出産祝いのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

2人目の出産祝いに近所の方から5千円をいただいた場合のお返しは?

出産 結婚・妊娠・出産 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

2人目の出産祝いに近所の方から5千円をいただいた場合のお返しは?

二人目を出産しました。近所のおばさんから、「オムツ代に」と封筒に入ったお金(5千円)を頂きました。この場合、お返しはどのようにすれば失礼がないですか?のしつき『内祝』でお返しするべきでしょうか?お返しの品として『商品券』でも大丈夫ですか?
商品券を使った場合、半返しだと半端な金額になってしまいます。近所の人で、時々お世話になっている人なので、3千円と思っていますが、失礼にあたりませんか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

私も我が子が生まれたときには、たくさんの方にお祝いしていただき、嬉しい気持ちいっぱいでした。でも、お返しはどんなものがいいのか悩んだ記憶があります。
近所の方との付き合いによるとは思いますが、やはり「親しき仲にも礼儀あり」ということばがあるように、こちらの気持ちをきちんとお返ししておくと、後々のお付き合いにもいいのではないでしょうか。

ですから、名目については、ご近所の方が気遣って「おむつ代にでも」と言って渡したと思われますので、のしを付けても付けなくても、『内祝い』としてお返ししたらいかがでしょうか。
商品券でも構わないと思いますが、金額が多くないので、3000円くらいの品物の方が良いかと思います。私はその方の好みそうな食器類にしてお返ししました。

または、金額がカムフラ-ジュできるお米券やビ-ル券もいいですよ。相手の方への感謝の気持ちを示せば、失礼には当たらないと思います。

保育士:うーあ

私も下の子が生まれたときにご近所のおばさんたちから同じようにお金をいただいたことがあります。
(いつも上の子にお菓子をくれたりしてかわいがってもらっている人です)
その時は実親と相談して、内祝いののしをつけ、子供の名前を書きました。
(下の子の名前を覚えて欲しかったので)

商品券で3千円でもいいと思いますよ。私は、洗剤のセットの人や子供の体重分の新米とか思考をこらしてみましたが、何だっていくらだっていいと思いますよ。気持ちの問題なので。
私だったらお返しをもらえるだけでうれしいです。きっと喜んでもらえると思いますよ。

先輩ママ:翔瞬

アドバイザー紹介

翔瞬
先輩ママ

12歳と9歳の男の子がいます。息子たちにいろいろ経験させてもらってここまでやってこれました。この経験がお役にたてればうれしいです。一人で悩まずに気軽に相談してください。きっと楽になれると思いますよ。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

図書館を利用していますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.