子どものすいみんのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

親の趣味(スポーツ)のために子どもの就寝時間が遅くなってしまう

すいみん 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

親の趣味(スポーツ)のために子どもの就寝時間が遅くなってしまう

子供の就寝時間について悩んでいます。生活のリズムは朝は9時頃起き、お昼寝は2時間くらいします。昼間はよく食べ、よく遊び元気です。私と主人は若い頃からスポーツをやっており、結婚、出産後も続けてきました。
しかし練習が夜8時から10時で、子供は私の母に預けてます。練習がある火、金、土曜日はどうしても就寝時間が遅くなってしまいます。色んな所で「夜8時までには寝かさないといけない」と言われます。

大会に出て上位に入れるようにと練習もがんばってるのですが、やはりそれは我慢するべきですか?スポーツをやりたい気持ちと子供の就寝時間が遅くなって心配なのととても葛藤してます。
周りの人に相談してもやはりスポーツに打ち込む気持ちはなかなか理解してもらえず「子育て中心!」と言われます。練習のない曜日は夜10時頃には寝ていますが、やはりそれも遅いですよね。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

あんよが出来るようになって行動範囲もひろがって、お子さんもきっと活発なのでしょうね。「1歳4ヶ月で10時は遅い」は確かです。周りの方に相談しても、確かに「大丈夫」とはだれも言わないでしょう。
充分ご自分でもわかっていらっしゃる。でも、そうできないから相談されたのだと思います。
スポーツという趣味だから、悩んでいられる。もし、お仕事だったらどうでしょか?悩むというよりは、できる範囲で、なるべく早く寝かせられるように工夫するしかないと思います。

一番大切なことは、「早寝、早起きは子どもの成長にいい」事を忘れないことだと思います。遅く寝ることに慣れて、それが普通になってしまうことが恐いと思います。
そして、私が一番恐れることは、ママが子どもの為に好きな事もできず、我慢してストレスをためてしまうことです。
幸いなことに、お母様がみててくださるとの事、昼間の活動で疲れて、ママの帰りを寝て待てる日もそう遠くはないかもしれませんよ。
そして、かわいい孫を預かれるお母様をうらやましく思います(私の孫は遠くに住んでいるので)。

練習のない日も10時とのこと、それもパパの帰宅時間など環境によることでしたら、無理せず、今なさっているように出来る範囲で充分だと思います。
いつでも子ども達はキラキラ輝いているママが大好きですから。

保育士:きぬよ

3人の子のママです。まわりから「子どもが小さいうちは、ママは自分のことは我慢するのが当たり前」みたいに言われますよね。
私自身はそういうものだと思って、子ども中心の生活でしたが、その結果すごくストレスがたまり、主人や子どもに当たってしまったので、我慢することが一番だとは思えません
親が手をかけられる時期は短いので、子どもを大事にするのはもちろんですが、ママの時間も何とか作ったほうがいいと思います。

お子さまはお一人ですよね。この際、生活リズムを変え、夕食、お風呂を早くして、8時に寝るパターンに持っていってはいかがでしょう。
練習のない4日間は8時に寝る習慣をつければ、練習がある日もおばあちゃんの家で寝るようになると思います。お迎えに行ったら、そうっと抱いて連れて帰ってはどうでしょうか。 早寝のためには、まずは早起きです。
前夜遅く寝たとしても、7時までに起こして、昼間も外でたくさん遊ばせ、お昼寝はなしか短めにして、5時頃から夕食・お風呂(順番は逆でもいいです)にすれば、8時に寝かせられますよ。

この生活だと夕方忙しくなるので、子どもが寝た後や早朝に洗濯・掃除・夕飯の下ごしらえなど段取りよくしないといけませんが、「これだけ頑張ったんだから」と思いっきりスポーツできると思います。
お子さまにとっても早寝早起きの習慣がつき、良いと思います。
子育て中は自分の思い通りに時間を使えませんが、それでも工夫すれば、できないことはありません。お母さまも協力してくださるようですし、育児も練習もがんばってくださいね。応援しています!

先輩ママ:みおママ

アドバイザー紹介

きぬよ
専門資格 保育士

二男二女の母、孫二人を持つ元保育士。現在は地域の児童館、保育室などで子どもたちと関わり合いながら、成長していく素晴らしさを肌で感じています。「Nobody’s Perfect」子育て講座のファシリテーターとして育児中のママたちと接し、完璧な親も子どもも存在しない、気持ちに寄り添う大切さが伝えられることを願っています。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

出前(フードデリバリー)利用してますか?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.