ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもにテレビは必要か?

発達障がい 子どもの病気 教えて!ドクター

(2008年 春号 掲載)

子どもにテレビやビデオがすべて悪いとは思いません。時には良いですし、役に立つこともあります。でも気になること、それは親子のかかわり方です。

最近では、授乳中にテレビがついていることが80%とのデータがあります。メールを打ちながら授乳しているお母さんも目につきます。おっぱいを飲んでいる赤ちゃんが、ふと顔を上げたときに、お母さんが他所を向いているのでは、赤ちゃんはがっかりしてしまいます。

”一緒に“が心の栄養

子どもは、親やきょうだいや友だちとの触れ合いを求めています。一緒に遊ぶことを求めています。ひとりでおとなしいからとか、一緒に遊ぶのが大変だからとかで、テレビ、ビデオや携帯用ゲーム機でばかり遊ばせていると、子どもとのかかわり方が希薄になってしまいます。

一緒に本を読んだり、一緒に走ったり、一緒におもちゃで遊んだりすること(時にはおもちゃの取り合いや、けんかをすることもありますが)、それが心の発育の栄養になるのです。

想像力を鍛えよう

絵本を読んであげると、子どもは、色々と想像しながら聞いています。テレビやビデオは一方的ですので想像することがありません。テレビに向かって話しかけても、反応がありません。会話はあくまで自分が話をして、相手がそれに反応することで会話が成り立つのです。

また、ゲーム機はゲームの中で人が死んでも、リセットボタンを押すと、また生きてその人が出てきます。このように想像力が育たないまま青少年になると、ささいなことでキレやすくなるといわれています。
けんかをすることで殴られたときの痛みが分かりますし、泣いたりすることで、悔しさも生まれます。このことが相手を思いやる気持ちになるのです。

小児科医会の提言

①2歳までのテレビ、ビデオの視聴は控えましょう。
②授乳中、食事中のビデオ、テレビの視聴は止めましょう。
③すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。1日2時間までを目安としましょう。テレビゲームは1日30分までを目安と考えます。
④子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パソコンを置かないようにしましょう。
⑤保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールをつくりましょう。

この発表の後でノーテレビデーの試みが色々とされています。その結果、テレビが無くても、子どもは元気に遊んだが、親の方が禁断症状になってしまったとの報告が多くありました。メディアとのかかわり方は、親自身がよく考えて欲しいと思っています。

 

武居(たけすえ)正郎先生

武居小児科医院(東京都武蔵野市)院長。東邦大学医学部卒業後、同大学小児科、武蔵野赤十字病院小児科勤務。平成14年に武居小児科医院開院。日本小児科医会子どもの心対策委員会委員長、日本小児科医会「子どもとメディア対策委員会」委員長。

武居(たけすえ)正郎

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

14

8

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

発達障がいの関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまに将来、スポーツをさせてみたいですか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.