子どもの歯のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

舌を出しているので、何かの拍子で噛んだりしないか心配(1歳)

子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

舌を出しているので、何かの拍子で噛んだりしないか心配(1歳)

1歳になる男の子ですが癖のようにずっと舌を出しています。
歯も上下4本づつはえてきており何かの拍子で噛んだりしないか、また何かのサインなのかと気になります。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

歯が生え始める前ごろからのお口の癖というのは、歯が生えるといつの間にかなくなっている場合がほとんどです。お子さんは前歯が4本生えてきているとのことですので、歯の高さがそろうとだんだん舌を出さなくなるかもしれません。
転んだときなどに歯で舌をかむという怪我の危険性は確かに考えられます。できるだけ転ばないように、といった注意は誰でもしていらっしゃるでしょうから、しいて防御する方法はないと思われます。

この年齢のお子さんで積極的に舌を出す癖を取り除くとしたら、おしゃぶりを利用してお口を閉じて鼻で呼吸する習慣をつける方法が考えられます。ただし、次の場合には注意が必要です。

1.もともと鼻に疾患があって鼻呼吸ができず、口呼吸のために舌をいつも出した状態でいる場合は、鼻の疾患を治療することと鼻呼吸の習慣をつけるトレーニングを併行する必要があるでしょう。
鼻の疾患のあるなしは、たとえばオッパイ(哺乳瓶)を持続して吸うことができるかでわかります。もし、頻繁にオッパイから口を離すようでしたら鼻呼吸がしづらいということですので、小児科か耳鼻科を受診したほうがよいでしょう。そうでなければ鼻の疾患は心配ないと思います。

2.まれに舌の大きさや機能自体に問題がある場合があります。舌が大きすぎてお口の中に収まりらない場合、あるいは舌を動かす神経がうまく働いていない場合が考えられます。

オッパイの飲み方である程度上記の2つの可能性のあるなしは判断できますので、もし何か心配な点があるときには、かかりつけの小児科を受診されると良いと思います。

1歳すぎて歯が生えそろうまでは、食べるトレーニングの時期です。食事を噛んで飲み込むためには、お口の中やまわりの筋肉を動かす練習が必要で、やわらかい食べ物から徐々に練習することによって筋肉と神経の連携が発達してきます。
お子さんのかめる軟らかさでゆっくりと食事することで、お口や舌の筋肉を上手に動かせるようになってきますので、上記の問題がない場合はしばらく気長にお口の癖を見守ってあげてよいと思います。

医師 歯科:岡本 千春
2003年2月13日

アドバイザー紹介

岡本 千春
医師 歯科

歯科医。専門は矯正歯科。「おもしろいと思うことをする」がモットー。現在ヘルスカウンセリングを勉強中。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.