ママのカラダのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

性器にできたバルトリン腺膿瘍、手術で取らないといけないの?

体の不調 ママ・家事・家計 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

性器にできたバルトリン腺膿瘍、手術で取らないといけないの?

性器にできものを見つけたので婦人科へ行くと軟膏を塗れば治るとのこと。ところが、しばらくしてそれが大きくなったので、切開して大量の膿を出すことに。
そこで改めて「これはバルトリン腺膿瘍というもので、また大きくなるようであれば手術で取る必要がある」と説明されたのですが、手術は絶対必要ですか?

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

バルトリン腺とは膣の入り口の左右にある小さな分泌腺で、性的に興奮すると粘液を分泌して外陰部を潤します。ここにできるしこりとして、まず考えられるのはバルトリン腺膿瘍。
バルトリン腺の開口部が何らかの原因で閉じてしまい、分泌物が中にたまってしまうものです。

それからセックスや排便・排尿などによって、バルトリン腺に細菌が入り、炎症が起きて赤く腫れ痛んでくることも(自転車などに乗ってバルトリン腺のあたりが擦れたり、疲労して免疫力が落ちていたりすることも最近感染の要因に挙げられます)。さらにそれが悪化すると膿をもつバルトリン腺膿瘍となり、最大でピンポン玉大ほどに腫れ上がるのです。

場所が場所だけに受診するのがためらわれ、そうするうちに症状が進行してしまう病気です。
さて、いずれの段階でも痛みを感じたら、氷をくるんだ布などで患部を冷やすと楽になります。そして炎症だけであれば、抗生物質と消炎剤で治療を。
これが膿瘍になると、まず切開して膿を出し、しばらくして症状が落ちついたところでバルトリン腺を摘出します。

一度膿瘍まで進むと再発しやすいので根本から治すことが大切になるのです(外陰部を潤す分泌物はほかにも存在するので、摘出しても心配ありません)。
膿瘍の状態により1~3日の入院が必要になる場合もあります。

医師:松峯

アドバイザー紹介

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

防災対策してますか?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.