耳鼻咽喉のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

匂いに敏感で、外のトイレで臭いと言って吐いてしまう(3歳7ヶ月)

耳鼻咽喉 子どもの病気 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

匂いに敏感で、外のトイレで臭いと言って吐いてしまう(3歳7ヶ月)

娘はにおいにものすごく敏感です。においがトイレに残っていると、吐きそうになりながら涙目に。外のトイレでは、クサいと言って吐いてしまいます。
また少しでもにおいのある人の横に行くと「なんかにおう!」と大きな声!そのあと、相手に失礼にならないようごまかすのが大変なんです。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

鼻腔(鼻の穴)の中には、約250平方㎜の嗅粘膜という箇所があります。ここがにおいの刺激をキャッチし、脳神経のひとつである嗅神経を通して大脳へと伝えます。
異常なまでににおいに敏感なのは嗅覚過敏といいます。原因は明らかではないのですが、一般的にヒステリー、神経衰弱、女性の妊娠や月経などの際に起こるもの。

激しいにおいを脳に伝えるときには嘔吐中枢をも刺激する場合があるため、頭痛や嘔吐を伴ったりします。
さて、嗅覚には不思議な仕組みがあります。たとえば、あるにおいが長時間漂っているとすると、嗅覚は初めその刺激に反応。しかし、しばらくすると麻痺してそのにおいを感じなくなります。これは次に訪れるにおいを嗅ぎ分ける準備が嗅覚になされるためです。

娘さんにもこの仕組みを意識的に体験させて「いやなにおいもすぐ気にならなくなるよ」と教えると騒がなくなるのでは?
それから嗅粘膜は年をとると縮小するので、小児のほうが成人よりもにおいに敏感とされています。娘さんも加齢によって過敏性は和らいでくるかも。
いずれにしろ誰かを指して「クサい」と言えば、相手にいやな思いをさせてしまうことは徐々に教えてあげてくださいね。

医師 小児科:羽根靖之

アドバイザー紹介

羽根靖之
医師 小児科

医療法人童心会理事長。医学博士、小児科専門医。順天堂大学医学部卒業。東京女子医大および三重大学医学部にて研修。国立三重病院腎臓病棟主任、県立志摩病院小児科医長等を経て、平成5年に開業。現在は分院の「志摩こどもの城クリニック」(三重県志摩市)で病児保育を、本院の「はね小児科医院」(三重県鳥羽市)では発達障害児のデイケアサービスにも取り組んでいる。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

4

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

エコな生活、してますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.