ハッピー・ノート.com

春から小学生!算数セットを使ってプリント学習をはじめよう 《いくつといくつ》/2017年3月

数の合成と分解
たし算、ひき算をはじめる前にできていて欲しいのが数の合成と分解。
 
 
「10は1 と9」や「1と9で10」
 
 
これが、数の合成と分解です。
 
 
1年生では「いくつといくつ」で学びます。
 
 
+、-などの計算式に入る前に
 
 
ブロックやおはじきで「いくつといくつ」を楽しく学習しましょう。
いくつといくつ-数の分解-
おはじきを使ってやってみましょう。
 
 
howmany1.jpg
 
 
りんごと同じ数のおはじきを並べます。
 
 
2つですね。
 
 
170300.jpgのサムネール画像
 
 
りんごと同じようにおはじきを分けましょう。
 
 
1つと1つですね。
 
 
おはじきと同じ数の数字を書き入れましょう。
 
 
 
170302.jpg
 
 
 
170301.jpg
 
 
 
 
続けて3もわけましょう。
 
3はいくつといくつになるかな?
 
 
 
howmany2.jpg
いくつといくつは計算の基礎
計算の基礎的な能力を養うのが「いくつといくつ」です。
 
 
繰り上がりや繰り下がりでつまずく子は
 
 
この数の分解の学習が不足していることが多くあります。
 
 
キャンディ(具体物)など子どもが喜ぶものをつかっての学習もいいですね。
 
 
ぜひ、お子さまとキャンディをわけっこしながら
 
 
楽しくかずを体感してください。
 
 

Information/お知らせ

☆歌劇の街・宝塚で幼児・小学生・中学生を対象にした学習塾をひらいています。
 
☆サークルや保育園、幼稚園でママ友といっしょに幼児さんすうで遊びたい!
 
 そんなママたちのためのワークショップ講座も開講しています。
 
 お気軽にお問い合わせください。
 
☆ホームページはこちら >>> http://pc-apple.com
 
☆教室の様子も ブログでご紹介しています。  >>> http://ameblo.jp/takarazuka-firstline

Mama's profile/プロフィール

渡辺 貴子

渡辺 貴子 ー幼児さんすうインストラクターー

記事テーマ

幼児期からできる「さんすうせっと」をつかった算数勉強法

算数につまづく理由に「基本的な数やかたちの概念が身についていない」ということがあります。つまづくと苦手意識がでやすいのが算数ですが、問題解決力を育成できるのも、「わかった!」「できた!」という達成感を味わうことができるのも算数です。幼児期に身につけておきたい算数、低学年でつまづきそうになったらすぐに家庭でできる算数勉強法をお話します。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/渡辺 貴子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ