授乳のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

短乳頭だからか上手く吸えないようで、飲ませた後には激痛が走る

母乳 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

短乳頭だからか上手く吸えないようで、飲ませた後には激痛が走る

短乳頭で、おっぱいを吸わせるときに激痛が走ります。しばらくすると収まるのですが、吸わせた後、程なくして乳頭が痛み始めます。
母乳はそこそこ出ているようで、赤ちゃん(生後3週間)は初めから上手に吸っていてくれるようなのですが、どうも上手く吸いきれていないようで、途中で疲れてしまうのか寝てしまうので、搾乳しないと飲ませられないときもあります。
この痛みは短乳頭でなくてもあるものなのでしょうか?痛みを回避する方法はあるのでしょうか。
上手におっぱいを吸ってもらうコツを教えてください!

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

私も短乳頭でした。長男の時は、出も悪く、仕事を始めたこともあり、すぐにミルクにしてしまいましたが、次男の時は、冬生まれで寒い(夜中に起きてミルクを作るのがつらいという私の勝手な理由ですが) ということもあり、なにがなんでも母乳で育てると心に決め頑張りました。

入院中は張りもしなかったし、短乳頭のせいもあり、うまく飲ませられませんでした。 それでも、次男の吸う力はとても強かったので、乳頭の先がひび割れてしまいました。搾乳して飲ませようともしましたが、搾乳すると血が混じってピンクの母乳になってしまうほどでした。母乳はもともと血液から出来ているので混じっても問題ないとは言われましたが、やはり味もよくないだろうと思ったので、私は治るまでミルクにしました。

子供が舐めても害のないクリームをつけて治し、それからまた再開しました。といっても、ほんの何日の話ですが。 一度切れて強くなったのか、それからは切れることも痛くなることもありませんでしたし、すごく短かった乳頭も引っ張ると2センチくらい伸びるようになりました。
痛いのを我慢しすぎるのもよくないと思いますが、そのうち乳頭も強くなってくるとは思いますよ。

「どうしても母乳で」という強い気持ちがあるのならばがんばってみてください。逆に「別にミルクでも」というお考えであるならば、ミルクに切り替えてもいいと思います。「母乳が一番」という考えが根強くありますが、そんなことないと思います。私が母乳にこだわったのは、完全に自分の都合でしたから(笑)

あまりに痛いようであれば、病院に行って相談するといいと思います。うまい吸わせ方もあるかもしれませんしね。とにかく、あまり無理しすぎないように、あっという間の新生児期を楽しく過ごしてくださいね。

先輩ママ:かんちゃん

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

我が家は大丈夫?防犯対策チェック!
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.