赤ちゃん連れ旅行のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

赤ちゃん連れ旅行の際に気をつけること

健診・かかり方 子どもの病気 教えて!ドクター

(2015年 春号 掲載)

いつごろから行ける?

特に初めての赤ちゃんの場合、出産後のママの身体が回復し、パパとママが赤ちゃんのいる生活に慣れ、またある程度環境が変わっても親子が対応できる時期、できれば首が座る生後4か月以降の方が無難でしょう。
予防接種がある程度終わっていればさらに安心です。

どういう旅行にするか?

赤ちゃん連れで旅行する時は、授乳やおむつ替えなどで何かと時間が取られるので、スケジュールなどをこまかく設定せずゆっくりのんびりできることが一番です。決して大人中心のハードスケジュールにしてはいけません。まずは近場で、できれば親子だけでのんびり過ごしましょう。
旅行でいいのはパパママが家事をしなくてよいこと、そしてその分ゆっくり、ふたりで一緒に赤ちゃんに向き合えることです。親子、夫婦の間で、日常生活と違う新しい発見が必ずあります。

交通手段は?

多くなりがちな荷物を手に持たずに行けて便利なので、マイカーを利用するファミリーが一番多いようです。周囲に気兼ねせず自由におむつ替えや授乳ができるという点でも気楽ですし、他の人との接触が少ない、つまり感染症をもらうリスクも少ないです。事故防止のためチャイルドシートを使い、1時間に1回は休憩するようにしましょう。

帰省などで、もし長距離の電車や飛行機を利用するなら、ネット予約ではなく電話で予約して赤ちゃんがいることを伝えておきましょう。特に飛行機を利用する赤ちゃん連れの場合はスクリーンの手前の席や、国内線でもバシネット(固定式のベビーベッド)を予約できる場合もあるので聞いてみるとよいです。離着陸の際は気圧の変化による耳痛などを防ぐために高度が安 定するまで水分を飲ませましょう。

電車や飛行機内の移動中に眠らせるための薬を希望される方がいますが、かえってぐずったりなかなか目が覚めなかったりすることがあるので飲み慣れていない薬はおすすめしません。

宿泊先

楽しい赤ちゃん連れ旅行のためには安心を提供してくれる宿泊先が欠かせません。喫煙可だったり危険が多いホテルではパパママも落ち着けません。その点、あらかじめママ目線で館内のサービスを工夫したり子どもにも安心な間取りになっている、〝ウェルカムベビーのお宿〞に認定された施設など子連れ歓迎のホテルや旅館だと安心です。まずは予約サイトで家族向けのプラン、子連れファミリーに安心なお宿を探しましょう。

持ち物

子連れ旅行の場合、思わぬハプニングに見舞われることも多いので、いろいろな状況を想定して必要な持ち物は忘れずに。たとえば旅先で急にけがや病気になった時、救急病院にかかる時に備えて保険証や母子手帳を必ず持っていきましょう。発熱時、あるいはけがをした時、何の予防接種を済ませているかなどの母子手帳の記録は病院にとって大事な情報です。

脱ぎ着しやすい多めの着替えやおむつ、上着はもちろん、飲み水やいつも飲んでいるミルクやベビーフード、必要な場合は常備薬、肌に合った保湿剤、顔や手を拭くための薄手のおしぼりタオル、乳児の場合は、授乳時の目隠しや急に寒くなった時子どもをくるんだりちょっと寝かせる時に敷けるように、1枚何役もこなす大きめのバスタオルもあるとよいです。移動中飽きた時用に新しいおもちゃや絵本が少しあると気が紛れてよいですが、環境の変化で不安になるのでお気に入りも忘れずに。

でものんびり楽しく行くのが赤ちゃん連れ旅行の良いところ。赤ちゃんの衣食と安全さえ確保されていれば大丈夫と考えて、あまり神経質にならず困った時は夫婦で協力しあって、楽しい経験を増やしてきてくださいね。

 

澤田雅子先生

小児科・アレルギー科。日本小児科学会認定医。東京大学医学部附属病院および関連病院勤務を経て、平成15年東京都文京区に澤田こどもクリニックを開設。喘息などの診療の傍ら、アレルギー相談・育児相談を重視。自らも小学生男子2人の子育て中。
http://www.sawada-kodomo-clinic.com/

澤田雅子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

6

4

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

健診・かかり方の関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

お子さまのさまざまな能力を引き出して育てる「リトミック」の体験レッスンに参加してみよう
お子さまのさまざまな能力を引き出して育てる「リトミック」の体験レッスンに参加してみよう
抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートキャリア
抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートキャリア
出産準備に揃えておきたい家電(加湿器編)
出産準備に揃えておきたい家電(加湿器編)
広すぎ収納、2WAY和室にワークカウンター ママの「イイね!」がいっぱい詰まったオークラホームの住まい
広すぎ収納、2WAY和室にワークカウンター ママの「イイね!」がいっぱい詰まったオークラホームの住まい
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
年末年始のパーティーはおしゃれを楽しみたい 親子おそろいのリンクヘアーで決まり!
年末年始のパーティーはおしゃれを楽しみたい 親子おそろいのリンクヘアーで決まり!
マザーズセレクション大賞発表
マザーズセレクション大賞発表
置くだけ簡単、いろいろなシーンで大活躍! カビの発生やダニの増殖を抑制する和紙でできた置き畳
置くだけ簡単、いろいろなシーンで大活躍! カビの発生やダニの増殖を抑制する和紙でできた置き畳
「葉酸サプリ」で人気のブランドがお届けする妊娠中から産後をサポートする専用シリーズ
「葉酸サプリ」で人気のブランドがお届けする妊娠中から産後をサポートする専用シリーズ
床の上までお部屋まるごと暖かく。さわっても安心な遠赤外線パネルヒーター
床の上までお部屋まるごと暖かく。さわっても安心な遠赤外線パネルヒーター
乾燥する季節にすばやい加湿で快適に!赤ちゃんにも安心な 「スチームファン蒸発式加湿器」
乾燥する季節にすばやい加湿で快適に!赤ちゃんにも安心な 「スチームファン蒸発式加湿器」
家族を守る安全機能が充実したクルマなら、旅行時のドライブや年末年始の帰省も快適
家族を守る安全機能が充実したクルマなら、旅行時のドライブや年末年始の帰省も快適
形がおもしろいものを探して楽しく!「なぞり絵」で年賀状をつくってみませんか
形がおもしろいものを探して楽しく!「なぞり絵」で年賀状をつくってみませんか

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

”寝かしつけ”どうしてますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.