正の方法は?(4歳)

入園前の保健所の歯科健診でも、園や歯科医院での歯科健診でも反対咬合(前歯6本のみ)と診断されています。
私自身も前歯6本のみが反対咬合で、小学校2年生くらいに歯科矯正(マウスピースのようなもの)をしたので遺伝だと思うのですが…。

歯科健診をしていただいている先生には、永久歯に生え変わる時期まで様子を見ていきましょうと言われています。
私が矯正した頃とはいろいろ変わってきていると思いますが、前歯6本の矯正にはどれくらいの期間がかかるのか、またどのような矯正方法があるのか知りたいと思っています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

すでに前歯の噛み合わせが反対になっている場合には、本格的矯正というよりは、まず咬合誘導といわれる処置をしておいたほうが、今後の噛み合わせ、顎の成長発育を良好に進めることができると思われます。

この咬合誘導というのは、たとえば下の顎が上の顎よりでている(いわゆる受け口の状態)、発育し過ぎている場合には、下の顎の成長を抑制し、上の顎の成長を促進するような力を加える装置(キャップ)を装着したり、前歯の噛み合わせが反対である場合には、その噛み合わせを治す装置を装着することによって、噛み合わせや顎の成長を妨げない機能と形態の維持をするための治療をいいます。

その時期や方法はその状態によって異なりますので、治療医の診断によって行われます。乳歯の場合も、やはりかみ合せは正常に戻しておいた方が今後のためです。
顎は、まず上の顎が成長し、その後下の顎が成長するため、もし噛み合わせが反対の場合、下の歯がひっかかり上の顎は成長できなくなってしまい、下の顎は上の歯のひっかかりがないためますます成長してしまうからです。

これでは上下の顎のアンバランスはひどくなるばかりです。遺伝的に反対咬合の傾向がみられるので、早めに専門医(小児歯科専門医あるいは矯正医)で診断、治療していただいたほうが安心です。
今、受診している歯科医は一般医でしょうか、それとも専門医でしょうか。もし専門医が診断しているのであれば、その先生が言われるように永久歯に交換するまで待っていいと思います。きちんとした診断後の判断だと思いますので。

不安や心配があるのであれば、主治医にもう一度相談されるか、あるいは専門医を受診されることをお勧めいたします。

医師 歯科:篠崎 由香里
2009年4月 6日

ママはすでに反対咬合が直っているのでしょうか?下あごの骨がこれからも前に伸びやすいと予想される場合は、かみ合わせの改善は、できるだけ永久歯が生え変わるまで待って、様子を見ることが多いです。
でも、骨のバランスがそれほど悪くない場合は、乳歯列の時期から治療にトライします。

型採りができる4歳ごろのお子さんでは、マウスピースのような装置をオーダーメイドしたり、既製品を用いて、早めに顎のズレや前歯のかみあわせを治す矯正を始めることができます。
(期間は1~2年)あるいは、永久歯の前歯がそろう1~2年生ごろに、反対咬合を直す装置を入れることもあります。

いずれも顎の成長パターンを予測して、適切な時期に適切な装置を検討する必要がありますので、できれば小児歯科や矯正歯科をかかりつけにしていると安心ですよ。

医師 歯科:岡本 千春
2009年4月 6日

アドバイザー紹介

篠崎 由香里
医師 歯科

歯科医。専門は、小児歯科、障害者歯科。日本小児歯科学会認定医。知識や技術だけでなく、出産・育児・介護経験を活かした診療を目指している。

岡本 千春
医師 歯科

歯科医。専門は矯正歯科。「おもしろいと思うことをする」がモットー。現在ヘルスカウンセリングを勉強中。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

エコな生活、してますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.