ハッピー・ノート.com

たくさんの力が身につくリトミックをおうちで経験してみよう/2018年4月

おうちでリトミックをしてみよう

新学期が始まりましたね♪

教室でもリトミッククラスは新クラスがスタートしています。

新しい事に挑戦したくなる、そんな季節ですね。

おうちでも、新しいあそびとしてリトミックをとりいれてみるのはいかがでしょうか。

リトミックの要 即時反応遊び

教室のリトミックレッスンでは、1レッスンの中で様々な事を行っていますが、毎回必ず行っているのは、即時反応という遊びです。即時反応遊びとは、音を聴いて、音が変化したらそれにすぐに反応し表現をする、という遊びです。

この即時反応遊びでは、

音をよく聴いて

の部分では、聴力・集中力を、

音が変化したらそれにすぐに反応し表現をする

の部分では、判断力・決断力・表現力を必要とします。

また、何回も続けているうちに、

そろそろ音が変化するかな?(想像力)

と、想像する力も養われます。

繰り返し続ける事で、それらの力がしっかり身に付きます。

おうちでリトミック 簡単バージョン

では、おうちでのリトミックを経験してみましょう。

 

①音楽を流せるもの(CD、スマホなど音楽が流せればなんでも構いません。)を準備します。

②音楽が流れている間は歩く、音楽がストップしたら、歩みを止める事をお子さんに伝えます。

③音楽を流します。お子さんには自由に歩いてもらいます。

④途中で音楽をストップさせます。その時、きちんと音を聴いて変化に反応できているかどうかがポイントです。難しい場合は、あれ?音はどうなった? 音が止まったよ。 など声掛けをしてあげましょう。慣れてきたら、声掛けは控え、音楽だけで反応できるようにしていきましょう。

  ⑤また音楽を流します。また歩き出します。

といった具合に音楽を流す~音楽をストップさせる を繰り返します。

おうちでリトミック 応用バージョン

おうちに音楽を奏でる為の楽器がある場合は、是非そちらを使って演奏してあげてください。歌を歌うのもいいでしょう。

その場合は、慣れてきたら音楽をストップさせる他に、音楽の速度、音の高低などの変化をいれてあげましょう。

音楽が速くなれば歩くスピードも速くなり、遅くなれば、歩くスピードも遅くなります。

音が高くなれば背伸びをして歩いたり、音が低くなればしゃがんで歩いたりしましょう。

 

音楽の速度・音の高低と体の動きを一致させることによって、身体全体で音楽を感じ取る力が付き、音楽の基礎が身に付きます。

たくさんの力が育つきっかけを作ってあげましょう

この遊びひとつをとりいれ、続けるだけでも、普段使っていなかった脳の部分が刺激され、たくさんの力が育つきっかけになる事でしょう。

是非おうちでの遊びに取り入れてみてくださいね。

Information/お知らせ

教室では、色んな題材、色んな道具を使って、飽きが来ない様に工夫をしながら即時反応遊びを毎回とりいれています。

 

https://ameblo.jp/dolce-n-dolce/

Mama's profile/プロフィール

筒井 奈津子

筒井 奈津子 ー音楽教室講師・リボンワークサロン講師ー

記事テーマ

子育てをおもいきり楽しむための+α

愛しい子どもとの時間。同じような毎日の繰り返しではもったいない!現在、音楽教室の講師として日々レッスンをしていますが、その中でもお家で簡単に真似して頂けそうな音楽遊びなどをご紹介していきたいと思います。いつもの遊びに少しプラスして、昨日とは違うお子様との時間、そして音楽のある生活を楽しんでください。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/筒井 奈津子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ