卒乳のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

哺乳瓶が精神安定剤になっているようで、なかなか卒業できない

卒乳 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

哺乳瓶が精神安定剤になっているようで、なかなか卒業できない

2歳の娘が哺乳瓶を卒業できません。歯並びや虫歯にも影響があるので止めさせたいのですが、方法はありますか?
日中は全く欲しがらないのですが、夜寝る間際と、夜中に目覚めたときに「ミルク、ミルク」と大騒ぎします。中身を麦茶や白湯にしてみたのですがダメで、50ccでもミルクを飲みたいようです。

哺乳瓶が精神安定剤になっているようなんです。ほかの事に気が行くように背中をさすったり、お人形を手渡したりするのですが、ミルクを作るまで大泣き、大暴れ。
1歳になる下の子も同じような感じで、ミルクを与えるまで泣き続けてしまいます。どうしたら卒業できるでしょうか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

私には、2ヶ月と3歳の2人の女の子がいます。2歳のお子さんの哺乳瓶をやめさせるのに苦労されているのですね。ミルクを作ってあげるまで、泣いたり暴れたり・・毎日のことで、たいへんだと思います。
2歳にもなると、まわりのこともよくわかっていて、他のものを出しても、気をそらせてみても、「今はミルクが欲しい」ということが頭から離れないんですよね。

うちは母乳だったのですが、1歳3ヶ月から保育園に預けたので、1歳1ヶ月のときに昼間の母乳をやめました。1歳1ヶ月で突然もらえなくなるのはつらかったようで、しばらくは毎日泣き叫んでいました。
泣かれると、ママとしては思わずあげたくなってしまうのですが、心を鬼にして、「もうあげられないのよ」と言って聞かせ、コップに麦茶を入れて渡していました。
子どもは環境の変化に適応するのが早いので、1週間ほどで、泣き叫ぶこともなくなりました。ひたすら麦茶を与えていたせいか、今も麦茶は大好きです。

上のお子さんは2歳になっているので、突然ミルクをもらえなくなると、納得できないかもしれません。
まずは、新しくミルク缶を買ってこないで、ミルクを作るときにはお子さんに「ミルクはあとこれだけよ。これが終わったら、ミルクはバイバイね」と、残りを見せてあげるところから始めてはいかがでしょう。
泣いたり暴れたりということはあるかもしれませんが、子どもなりに納得できる「ミルクとの別れ」をさせてあげるとよいのではないかと思います。

一度、「哺乳瓶をやめる」と決意したら、後戻りしないことです。最初はママもお子さんもつらいと思いますが、お子さんは数年後にはミルクのことなんて覚えていないと思います。
ここは、ママの「ふんばりどき」だと思って、乗り越えてください。

先輩ママ:yukarix

哺乳瓶を卒業できないとお悩みですね。虫歯や歯並びに影響があるのではとお考えになるお母さまの気持ちよくわかります。
夜寝るときと夜中に目覚めた時に欲しがるのですよね。

お聞きになったことがあると思いますが、「ライナスの毛布」と呼ばれることがあります。
それは、子どもが安心するものの総称です。たとえば寝るときに同じタオルや毛布を握らないと眠れない、なにかを吸わないと眠れないなど様々です。
子どもが安心する大事なものを無理に取り上げないでいい、という考えです。無理に取り上げようとしたり、やめさせようとしても子供は泣いたり暴れたりして抵抗するのです。

子どもから自然に離れるまで待ってあげてください。
お子様が哺乳瓶で例え50ccでも飲んで安心できるのであれば、飲ませて眠らせてあげましょう。虫歯が気になるのでしたら、ミルクの後に湯冷ましを少し口に含ませてあげたらいかがでしょう。
お子様の気持ちを受け止めて、わかってあげることから始めてみてくださいね。

幼稚園教諭:ヒロタン

アドバイザー紹介

yukarix
先輩ママ

4歳と1歳の2人の女の子のママです。両親が遠方に住んでいるワーキングマザーです。産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を持っています。2人とも母乳で育てました。保育所に預けているものの、長女のおむつはずしはずいぶん時間がかかりました。子どものこと、自分のこと、仕事のことなど、悩んでいるお母さんが少しでも心が軽くなってくれればと思っています。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

4

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お友達の家に遊びに行ってますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.