水痘(水ぼうそう) のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

水痘(水ぼうそう) はVPDです。2回のワクチン接種を

水ぼうそう 予防接種 教えて!ドクター

(2011年 夏号 掲載)

「ワクチンで防げる病気」を“VPD”(Vaccine Preventable Disease)といいます。水痘はVPD のひとつです。 「水痘・帯状疱疹ウイルス」に初めて感染すると水痘を発症します。一度水痘になると、普通は二度とかかることはありません。しかし、なおった後もウイルスはからだの中の神経節に感染し続け、免疫が低下したときや高齢になったときに帯状疱疹をひき起こします。

水痘にかかると

感染すると約2週間の潜伏期間の後で、顔、くび、からだに発疹が出始めます。手足にも広がりますが、発疹が多いのはからだや頭です。発熱を認めることもあります。赤い発疹(紅斑)、水を持った発疹(水疱)、かさぶた(痂皮)などいろいろな発疹を同じ時期に認めることと、髪の毛で覆われた皮膚にも発疹を認めることが特徴です。
発疹の数は個人差が大きく、数個から数百個に及ぶこともあります。子どものうちにかかると軽症とされていますが、脳炎、肺炎、皮膚の細菌感染症などで、入院が必要となることもあります。(全年齢では、1年間に約4000 人が入院し、約20 人が死亡していると推定されています。)1歳6ヵ月頃までに水痘にかかると、帯状疱疹を発症しやすくなります。

水痘にかかった人の気管の分泌物、水痘、帯状疱疹の水疱からウイルスが排出されます。他の人にうつす期間は発疹が出始める1~2日前から発疹がすべてかさぶたになるまでです。すべての発疹がかさぶたになるまでは学校、幼稚園はお休みです。感染力は非常に強く、家族の中では80 ~90%が感染します。

健康な小児は爪をきちんと切るなど皮膚が細菌感染をおこさないように注意すれば、約1週間で自然になおります。発疹が多い人、アトピー性皮膚炎やその他の基礎疾患のある人は早期に抗ウイルス薬をのむことで、合併症、重症化を予防することができます。

2回のワクチン接種でより確実な予防を

水痘ワクチンは日本で開発されたワクチンで、1歳以上の子どもに接種できます。副作用はほとんどありません。任意接種のため、接種率が低く、水痘患者の明らかな減少は認めていません。保育園、幼稚園などの集団生活で、水痘が流行した場合の水痘ワクチンの有効率は約70 %といわれています。

水痘ワクチンを接種した後で水痘にかかっても、多くの人は発疹は少なく、かさぶたにもならず、軽くすみます。しかし、接種して時間がたってから水痘にかかると軽症ではない場合もあります。
水痘の患者さんに接触してから72時間以内にワクチンを接種すれば、水痘の発症を予防できるか、発症しても軽症ですむ可能性があります。

外国でも日本で開発されたワクチン株が使われています。定期接種としている国の中には、より確実な免疫をつけるために麻疹風疹ワクチンなどと同じように2回の接種をおこなっている国があります。日本でも「VPD を知って子どもを守ろう。」の会の予防接種スケジュール、日本小児科学会の予防接種スケジュールはともに水痘ワクチンを2回接種することをすすめています。

米国では帯状疱疹予防のために水痘に対する免疫が低下してくる60歳以上の高齢者に、帯状疱疹ワクチン(水痘ワクチンと同じ)の接種がすすめられています。日本でも水痘に対する免疫が低下した高齢者に水痘ワクチンを接種することができます。
今までの日本の予防接種制度はVPD から子どもを守るには不十分でした。新たに作られた「VPD を知って子どもを守ろう。」の会のスケジュールや日本小児科学会のスケジュールを参考にして、積極的にワクチンを接種し、VPD から子どもを守ることが重要です。

予防接種スケジュール

大切な子どもをVPD(ワクチンで防げる病気)から守るためには、接種できる時期になったらできるだけベストのタイミングで、忘れずに予防接種を受けることが重要です。このスケジュールは「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会によるもっとも早期に免疫をつけるための提案です。お子さまの予防接種に関しては、地域ごとの接種方法やVPDの流行状況に応じて、かかりつけ医とご相談のうえスケジュールを立てましょう。

[画像の拡大]

(予防接種に関する情報は、「VPDを知って、子どもを守ろう。の会」ウェブサイトがおすすめです。URL: http://www.know-vpd.jp/

 

菅谷明則先生

すがやこどもクリニック院長。1982年慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院小児科、東京都立大塚病院小児科、東京都立清瀬小児病院循環器科などで勤務し、2005年東京都板橋区で、すがやこどもクリニック開業。小児科専門医。医学博士。

菅谷明則

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

26

5

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

水ぼうそうの関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママが興味のある資格・スキルは?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.