耳鼻咽喉のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

耳鼻科で蓄膿症と診断されたのですが、慢性になる恐れは?(2歳)

耳鼻咽喉 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

耳鼻科で蓄膿症と診断されたのですが、慢性になる恐れは?(2歳)

耳鼻科にて蓄膿症を診断されました。よく蓄膿症での手術の話を聞きますが、慢性になる恐れがあるのでしょうか?
「今は、抗生剤とネプライザーでの治療を」との事でしたが、ネプライザーは毎日の方が効果があるのでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

幼児の副鼻腔炎は大人の慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と違って、治りやすいと思われます。しかし、繰り返し易い事も事実です。大人の慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に移行する事は稀でしょう。

幼児の副鼻腔炎は小児副鼻腔炎といって、蓄膿症とは区別しますが、混雑した外来ではなかなか説明しにくいのではないでしょうか。幼児の副鼻腔という空洞は狭く、オトナよりは膿がたまりにくくできています。
しかし、アデノイドも同時に腫れてることが多いので、なかなか膿が鼻のなかから出て行かない。鼻に膿が溜まっているとアデノイドが腫れるからで、この悪循環に入ると治りにくいので、ソウジが必要になります。
ですから、鼻のソウジをしてネブライザーを毎日やるなら効果的でしょう。

抗生物質の投与が長くなる時は、中止して毎日ソウジとネブライザーに通わせる事はありますが、抗生物質をはじめたばかりの頃なら、(鼻をかむ事のできる子なら、)一日おきぐらいの通院がふつうではないでしょうか。
鼻のソウジを子供は嫌がりますが、放っておくと気管支炎や中耳炎を併発しやすいので、注意が必要です。

医師:中村

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママが興味のある資格・スキルは?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.