子どもの事故のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

守ることと経験すること

事故・ケガ 子どもの病気 教えて!ドクター

(2013年 特別編集号 掲載)

子どもの発達と事故への対応

未来を担う子どもたちには、自分で考え注意しながらチャレンジする大人に成長してほしいですね。子どもを事故から守ることはとても大切ですが、一方で危険を感じる力や危険を避けたり克服したりする力を育てることも大切です。

子どもの事故は年齢による特徴があり、幼いから危険なことも多いのですが、幼いためにかえって危険性が少ないこともあります。どの時期にどんな事故が多く、いつごろまで何に注意すればいいのか知っていると、日常生活の注意点と対応策がわかります。また、どの時期にどんな経験をさせたらいいのかわかると、落ち着いて子どもを観察できるようになります。
心身の発達段階をふまえて考えてみましょう。

01. 転倒・転ぶ

子どもは、①身長が低く、頭から倒れても落差が少ない、②足が短く、走る速度が遅い、③体重が軽いなど、転んだときの衝撃は強くありません。

1歳前後から、痛みを経験すると工夫し始めます。お座りで後ろに倒れるとき、少し頭を持ち上げ背中で受けてから頭をつくとか、つまずいた段差を乗り越えるようになります。
3歳ぐらいまでは、転んだとき手が出ず頭から突っ込むので、額や顔の擦り傷や打撲が多い時期です。衝撃は軽いので気にせず体を動かして遊ばせると、転び方がじょうずになります。膝や手をつくようになると、ケガの箇所は顔から手や膝に変わります。手をつくのは腕の骨折がおきにくい転び方です。「じょうずに転んだね」とほめてあげてください。遅くても小学校入学までにこの転び方ができていると、顔面のケガや腕の骨折、永久歯を折るなどの防止になります。

気をつけたいのは、尖った物と床面です。家具の角に注意し、鉛筆やお箸などを持ち歩かないようにしましょう。コンクリートやアスファルトは衝撃が強く、走り回るときは要注意です。公園では、ガラスやプラスチックの破片などをチェックしましょう。

02. 転落

ハイハイの時期は、座卓に乗ったり玄関を降りようとします。大人の膝より少し低い40㎝程度の段差は、子どもなりに上り方や降り方を経験して覚えます。
3~4歳ぐらいでは、ジャングルジムなど自分で登り降りする遊びもさせましょう。階段からの跳び降りをさせると、立体視や立体感覚を培い、自分の力を確認する機会になります。

高層住宅で育つと高層階からの景色を怖がらず小学生でもベランダから身を乗り出すことがあります。自分が目測できる高さから飛び降りる遊びが必要でしょう。
子ども自身が落差に気づかない場合は危険です。生後5ヵ月ごろに動くか寝返りをし始めると、ベビーベッドから落ちないよう注意が必要です。幼児が階段で高いところまで上がった場合は、遠くから呼びかけず、そっと下に回って近づきましょう。ベランダ・吹き抜けの階段・ショッピング施設など、階を超える落差でも子どもは高さに気づかず身を乗り出して危険です。勝手に行かないように注意しましょう。

03. 指をはさむ

10ヵ月ぐらいで好きな引き出し遊びやドアの開け閉めでは、たいてい指をはさみます。でも何回か痛さを経験すると、安全な位置に指を置くようになります。自分の力だけで動かす場合、強い力はかからないので大きな危険はありません。練習に適しています。
重くてきっちり締まる車や玄関のドア、ドアの丁番側、風など子ども以外の力で締まるドアなどは、危険です。手の位置に注意しましょう。

04. 水の事故

2歳以下では、顔が水につかると、そのまま溺れていきます。バケツや洗面器や子ども用プールなどに水を入れて放置しない・残し湯をしない・風呂場に勝手に入れないことなどが大事です。
子どもが大人の目前でドボンと水にはまったら、すぐに抱き上げます。子どもは、たいてい水にはまった数秒間は何もせず、抱き上げた瞬間に泣き出し、水も飲んでいません。お風呂やプール遊びでは、そばに大人が居てすぐ対応すればいいので、子どもの行動に神経を尖らせなくていいです。

05. 誤飲と窒息

2歳前ぐらいまでは何でもすぐに口に入れます。指・オモチャ・紙・本・タオル・布・机・家具など飲み込めない物や害のない物は大丈夫です。2歳半ぐらいには、この行動は減ります。
飲み込んで気管に入る可能性のあるあめ玉・豆類・ピーナッツ・その他直径3.2㎝の円筒に入るサイズの小さな物、毒になるタバコや防虫剤・ホウ酸団子・薬品類、鉛筆・お箸などのとがった物、のどに貼りつくビニールやラップやこんにゃくゼリーなどは危険です。手の届かないところに片 づけておきましょう。
3歳以上では、冷蔵庫や棚を開けて薬などを飲むことがあります。 食べ物や飲み物は必ず大人が与えるようにしましょう。

06. やけど

2歳ぐらいまでは目前にある物に何でも手を出します。タバコの火・カップ麺・ストーブ・炊飯器の蒸気・ポット・熱い食べ物・コンロのお鍋などは手が届かないようにしましょう。チャイルドシートの金具や湯たんぽなどは熱さを確認しましょう。テーブルクロスやコードを引っ張り、熱い物が落下するのも危険です。子どもの目線で点検しましょう。
3歳ぐらいになるとやけどしない程度の熱さのものを短時間触らせて「さわったらアチチ!」と教えるのも一つの方法です。

07. 交通事故

自動車のチャイルドシートはきちんと固定して使用しましょう。1歳ぐらいで嫌がる時期もありますが、頑張って座らせていると『自分の席』という認識になっていきます。
2歳ぐらいまでは、車が危ないと言っても理解できません。手をつないで歩くようにしましょう。子どもは興味のあるものしか見ないので、たとえばボールだけを追って道路に飛び出します。車の直前直後の横断も注意が必要です。小学校低学年でもまだ視野が狭く、自転車は走る場所を選んだ方が安全です。自転車やローラー系の玩具は周囲の道路事情を考えて与えましょう。

08. 機械と危険

エレベーターは、ドアに触れないよう注意し、奥か壁沿いに居ましょう。高層マンションに住む場合、理解できれば1階と住居階の数字やボタンを教えておきましょう。エスカレーターは乗り降りの時に手をつなぎ、足の位置や運びを確かめましょう。ガレージの電動シャッターはゆっくり開閉しますが、はさまれると大変な力がかかります。子どもが巻き込まれないように注意しましょう。
シュレッダー事故など職場の機械は大人が使うことが前提です。日頃子どものいない場所に子どもが入ってきたら、常に行動に注意しましょう。

09. 公園の遊具

遊具の危険には2種類あります。ブランコで例えると、支柱が壊れるなどの『危険』と、揺れを試す『冒険』です。
2歳までは、ブランコの揺れやすべり台の高さなどの危険性は予測できません。動きにくい服装やひっかかるヒモ、足に合わない靴なども危険です。『危険』は大人の責任で防止しましょう。
2~3歳ぐらいから、遊具で遊びます。ブランコでは、最初ゆれる感覚を楽しみ、だんだんこいでスピード感や高さを試す『冒険』になります。チャレンジする時、子どもは真剣で目は輝いて集中力があり、大きなケガにならないことが多いです。もしケガをしても、挑戦した勇気を認めると子どもは元気になります。失敗の理由や次の行動を考えることが成長につながります。

10. 帰省先など

小さな子どもがいないと、手の届く所に大人用のはさみや鉛筆や薬などがあったり、窓のそばやベランダに子どもがよじ登れる物があったり、お風呂の残し湯などがあります。まず点検して危険を取り除きましょう。

福井聖子先生

医学博士。日本小児科学会専門医。大阪小児科医会理事。コモンセンスペアレンティングトレーナー。3児の子育て経験から親目線での保護者への啓発や小児救急電話相談に関わる。

福井聖子

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

3

4

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

事故・ケガの関連ドクターコラム

ココもみてね!ココもみてね!

役立つ“パパ”講座
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

不要な皮脂や汚れを落として「うるおい」は残す お風呂上がりのココロと肌に差がつく洗顔シリーズ
不要な皮脂や汚れを落として「うるおい」は残す お風呂上がりのココロと肌に差がつく洗顔シリーズ
収納便利でコンパクトなパパバッグは「ちょい抱き」サポートもできる優れもの
収納便利でコンパクトなパパバッグは「ちょい抱き」サポートもできる優れもの
水のない場所でもすぐに手指のウイルス・細菌対策ができる! お出かけに必ず持っていきたい手指の消毒液
水のない場所でもすぐに手指のウイルス・細菌対策ができる! お出かけに必ず持っていきたい手指の消毒液
音声操作で家事ラクに、スマホ通知で安全確認 スマートホーム「HESTA」が暮らしをサポート
音声操作で家事ラクに、スマホ通知で安全確認 スマートホーム「HESTA」が暮らしをサポート
マザーズセレクション大賞投票
マザーズセレクション大賞投票
小児科医のママも大満足 ガス衣類乾燥機で家事が劇的にラクに
小児科医のママも大満足 ガス衣類乾燥機で家事が劇的にラクに
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
【栃木県】 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
【栃木県】 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
ピュアウォーターを主成分に添加物フリーにこだわるサロンのプロが生み出したスキンケアシリーズ
ピュアウォーターを主成分に添加物フリーにこだわるサロンのプロが生み出したスキンケアシリーズ
忙しい⼦育て中こそ、⼿紙に書いて送りたい⼤切な⼈への感謝の気持ち
忙しい⼦育て中こそ、⼿紙に書いて送りたい⼤切な⼈への感謝の気持ち
妊娠・出産の「もしも 」に備える医療保障 妊娠中も加入しやすい*CO・OP共済
妊娠・出産の「もしも 」に備える医療保障 妊娠中も加入しやすい*CO・OP共済
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
ママ・パパと企業、保育所をつなぐ子育て支援事業「子育てみらいコンシェルジュ」
ママ・パパと企業、保育所をつなぐ子育て支援事業「子育てみらいコンシェルジュ」
阿蘇のミネラル水と植物の恵みを配合 無添加処方の保湿スキンケアシリーズ
阿蘇のミネラル水と植物の恵みを配合 無添加処方の保湿スキンケアシリーズ
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ママの”お昼ごはん”どうしてる?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
リサーチ特別編
ママたちにオススメしたいマザーズセレクション大賞に向けた投票をお願いしています。コロナ禍で子育てを頑張るママ・パパを応援したい一般社団法人日本マザーズ協会「子育て応援パック」をプレゼントいたしますので、ぜひご協力ください。 投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.